Return To Top
Creep
0:34 レイジ 34 フン (2004) UK / Germany 85min.
Introduction 序盤アウトライン
ロンドン。ファッション業界で働くドイツ人女性のケイトは、友人との約束をスッポかされた挙句、転寝する間に地下鉄駅に閉じ込められてしまう。さらに今度は、終電らしき電車にようやく乗り込んだ彼女の前に顔見知りのストーカー男ガイが出現、2人きりの車内で窮地を迎えたケイトだったが、突如、何者かによってガイが血祭りに挙げられる中、正体不明の影に追われるハメになったケイトは、巨大な密室と化した地下鉄駅構内を逃げ惑うのだがーー
Various Note メモ
地下鉄駅に閉じ込められた主人公女性の恐怖の一夜を描く。シナリオと演出は、短篇を経て劇場長編デビューとなる英国人のクリストファー・スミス。主人公が迎える四面楚歌の状況をスリリングなコントラストで描く序盤では好奇心もそそられるが、もどかしさと多くの謎が噴出する中盤以降はかなりヘコまされる。TVシリーズのサスペンスなどでは出色の作品も量産する英国産のホラーと云う事でかなり期待していたのだが。無機質なスコアを手掛ける「ジ・インセクツ」は、秀篇TVサスペンス「ワイヤー・イン・ザ・ブラッド」の仕事でも知られる英国のユニット。

以下、完全ネタバレ。未鑑賞の方はご留意下さい。
シナリオの骨子は、フランカ・ポテンテ演じる主人公ケイトvsスレンダーな殺人鬼クレイグの対決を描くシンプルなもの。転寝する間に駅に閉じ込められた主人公が、乗り遅れたはずの電車に乗り込む辺りまでは大掛かりなドッキリカメラのような醍醐味も味わえる。チューブの闇に潜む殺人鬼クレイグがその正体を現すまでは緊張感も充分だったが、問題は一進一退の攻防を繰り広げるその後の展開と、言葉足らずのシナリオのバックボーン。
まず最大の違和感は、殺人鬼クレイグが、何故、突如チューブに出現するようになったのかと云う事。映像で観る限り、自立した生活も不可能に思えるクレイグだが、行動を起こす以前は何処で何をやっていたのかと云う疑問が真っ先に湧き上がる。廃屋となったチューブの一角に佇む謎のオペ室などを見せられれば、あの写真に写るクレイジーな外科医?の下でダミーのような存在として育てられていたクレイグが、外科医の他界と共に世間に出没するようになったとでも推察出来るが、ただ何れにせよ、スクリプトでの注釈は欲しかった所。最低限、クレイグを育てていたと思われる外科医の遺体ぐらいは用意すべきだった。
そもそも、チューブの一角にオペ施設が残されていた辺りも釈然としない訳だが、あのヤク中ホームレスカップルのジミー(ポール・ラットレイ)とマンディ(ケリー・スコット)が、カレントで稼動する施設の一角を無断で間借り出来ていたと云う辺りもボツ。セキュリティのスタッフとは接触しない/関わらないと云う暗黙の「ルール」がある事を示唆していたジミーだが、そうそう簡単にはチューブの一角に居座る事など不可能なはず。地下の奥深い廃屋となった一角などにはメトロやNYのように沢山居るのだろうけど。
そして何よりイライラさせられたと云えば、主人公ケイトの埒の明かない行動の数々。と云うより、ポテンテの真骨頂とでも言うべきフィジカルな鬼ごっこを長引かせようとするチープなシナリオには大爆笑。ヘソで茶を沸かせたほどだった。そもそも、地下水のたまり水で出来た水槽から脱出した直後のハイヒールの反撃の場面でクレイグはアウト。2対1と云う数位にも立つ状況下、止めを刺す事など容易だったはず。その後、華麗な一本背負いを経てクレイグに馬乗りになるジョージ(ヴァス・ブラックウッド)だが、そんな絶好の機会でクレイグに止めを刺せなかった主人公の姿には絶句。その挙句に殺害されるジョージだが、ただ、そんなジョージの末路については、マンディの生死の確認を怠った因果応報とでも言うべきアイディアだったようにも思える所。何れにせよ、危機的状況を迎えるべく挿入された全ての展開で必然性が乏しすぎた。と云うより、あまりにもどかしすぎる。たとえ如何なる相手でも、殺意を持って止めを刺す事など容易ではない事も重々承知だが、だとすれば、フックが首に突き刺さったクレイグを引きずり回すクライマックスでの情け無用の主人公のポテンシャルは何だったのかと云う事。
疑問と違和感、もどかしさと無用なスプラッター描写に支配される映像は、85分と云うサイズでも冗長にも思えたほど。主人公の明らかな落ち度で周辺キャラを惨死に至らしめるような顛末は、この手の路線でもかなり珍しい。要は、「エイリアン」に登場するリプリーを例に挙げれば、ヒロインたるもの人に迷惑を掛けるような状況設定では端からダメダメだったと云う事。現実的に考えれば、ある種、リアリズムにも富んだ顛末だったと言えなくもないが、ここは飽くまでヒロインのサバイバルを描く路線の娯楽ホラーだった訳なので。記憶によれば、運転士らが殺害された後、主人公とジミーのもとに電車が迫り来る場面もあったはずだが、思えば、あのクレイグが電車を転がすってのもかなりヘン。脱走した凶悪知能犯を犯人にするようなサクッとした背景モチーフだった方が良かったのかも。
製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
脚本と監督
Written & Directed by
クリストファー・スミス
Christopher Smith
Written & Directed by
The 10000th Day (1997) (short)
The Day Grandad Went Blind (1998) (short)
Severance (2006)
製作
Produced by
ジュリー・ベインズ
Julie Baines
バタフライ・キス Butterfly Kiss
マダガスカル・スキン(未) Madagascar Skin
ブロンドと柩の謎 The Cat's Meow
MAXX!!! 鳥人死闘篇 Les fils du vent
ジェイソン・ニューマーク
Jason Newmark
ブロンドと柩の謎 The Cat's Meow
MAXX!!! 鳥人死闘篇 Les fils du vent
Severance (2006) (producer)
製作総指揮
Executive Producer
ロバート・ジョーンズ
Robert Jones
ユージュアル・サスペクツ The Usual Suspects
ヴェニスの商人 The Merchant of Venice
 The Usual Suspects
泉のセイレーン Sirens
ゴスフォード・パーク Gosford Park
ナイロビの蜂 The Constant Gardener
撮影
Cinematography by
ダニー・コーエン
Danny Cohen
Seres queridos (2004)
Dead Man's Shoes (2004)
The Last Hangman (2005)
33X Around the Sun (2005)
編集
Edited by
ケイト・エヴァンス
Kate Evans
待ち焦がれて(未) Persuasion
霊視(未) After Alice
真珠の耳飾りの少女 Girl with a Pearl Earring
美術
Production Design by
ジョン・フランキッシュ
John Frankish
ハイランダー2 甦る戦士
 Highlander II: The Quickening
サイバーネット Hackers
ジョニー・イングリッシュ Johnny English
サンダーバード Thunderbirds
衣装デザイン
Costume Design by
フィービー・デ・ゲイ
Phoebe De Gaye
マン・オブ・ノー・インポータンス(未)
 A Man of No Importance
愛しすぎて 詩人の妻 Tom & Viv
七月の宴(未) Feast of July
キリング・ミー・ソフトリー Killing Me Softly
バースデイ・ガール Birthday Girl
音楽
Music by
ジ・インセクツ
The Insects
ワイヤー・イン・ザ・ブラッド Wire in the Blood (tv)
* ワイヤー・イン・ザ・ブラッド The Mermaids Singing
* デス・ペナルティー Justice Painted Blind
* キリング・シャドー Shadow Rising
* クロス・レクイエム Right to Silence
* ウィッチ・コード The Darkness of Light
* クライング・ドール Still She Cries
* エンジェル・オブ・デス Sharp Compassion
ワイヤー・イン・ザ・ブラッド2 Wire in the Blood (tv)
* シンクロニシティ Synchronicity
* 9 P.M. Nothing But the Night
* バッド・シード Bad Seed
* Redemption (2005)
* Time to Murder and Create (2006)
挿入曲
Various Music
Madder - Groove Armada
Soundsplatt (Timo Haas Remix) - Butterich
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
フランカ・ポテンテ
Franka Potente
Kate ラン・ローラ・ラン Lola rennt
アム・アイ・ビューティフル? ¿Bin ich schön?
アナトミー Anatomie
ストーリーテリング Storytelling
ブロウ Blow
17歳 体験白書(未) Try Seventeen
ボーン・アイデンティティー The Bourne Identity
アナトミー2(未) Anatomie 2
ボーン・スプレマシー The Bourne Supremacy
素粒子 Elementarteilchen
ヴァス・ブラックウッド
Vas Blackwood
George ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
 Lock, Stock and Two Smoking Barrels
ミーン・マシーン Mean Machine
脱獄者(未) The Escapist
ONE LOVE ワン・ラブ One Love
ケン・キャンベル
Ken Campbell
Arthur テンペスト The Tempest
ブレイキング・グラス Breaking Glass
ブライド The Bride
ワンダとダイヤと優しい奴ら A Fish Called Wanda
アリス・イン・ワンダーランド 不思議の国のアリス
 Alice in Wonderland (tv)
ジェレミー・シェフィールド
Jeremy Sheffield
Guy アンナ・カレニナ Anna Karenina (1997)
ハー・オウン・ルールズ 母の祈り Her Own Rules (tv)
ポール・ラットレイ
Paul Rattray
Jimmy エニグマ Enigma
アドルフの画集 Max
ケリー・スコット
Kelly Scott
Mandy Doctors - Hear No Secrets: Part 1 (2002) (tv)
Murder City - The Critical Path (2004) (tv)
Shane (2004) (tv)
ショーン・ハリス
Sean Harris
Craig トムとトーマス(未) Tom & Thomas
24アワー・パーティ・ピープル 24 Hour Party People
ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド Brothers of the Head
キャスリン・ギルフェザー
Kathryn Gilfeather
Girl  
グラント・イブス
Grant Ibbs
Man  
ジョー・アンダーソン
Joe Anderson
Male Model 敬愛なるベートーヴェン Copying Beethoven
Becoming Jane (2007)
ショーン・デ・ヴリンド
Sean De Vrind
Friend  
イアン・ダンカン
Ian Duncan
Friend  
デボラ・ウェストン
Debora Weston
Mya ミディアン Nightbreed
KAFKA 迷宮の悪夢 Kafka
パトリオット・ゲーム Patriot Games
永遠の夢 ネス湖伝説 Loch Ness
サンダーバード Thunderbirds
チャーリーとチョコレート工場
 Charlie and the Chocolate Factory
エミリー・ギルクライスト
Emily Gilchrist
Karen マッチポイント Match Point
クレイグ・ファクレル
Craig Fackrell
Homeless Guy The Day Grandad Went Blind (1998)
エリザベス・マケクニー
Elizabeth McKechnie
Woman フィアー・ドット・コム FeardotCom
ジョナサン・テイラー
Jonathan Taylor
Dead Driver
#1
 
モーガン・ジョーンズ
Morgan Jones
Night Watchman 24HOURS 24時間(未) 24 Hours in London
プルートで朝食を Breakfast on Pluto
ダニエル・ジョセフ・スコット
Daniel Joseph Scott
Dead Driver
#2
 
スペンサー・ホーキンス
Spencer Hawken
Man on
Train Platform
ポセイドン Poseidon
ボニート・センデン
Bonito Senden
Guy
at station
 
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.