Return To Top
ロフト LOFT
Loft (2005) Japan 115min.
Introduction 序盤アウトライン
芥川賞作家の春名礼子が首都郊外の古びた洋館に転居する。奇怪な症状の体調不全に苛む礼子は、新作の執筆に没頭すべく落ち着いた環境に身を置こうとしていたのだった。そんな中、向かいに住む考古学の大学教授・吉岡が人知れず保管する千年前のミイラを預かる事になってしまった礼子だったが、やがて彼女を待ち受けていたのは、洋館に以前住んでいた若い女性の失踪事件とミイラの伝説を結ぶ必然とも思えぬ不条理な顛末だったーー
Various Note メモ
永遠の美を求めてミイラになった女の千年越しでのお騒がせホラー。とは言ってもおちゃらけた風情とは無縁のストイックな怪談。「千年後に目覚めた女ミイラが永遠の愛と云う呪いをかける」と云うコピーの内容にはファンタジーも予感させられたが、実は全くファンタスティックではないピュアなゴーストストーリー。オリジナリティにも富むポリフォニックなシナリオと演出は「CURE/キュア」「カリスマ」「降霊」の黒沢清。前作「ドッペルゲンガー」から三年の歳月を経てリリースされた一遍。

以下、完全ネタバレ。未鑑賞の方はご留意下さい。
メインキャストは、大学教授の吉岡(豊川悦司)、女流作家の礼子(中谷美紀)、出版社の木島(西島秀俊)と云うわずか3人。安達祐実さんも間違いなく重要なカードとして登場しているが、「幽霊」を演じる彼女をキャストと呼ぶにも抵抗を覚えさせられる辺りは正に演出の賜物。黒沢監督によるオリジナルのスクリプトは、千年前の女ミイラのお膳立てによる微妙にややこしい内容の物語。完成させたはずのパズルにも何かをやり残したような感覚を覚える印象。わずかなキャストの物語りながらも一筋縄では行かないドラマ。

以下は、スクリプトの内容を端的なポイントで時系列順に並べたもの。
編集者の木島が作家の卵・亜矢を殺害。
この直後の現場に足を踏み入れる吉岡だが、吉岡の前で台詞を並べる亜矢(安達祐実)と云うのもその実、自らのお膳立ての渦中で姿を現した「女ミイラ」の化身。後のスクリプトでは「自分が殺した」と語る吉岡だが、そんな心境も常人であればごもっともと云った所。この一連の真実は、中盤以降のスクリプトで明かされるものだが、実はこの直後の展開がスクリプト中では最もややこしい。
木島が亜矢の死体を埋葬。そして。。
終盤、緑沼に亜矢の死体を沈めた事を明かす吉岡だが、となれば、木島の手によって埋葬された死体は吉岡が掘り返していたと云う事。問題は次の行。雨風の夜、礼子と吉岡が当初の埋葬場所を掘り返すシーンが登場するが、掘り返した亜矢の死体を緑沼に静めた張本人たる吉岡のあの安堵の表情は何だったのかと云う事。要は、引き寄せられるかのように亜矢の殺害現場に足を踏み入れる展開や木島が埋葬した遺体を掘り返すと云った一連の行動も女ミイラのお膳立てだったもので、そんな一連の行動の記憶も吉岡は忘却させられていたと云う事だったのだろうが、この辺りは多くを語らぬスレンダーなスクリプトと垢抜けすぎた演出だけではやや分かり難い所なのかも。まぁ、クレッシェンドで真相に迫る尻上がりの展開を考慮すれば、やはり巧い演出だった訳だけど。
木島が、奇怪な体調不良に苛まれる礼子に空き家となった洋館を転居先として斡旋。
実際にお目見えする映像(スクリプト)は、この辺りが開始点。加害者たる木島が、自らが手に掛けた亜矢の免許証もそのまんま状態と云うヴィヴィッドな痕跡を残す殺害現場に礼子を転居させるとは正にアンビリーバブルな展開だが、これも女ミイラの掌で躍らされていた一連の展開だったと解釈すれば違和感はなし。
礼子と吉岡が接近する中、フリーキーな木島の本性が次第に露に。
スクリプトにすればかなり長いシークエンスになる行。序盤からそことなく偏執的な風情を漂わせる木島だが、この辺りは西島秀俊さんが好演。最近TVで見た「怪奇大作戦/セカンドファイル」での西島さんとは全く別人だったような気が。亜矢を殺害し、礼子に対する殺人未遂も引き起こす偏執的なキャラとして登場する木島だが、亜矢の事件にまで遡る経緯も女ミイラによる差し金だったとすれば(と云うか、実際にそうだったはず)、木島や亜矢と云う人物たちも、傲慢な女ミイラの駒にされる相当哀れなキャラクター。ただ、「殺人未遂の現行犯」として逮捕された木島は、吉岡が尻拭いをする形になった亜矢の殺人については立証される事もないのだろうから、やはり実質的な生贄は、千年ぶりに目を覚ました女ミイラの気まぐれな恋路の犠牲にされた亜矢だけだったのかも。
礼子の前に亜矢の幽霊が頻繁に出没する中、全ての黒幕の女ミイラが動き出す。
遠目ではややずんぐりむっくりにも見えた黒服の幽霊だが、実は安達さんだったと云うアップのショットにはホントにビックリ。ピントの影響だったのだろうか。女ミイラに対して吉岡が放つ「動けるんだったら最初からそうしろ!」と云うダイアローグにはとっさに笑ってしまったが、あのような局面に実際に遭遇でもすれば、同じような台詞を吐きたくもなる所。と云うか、生存当時の美貌のミイラに迫られるのならともかく、モノも云わぬあの風貌のミイラに迫られては愚の音も出ない所。
女ミイラを焼却、どんでん返しのクライマックスへ。
女ミイラに躍らされていた吉岡の行動が全て現実だった事を明示すると同時に迎えるクライマックス。2個設置されているウインチを目の当たりにすれば、あのクライマックスも微妙に予測可能だったりもするが、でもやはりショック度は大きい。女ミイラの描いたシナリオがあまりに傲慢だった訳なので。「その女は永遠の美を求めて沼に沈み、ミイラとなった。」「千年ののち、彼女はめざめ、そして私に呪いをかけた。」「恐るべき永遠の愛という名の呪いを。」と云う冒頭テロップの意味もここでようやく理解させられる。永遠の美を求めて自害した女が千年後に覚醒、木島と亜矢を巻き添えにした事はもとより、気まぐれな恋愛を成就すべく相手方の吉岡を死の世界に引きずり込んだばかりか、礼子を絶望の淵に立たせると云う物語だった訳だが、このエゴイズムには只々絶句。怨念や復讐などが定番となる幽霊モノにあって「エゴイズム」と云うモチーフのみで斯くも残忍で整然とした幽霊絵巻を描けるものなのかと。予期せぬ形で感服。
オーディエンスにどのような形で受け入れられた作品だったのかなど知る由もないが、古今東西さまざまなホラーを並べ立ててもかなり斬新な一遍だったと云えるはず。窓を伝う亜矢のカットや女ミイラが歩き回るカットなど、監督の意図だったとは到底思えぬ一連のヴィヴィッドな演出などもご愛嬌と云う事で。マイナスイオンに溶け込む衣装も素敵だった。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
脚本と監督
Written & Directed by
黒沢 清 白い肌に狂う牙
SCHOOL DAYS
しがらみ学園
神田川淫乱戦争
ドレミファ娘の血は騒ぐ
危ない話
スウィートホーム
もだえ苦しむ活字中毒者 地獄の味噌蔵 (tv)
よろこぴの渦巻 (tv)
地獄の警備員
893(ヤクザ)タクシー(ov)
打鐘 男たちの激情(ov)
学校の怪談 (tv)
勝手にしやがれ!! 脱出計画
勝手にしやがれ!! 強奪計画
勝手にしやがれ!! 英雄計画
勝手にしやがれ!! 成金計画
勝手にしやがれ!! 逆転計画
勝手にしやがれ!! 黄金計画
DOOR III
復讐 THE REVENGE 運命の訪問者
復讐 THE REVENGE 消えない傷痕
CURE キュア
学校の怪談f (tv)
蛇の道
蜘蛛の瞳
学校の怪談G(ov)
ニンゲン合格
大いなる幻影 Barren Illusion
カリスマ charisma
降霊 KOUREI (tv)
回路
学校の怪談 物の怪スペシャルt
愛と不思議と恐怖の物語 7人の巨匠がおくる7つのショートストーリー
ドッペルゲンガー
アカルイミライ
刑事(デカ)まつり
楳図かずお恐怖劇場 蟲たちの家
製作
Produced by
蔡煕承
ジェイソン・チェ
Jason Chae
 
高田真治 まだまだあぶない刑事
ALWAYS 三丁目の夕日
花田少年史 幽霊と秘密のトンネル
細野義朗 パッチギ!
電車男
フラガール
気賀純夫 ドラッグストア・ガール
幸福な食卓
地下鉄(メトロ)に乗って
神野 智 CURE キュア
蛇の道
蜘蛛の瞳
カリスマ
ドッペルゲンガー
黄泉がえり
石橋健司  
 
プロデューサー
Producers
佐藤 敦 家なき子
ドッペルゲンガー
天使の牙 B.T.A.
神蔵克  
 
下田淳行 復讐 THE REVENGE 運命の訪問者
復讐 THE REVENGE 消えない傷痕
CURE キュア
蛇の道
蜘蛛の瞳
降霊 KOUREI (tv)
回路
ドッペルゲンガー
どろろ
金鐘大
レオ・キム
Leo Kim
 
企画
Planned by
奥田誠治 回路
千と千尋の神隠し
天使の牙 B.T.A.
かもめ食堂
下田淳行 * プロデューサーも兼任
撮影
Cinematography by
芦澤明子 藪の中
タイム・リープ
守ってあげたい!
みすゞ
世界はときどき美しい
サンクチュアリ

歌謡曲だよ、人生は
夢十夜 海賊版
編集
Edited by
大永昌弘 チンピラ
卓球温泉
大いなる幻影 Barren Illusion
降霊 KOUREI (tv)
発狂する唇
血を吸う宇宙
ドッペルゲンガー
学校の階段
美術
Production Design by
松本知恵 大いなる幻影 Barren Illusion
どこまでもいこう
ギプス
火星のカノン
理髪店主のかなしみ
僕は妹に恋をする
親指さがし
ストロベリーショートケイクス
衣装
Costume by
塚本志穂 インストール
VFXスーパーバイザー
VFX Supervisor
浅野秀二 回路
黄泉がえり
アカルイミライ
ドラゴンヘッド
この胸いっぱいの愛を

どろろ
音楽
Music by
ゲイリー芦屋 CURE キュア
極道の墓場 フリージア
冷血の罠
呪怨
ニンゲン合格
カリスマ
降霊 KOUREI (tv)
発狂する唇
ギプス
せつなく求めて 人妻編
呪怨2
ラストシーン
血を吸う宇宙
富江re-birth
コワイ女
イメージソング
Image Song
名取香り - Stay
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
中谷美紀
春名礼子 BeRLiN
大失恋。
らせん
リング
ケイゾク (tv)
リング2
カオス
ケイゾク 映画 Beautiful Dreamer
壬生義士伝
雨鱒の川
力道山
約三十の嘘
ホテル ビーナス
疾走
電車男
あかね空
7月24日通りのクリスマス
嫌われ松子の一生
自虐の詩
豊川悦司
吉岡 誠 12人の優しい日本人
きらきらひかる
課長 島耕作
エンジェル・ダスト
居酒屋ゆうれい
Love Letter
トイレの花子さん
男たちのかいた絵
八つ墓村
新・仁義なき戦い。

さゞなみ

ハサミ男
レイクサイド マーダーケース
北の零年
大停電の夜に
フラガール
日本沈没
椿三十郎
西島秀俊
木島幸一 居酒屋ゆうれい
大失恋。
マークスの山
冷血の罠
すべては夜から生まれる
いたいふたり
Dolls ドールズ
終着駅の次の駅
雨よりせつなく
犬猫
CASSHERN
大奥
神童
怪奇大作戦 セカンドファイル (tv)
パッチギ! LOVE&PEACE
安達祐実
亜 矢 REX 恐竜物語
家なき子
ヒーローインタビュー
お墓がない!
大奥 (tv)
鈴木砂羽
野々村めぐみ 日本一短い「母」への手紙
東京日和
スペーストラベラーズ
ウォーターボーイズ
連弾
昭和歌謡大全集
力道山
サイドカーに犬
加藤晴彦
村 上 すももももも
回路

まぐろのしっぽ
アナザヘヴン
AIKI
レディ・ジョーカー
口裂け女
龍が如く 劇場版
大杉 漣
日 野 ガキ帝国
ファンシイダンス
地獄の警備員
みんな~やってるか!
マークスの山
女優霊
パラサイト・イヴ
新 居酒屋ゆうれい
DOOR III
復讐 THE REVENGE 運命の訪問者
蜘蛛の瞳
ニンゲン合格
カリスマ
降霊 KOUREI (tv)
発狂する唇
オーディション
うつつ
Dolls ドールズ
ゼブラーマン
レディ・ジョーカー
電車男
バルトの楽園
アンフェア the movie
村杉蝉之介 unidentified グループ魂のでんきまむし
溺れる魚
TRICK トリック 劇場版
江口のりこ unidentified パッチギ!
スウィングガールズ
69 sixty nine
ガンビーノ小林 unidentified ニンゲン合格
Dolls
座頭市
アル北郷 unidentified ニンゲン合格
Dolls
座頭市
石鍋多加史 unidentified SUPPINぶるうす ザ・ムービー
小西崇之 unidentified 日本の黒い夏 冤罪
チキンハート
ドッペルゲンガー
紀伊修平 unidentified ざわざわ下北沢
Dolls
アイデン&ティティ
橋本生明 unidentified ゴーグル
新妻さとこ unidentified 同じ月を見ている
ちゃんこ
田中里佳 unidentified  
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.