Return To Top
Léon
レオン (1994) France 110min. (International version: 133min.)
Introduction 序盤アウトライン
ニューヨーク。組織の目を欺く売人とその家族が連邦麻薬取締局の凶悪な汚職捜査官に惨殺される中、只一人の生存者となった12歳の少女マチルダが逃げ込んだ先は、同じアパートに住む凄腕の殺し屋レオンの部屋だった。面倒を背負い込む事に躊躇しながらもマチルダを匿ったレオンは、健気なマチルダとの共同生活にかつては味わう事もなかった充実感を抱くようになるのだがーー
Various Note メモ
凄腕の殺し屋と身寄りを失った少女の数奇な運命を劇的なタッチで綴る。脚本と演出は「グラン・ブルー」「ニキータ」のリュック・ベッソン。身長が高すぎたと云うリヴ・タイラーがキャスティングリストから外される中、若すぎると云う理由で一度は落選したナタリー・ポートマンが、周囲も黙らせる再オーディションを経て堂々の銀幕デビューを飾った作品。中近東のペンタを多用するエリック・セラのスコアはかなりの印象度。モロッコ出身のジェン・レノのイメージにもさり気なくフィット。クライマックスのロケ撮影の際、その界隈で強盗を働いていた男が、逃げ去ろうとする通りを埋め尽くしていた警官役のエキストラに投降したと云う笑える逸話も。

以下、完全ネタバレ。未鑑賞の方はご留意下さい。
公開当時、カサヴェテスの監督作品「グロリア」を真っ先に連想させられた。組織に家族を殺された少年と女殺し屋の逃避行を描く「グロリア」は、非力な2人の逃げ惑う中での緊張感とペーソスをリアルに描き出した作品だったが、一方、こちらの「レオン」は、警察組織の中枢に巣食う巨悪にも制裁が加えられると云う劇的なクライマックスも用意された大活劇ロマンス。ただ、追われる立場の2人が復讐を試みるこちらの顛末は、プロットの基本部分から違っていたようにも思えるが、その2人が迎える結末などはさて置き、相容れぬ立場の男女の絆を描く主題部分は全く同じ。テーマが似通っていた事など問題視する必要もない訳だが、どうしても鼻についてしまったと云えば、「グロリア」とは全く違うそのプロセスでの安易な描写。一気に興ざめさせられた。
端的に云えば、追う者と追われる者の緊張感を第三者の介入も許さぬ形で描き出していた「グロリア」とは違い、罪なき武装警官たちがバッタバッタと殺戮されるこちらのシナリオでは、テーマたるレオンとマチルダのロマンスにも感情移入し難かったと云う事。と云うより、あまりに安易なシナリオの展開にロマンスの余韻も水の泡と云った所だった。逃走する為に殺戮を繰り返したレオンと悪の根源たるスタンスフィールド(ゲイリー・オールドマン)を相打ちにさせるクライマックスだが、そんな劇的を装う展開なども全ての不条理を解決させるには全く不充分。と云うより、階上の部屋の前で囮にされた挙句、蜂の巣にされた武装警官の姿を思えば、あのクライマックスにもある種の傲慢さを覚えたほどだった。大勢の武装警官をいとも容易く犠牲にしてしまうシナリオだが、恋慕とペーソスを真しやかに謳い上げながらも、ここまで無責任なドラマ展開と云うのも極めて珍しい所。
スタローンの「ランボー」などでは、当のランボーをいじめ抜いていた地元の警官キャラクターが1名犠牲(しかも、ランボーが加害者ではなかった)になってしまっただけで物議を醸していたものだが、愛情や正義、人間性を貫くキャラクターを主人公に据えるシナリオではそんな物議も当たり前。自身が逃走する為に殺戮に手を染めるような主人公では、如何なる大義名分がまかり通るはずもない。と云うより、こんな話を延々述べる事すらアホらしい。
そんな決定的な違和感を覚えるクライマックスを除けば、総じて楽しい作品だったが、レオンとマチルダと云う2人のキャラ性についてはやや微妙な印象が。そんな2人の性格やスタンスについては、「もう大人よ。あとは年を取るだけ」と云うマチルダに対して「俺は逆。年だけは取ったが、これから大人に」と切り返すレオンのダイアローグでも代弁されていた通り。どちらかが無垢な側面を曝け出すキャラクターだった事で均衡が取れていた2人の関係だが、ここはストレートに逆の形でも良かったような気もする所。
少年並の精神年齢と凄腕の殺しのスキルを併せ持つギャップこそがレオンと云うキャラクターの面白味だったとも云えるが、「ニキータ」でのヴィクトールのような強面を貫くレオンが、自身と同様に孤独な少女を守り抜く中で生甲斐を見出すような凡庸とも云えるコントラストでも充分だったような気がする。と云うより、そんなドラマを予想していた為に劇場公開時には面食らったりもしたが、後年、そんなドラマ性をさらに際立たせるべく20分以上も拡張された完全版が登場する事に。二人三脚での仕事の行脚を描く一連のシーンや2人の関係の変遷を赤裸々に描く未公開映像は、肉付けするためには重要な伏線と捉える事も可能な追加シーンでのそれぞれのダイアローグを考慮すれば、テーマを強調させる意味では捨て難いようにも思えた事は事実。ただ、個人的にはレオンのキャラ色にも過大なギャップを感じていた所に追い討ちをかけられたような印象も。
完全版では、二人三脚での「仕事」に出掛けた2人が唯一反撃に遭う光景も描き出されているが、その直前の仕事の場面では、あのジャン=ユーグ・アングラードがカメオで登場(1時間21分30秒のカット)。2人のコンビ技にまんまと引っ掛かる標的の中では、さながらトリのようなキャラクターと云った所。
スティングの"Shape of My Heart"には驚かされた。と云うのも、単なるエンドロールの挿入歌と云うより、その前後のシークエンスも"Shape of My Heart"を睨むイメージのスコアで仕上げられていた為。"Shape of My Heart"と云えば、スティング+サンシャス+ミラー+カリウタと云う面子で93年初頭にリリースされた"Ten Summoner's Tale"の挿入曲だが、元々がギタリストだったエリック・セラと当時のスティング・コンボでギターを弾いていたドミニク・ミラーのイメージが個人的にはダブっていたりもした。"Bring On The Night"でソロデビューを果した85年当時以来となる大規模なツアーでもプレイされていた"Shape of My Heart"だが、まさかフランス映画のエンドロールで聴けるとは夢にも思っていなかった所。ちなみに、"Ten Summoner's Tale"の映像版はもとより、"Demolition Man"のマキシシングルにも挿入された"Shape of My Heart"は、単なる別ミキシングと云ったものではなく双方共に別ヴァージョン。本作のエンドロールで挿入されたのは、本家"Ten Summoner's Tale"に収録されていたミックス。余談だが、"Ten Summoner's Tale"に収録されていたアップテンポの循環5/4拍子の"Seven Days"は、カリウタのタイコだけでもトランス出来る最高のナンバーだった。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
脚本と監督
Written & Directed by
リュック・ベッソン
Luc Besson
最後の戦い Le dernier combat
サブウェイ Subway
グラン・ブルー Le grand bleu
ニキータ Nikita
アトランティス Atlantis
フィフス・エレメント The Fifth Element
ジャンヌ・ダルク
 The Messenger: The Story of Joan of Arc
アンジェラ Angel-A
製作
Produced by
パトリス・ルドゥー
Patrice Ledoux
カルメン Carmen
グラン・ブルー Le grand bleu
ニキータ Nikita
フィフス・エレメント The Fifth Element
ジャンヌ・ダルク
 The Messenger: The Story of Joan of Arc
メルシィ!人生 Le placard
製作総指揮
Executive Producers
クロード・ベッソン
Claude Besson
* ベッソン監督の父親
グラン・ブルー Le grand bleu
ニキータ Nikita
アトランティス Atlantis
ボクサー 最後の挑戦 Les Truffes
撮影
Cinematography by
ティエリー・アルボガスト
Thierry Arbogast
ニキータ Nikita
リディキュール Ridicule
フィフス・エレメント The Fifth Element
ジャンヌ・ダルク
 The Messenger: The Story of Joan of Arc
クリムゾン・リバー Les rivières pourpres
キス・オブ・ザ・ドラゴン Kiss of the Dragon
ファム・ファタール Femme Fatale
ボン・ヴォヤージュ Bon voyage
アンジェラ Angel-A
編集
Edited by
シルヴィー・ランドラ
Sylvie Landra
フィフス・エレメント The Fifth Element
ダンサー The Dancer
ジャンヌ・ダルク
 The Messenger: The Story of Joan of Arc
シェフと素顔と、おいしい時間 Décalage horaire
略奪者 Sueurs
サウンド・オブ・サンダー A Sound of Thunder
キャットウーマン Catwoman
美術
Production Design by
ダン・ワイル
Dan Weil
グラン・ブルー Le grand bleu
ニキータ Nikita
太陽と月に背いて Total Eclipse
フィフス・エレメント The Fifth Element
ダンサー The Dancer
ボーン・アイデンティティー The Bourne Identity
キング・アーサー King Arthur
衣装
Costume Design by
マガリ・ギダスチ
Magali Guidasci
神風 Kamikaze
グラン・ブルー Le grand bleu
アルマゲドン Armageddon
バリスティック Ballistic: Ecks vs. Sever.
エイリアン VS. プレデター AVP: Alien vs. Predator
音楽
Music by
エリック・セラ
Eric Serra
最後の戦い Le dernier combat
サブウェイ Subway
神風 Kamikaze
グラン・ブルー Le grand bleu
ニキータ Nikita
アトランティス Atlantis
007 ゴールデンアイ GoldenEye
フィフス・エレメント The Fifth Element
ジャンヌ・ダルク
 The Messenger: The Story of Joan of Arc
ローラーボール Rollerball
シェフと素顔と、おいしい時間 Décalage horaire
バレット モンク Bulletproof Monk
挿入曲
Various Music
Shape of My Heart - Sting
Venus As A Boy - Bjork
Like A Virgin - (Sung by) Natalie Portman
Happy Birthday - (Sung by) Natalie Portman
Singin' in the Rain - (Sung by) Natalie Portman
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ジャン・レノ
Jean Reno
Leon 最後の戦い Le dernier combat
サブウェイ Subway
グラン・ブルー Le grand bleu
ニキータ Nikita
グラン・マスクの男 L'Homme au masque d'or
フレンチ・キス French Kiss
ジャガー Le Jaguar
ミッション:インポッシブル Mission: Impossible
ロザンナのために Roseanna's Grave
奥サマは魔女 Un amour de sorcière
GODZILLA ゴジラ Godzilla
クリムゾン・リバー 深紅の衝撃 Les rivieres pourpres
ルビー&カンタン Tais-toi!
コルシカン・ファイル L'enquête Corse
ホテル・ルワンダ Hotel Rwanda
人生は、奇跡の詩 La Tigre e la neve
エンパイア・オブ・ザ・ウルフ L'empire des loups
ピンクパンサー The Pink Panther
ダ・ヴィンチ・コード The Da Vinci Code
ゲイリー・オールドマン
Gary Oldman
Stansfield シド・アンド・ナンシー Sid and Nancy
クリミナル・ロウ Criminal Law
ステート・オブ・グレース State of Grace
JFK JFK
ドラキュラ Dracula
トゥルー・ロマンス True Romance
蜘蛛女 Romeo Is Bleeding
不滅の恋 ベートーヴェン Immortal Beloved
スカーレット・レター The Scarlet Letter
告発 Murder in the First
バスキア Basquiat
ニル・バイ・マウス Nil by Mouth (製作/脚本/監督)
エアフォース・ワン Air Force One
フィフス・エレメント The Fifth Element
ハンニバル Hannibal
バットマン ビギンズ Batman Begins
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
 Harry Potter and the Order of the Phoenix
ナタリー・ポートマン
Natalie Portman
Mathilda ビューティフル・ガールズ Beautiful Girls
ヒート Heat
世界中がアイ・ラヴ・ユー Everyone Says I Love You
マーズ・アタック! Mars Attacks!
地上より何処かで Anywhere But Here
スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス
 Star Wars: Episode I - The Phantom Menace
あなたのために Where the Heart Is
ズーランダー Zoolander
スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃
 Star Wars: Episode II - Attack of the Clones
コールド マウンテン Cold Mountain
クローサー Closer
スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐
 Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith
Vフォー・ヴェンデッタ V for Vendetta
パリ、ジュテーム Paris, je t'aime
ダニー・アイエロ
Danny Aiello
Tony ゴッドファーザーPART II The Godfather: Part II
マッド・フィンガーズ Fingers
摩天楼ブルース Defiance
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
 Once Upon a Time in America
月の輝く夜に Moonstruck
乙女座殺人事件 January Man
ジェイコブス・ラダー Jacob's Ladder
ジャック・ルビー Ruby
あなたに逢いたくて Two Much
2 days トゥー・デイズ 2 Days in the Valley
訣別の街 City Hall
ディナーラッシュ Dinner Rush
ラッキーナンバー7 Lucky Number Slevin
ピーター・アペル
Peter Appel
Malky デイズ・オブ・サンダー Days of Thunder
推定無罪 Presumed Innocent
心の旅 Regarding Henry
氷の微笑 Basic Instinct
最高の恋人 Mr. Wonderful
スリーパーズ Sleepers
コヨーテ・アグリー Coyote Ugly
スパイダーマン Spider-Man
ウィリィ・ワン・ブラッド
Willi One Blood
1st
Stansfield man
ジョーズ・アパートメント  Joe's Apartment
ドン・クリーチ
Don Creech
2nd
Stansfield man
アメリカの災難 Flirting with Disaster
ヘンリー・フール Henry Fool
8mm 8MM
アイランド The Island
キース・A.グラスコウ
Keith A. Glascoe
3rd
Stansfield man
シャドー・ウォリアーズ 地獄の要塞
 Assault on Devil's Island (tv)
ランドルフ・スコット
Randolph Scott
4th
Stansfield man
雪男と少年(未) The Capture of Bigfoot
星の王子ニューヨークへ行く Coming to America
青春のサボイ・ボール Stompin' at the Savoy (tv)
マイケル・バダルコ
Michael Badalucco
Mathilda's
Father
レイジング・ブル Raging Bull
ブロードウェイのダニー・ローズ Broadway Danny Rose
マドンナのスーザンを探して Desperately Seeking Susan
ミラーズ・クロッシング Miller's Crossing
ハード・ウェイ The Hard Way
ジャングル・フィーバー Jungle Fever
ジュース Juice
ナイト・アンド・ザ・シティ Night and the City
ブルー・イン・ザ・フェイス Blue in the Face
バスキア Basquiat
ユー・ガット・メール You've Got Mail
サマー・オブ・サム Summer of Sam
バーバー The Man Who Wasn't There
エレン・グリーン
Ellen Greene
Mathilda's
Mother
グリニッチ・ビレッジの青春 Next Stop, Greenwich Village
リトルショップ・オブ・ホラーズ Little Shop of Horrors
トーク・レディオ Talk Radio
ステッピング・アウト Stepping Out
素晴らしき日 One Fine Day
エリザベス・リーガン
Elizabeth Regen
Mathilda's
Sister
ラブ・ザ・ハード・ウェイ 疑惑の男 Love the Hard Way
カール・J.マトゥソヴィッチ
Carl J. Matusovich
Mathilda's
Brother
ノーバディーズ・フール Nobody's Fool
アット・ファースト・サイト あなたが見えなくても(未)
 At First Sight
フランク・センガー
Frank Senger
Fatman マキシマム・リスク Maximum Risk
フィフス・エレメント The Fifth Element
恋するための3つのルール Mickey Blue Eyes
サミー・ナセリ
Samy Naceri
Swat 1 TAXi Taxi
TAXi 2 Taxi 2
リトル・トム Le petit poucet
スズメバチ Nid de guêpes
TAXi 3 Taxi 3
ジャン=ユーグ・アングラード
Jean-Hugues Anglade
(uncredited)
One of a Target * カメオ出演
サブウェイ Subway
ベティ・ブルー 愛と激情の日々 37°2 le matin
ニキータ Nikita
キリング・ゾーイ Killing Zoe
王妃マルゴ La Reine Margot
君が、嘘をついた。 Les Menteurs
世界で一番好きな人 Dis-moi oui...
青い夢の女 Mortel transfert
略奪者 Sueurs
ラクダと針の穴 Il est plus facile pour un chameau...
テイキング・ライブス Taking Lives
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.