Return To Top
麻雀放浪記
Mahjan Hourouki (1984) Japan 110min.
Introduction 序盤アウトライン
大戦終結直後の東京。プロの賭博師ドサ健と出合った18歳の哲は、進駐軍クラブの麻雀試合でドサ健の裏切りによって散々な目に遭わされるが、やがて、クラブのママとのスキンシップを契機に麻雀の世界にのめり込むようになった哲は、筋金入りのプロの雀士・出目徳とコンビを組んでのイカサマ麻雀で荒稼ぎするようになっていた。そんな中、出目徳が次なる標的に選んだ人物は、あの因縁の相手ドサ健だったーー
Various Note メモ
戦後の東京を舞台に賭博に魅入られた男たちの壮絶な生き様を描く。阿佐田哲也の同名ベストセラー小説を基に監督の和田誠と「ごろつき無宿」の澤井信一郎が共同脚色。役満が次々に飛び出す勝負のシーンも面白いが、合間合間に交わされるダイアローグが何より絶品。中でも出目徳(高品格)とドサ健(鹿賀丈史)が火花を散らすシーンは出色。それぞれ個性的なキャラクターにもかなり魅せられた。ドサ健とまゆみ(大竹しのぶ)のモチーフに至れば、引き合いに出せるような作品なども思い浮かばない。麻雀の好き嫌いなど基本的には関係なし。個人的には超弩級の傑作と認識する一遍。

以下、完全ネタバレ。未鑑賞の方はご留意下さい。
麻雀シークエンスの監修には、日本プロ麻雀連盟役員の荒正義さんや、代打ち(組織抗争に終止符を打つ麻雀勝負の矢面に立つ雀士)20年間無敗と云う恐るべき記録を持つ雀鬼・桜井章一さんも関与。現役引退後、90年前後から「雀鬼流」を主宰する桜井さんだが、その理想と掲げるセオリーは、ツモと手を伸ばす事を基本に、第一打では字牌を切らず、ドラも聴牌するまで切らないと云う正に凡人のセオリーではあり得ないもの。一般大衆にも向けられたこの作品ではそんなコンセプトを露にする場面は一切登場しないが、積み込みを基本にイカサマ役満(天和。しかも二局連続)を仕掛ける描写など、正にその内容は修羅場経験者ならではの説得力にも満ちたもの。
出目徳が哲の大四喜&字一色を阻むタンヤオ一役を除けば大味な役ばかりを描く序盤だが、ドサ健を裸にする中盤の勝負は傑作。イカサマの本番で文句を云わせ難くする為に牌山を前後逆に積み上げる出目徳だが、こんな駆け引きはイカサマなどとも無縁のアマの勝負ではお目にかかれない光景。上下Wのゾロ目でイカサマ天和を仕掛ける局面に至っては、正に100%の興奮度。続けざまでのイカサマ天和に怒髪天を突くドサ健だが、その直後、出目徳の挑発に乗せられてドサ健が開き直るシーンではアドレナリンも全開に。その興奮度はアクション映画も一蹴と云った所。ドサ健が電球に頭をぶつけるのも演技だったはずだが、何れにせよ、この一連のシーンだけは20年以上が経過しても忘れる事が出来ずにいる。

以下は、大技も交錯する劇中での麻雀勝負ノート。
ロケーション/面子
和了者/和了の役/和了の形
* メモ

進駐軍のクラブ(2卓)/哲(真田広之)+米国人3名、ドサ健(鹿賀丈史)+米国人3名
哲/平和/下家からの栄和
ドサ健の下家/不明/対面からのロン和

* 別卓のドサ健に対して「リーチって何?」と訊ねる哲だが、そのドサ健の返事も含めたここでのダイアローグは何気に意味深。その直後、持ち金が底を付いた哲にイライラさせられる下家の米国人は可哀相。下家の仲間やママからも叱責されてたし。直後の怒りの鉄拳にも肯ける。勝負が終わってママの家に向う哲だが、その翌朝、ママが披露する「ゲンロク積み」と云う積み込みのテクニックは初耳だった。

横浜/ママ(加賀まりこ)+テディ(鹿内孝)+米国人2名
ママ/不明(点数は満貫)/上家からのロン和
ママ/三暗刻+清一色/下家からの門前ロン和
ママ/不明/対面からのロン和

* 4千ドルの一人勝ちとなるママだが、昭和24年当時のドル=360円で換算すれば144万円。当時の円の価値を考慮すれば物凄い金額。堅気の世界では正に法外なレートだったと云う事か。

麻雀倶楽部「龍」/出目徳(高品格)+フレキシブルに参加する哲+雀荘の客2~3名
出目徳/喰いタン/哲からのロン和
出目徳/大四喜和+字一色/対面からのロン和(中単騎待ち)

* 振り込んだら抜け。一局毎の精算。出目徳との出会い。出目徳の喰いタンに粉砕される哲(緑発単騎待ちで大四喜和+字一色狙いだった)だが、牌を流されてる事が分かっていたのなら、出目徳のレクチャーはごもっとも。でも、W役満を諦めろってのもかなり酷(笑)

麻雀倶楽部「龍」/出目徳+哲+雀荘の2名
哲/天和/ツモ。天和だし(笑)
* ゾロ目でのイカサマ天和の初お披露目。

上野・気樂荘/ドサ健+出目徳+哲+ゼゲンの達(加藤健一)or ドサ健の子分
哲/不明/ドサ健からのロン和
ドサ健/東+中+発+ホンイツ+トイトイ+混老頭/ツモ

出目徳/天和#1/ツモ
出目徳/天和#2/ツモ

* 満貫を満貫で打ち切らず役を全てカウントする「青天井ルール」の勝負でゼゲンの達がOUT。ドサ健の子分がIN。「青天井ルール」では、役満は10万点、天和と九蓮宝燈は20万点、W役満も20万点。ハッキリとは見えない最初の哲のロン和は、間八筒待ちでの一通になってたかも。出目徳が牌山を前後逆に積み上げる序盤から緊張感が充満。怒髪天を突くドサ健を挑発する出目徳だが、このやり取りを描くシーンは劇中でも一番のインパクト。

上野・気樂荘/ドサ健+出目徳+哲+ゼゲンの達
ゼゲンの達/大四喜/哲からのロン和(二索単騎待ち)
ドサ健/不明/達からのロン和
哲/不明/ロン和。相手は不明。
哲/不明/達からのロン和
出目徳/四暗刻/達からのロン和(北単騎)
出目徳/国士無双/達からのロン和
ドサ健/不明/達からのロン和。まゆみの権利を奪還。
哲/人和/出目徳からのロン和(西と一索のシャボ。アタリは西)
哲/不明/達からのロン和
ドサ健/不明/達からのロン和。達が家屋の権利書を手放す。
出目徳/九蓮宝燈/ツモ(間三筒待ち)

* 公開当時、実は筒子の九蓮宝燈には驚いた。萬子オンリーの役満だと思ってたので。出目徳の身ぐるみをはがすドサ健のパフォーマンスにも絶句させられたが、やはりここら辺りがテーマを露にしていた所。文明人とは一線を画した白か黒かのルールに生きる賭博アニマルの生き様が如実なものに。
青二才の哲と海千山千のママ、賭博アニマルのドサ健と一途なまゆみのロマンスもパラレルに描かれるシナリオだが、明らかに主題的なコントラストで描かれていたドサ健とまゆみのロマンスは最高だった。摩訶不思議なコントラストで描かれるドサ健とまゆみの関係だが、これぞ正しく男女関係の真実を露にもする一つの回答。パルプ素材のようなものなんでしょう。元は他人の男女が織り成す関係とは。そんなテーマの描写は、10年ご無沙汰の女房と出目徳の関係を描いていた辺りでも顕著。スクリーンショットや模型のショットも懐かしいモノクロの映像だが、白か黒かのメンタリティをヴィヴィッドに描くこのシナリオでは、やはりカラーはあり得なかった。個人的には毎日観ても飽きない一遍。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
和田 誠 殺人 MURDER
怪盗ジゴマ 音楽篇
快盗ルビイ
怖がる人々
しずかなあやしい午後に ガクの絵本
真夜中まで
照明熊谷学校
製作
Produced by
角川春樹 犬神家の一族
人間の証明
復活の日
蒲田行進曲
幻魔大戦
湯殿山麓呪い村
プロデューサー
Producer
三堀 篤 太陽のきずあと
ひとひらの雪
化身
別れぬ理由
原作
Based on the novel by
阿佐田哲也 新・麻雀放浪記(ov)
ドサ健 麻雀地獄(ov)
外伝 麻雀放浪記(ov)
雀鬼くずれ(ov)
脚色
Screenplay by
和田 誠 * 監督も兼任
澤井信一郎 ごろつき無宿
トラック野郎 御意見無用
Wの悲劇
わが愛の譜 滝廉太郎物語
日本一短い「母」への手紙
時雨の記
麻雀指導 桑原靖太  
桜井章一 * 伝説の雀士
荒 正義 * 06年現在、日本プロ麻雀連盟副会長
撮影
Cinematography by
安藤庄平 花と蛇
スローなブギにしてくれ
遠雷
コールガール
ダブルベッド
帝都大戦
死の棘
編集
Edited by
西東清明 二百三高地
大日本帝国
白蛇抄
唐獅子株式会社
ひとひらの雪
めぞん一刻
美術
Production Design by
中村州志 白昼の死角
化石の荒野
マルサの女
マルサの女2
スウィートホーム
あげまん
ミンボーの女
音楽プロデューサー
Music Producer
高桑忠男 時をかける少女
里見八犬伝
メイン・テーマ
愛情物語
Wの悲劇
天国にいちばん近い島
カムイの剣
石川 光
挿入曲
Various Music
「東京の花売り娘」
詩:佐々詩生/曲:上原げんと/唄:岡 晴夫
「センチメンタル・ジャーニー」
出演
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
真田広之
哲 a.k.a. 坊や 柳生一族の陰謀
真田幸村の謀略
忍者武芸帖 百地三太夫
魔界転生
吼えろ鉄拳
冒険者カミカゼ
燃える勇者
道頓堀川
伊賀忍法帖
里見八犬伝
カムイの剣
犬死にせしもの
快盗ルビイ
病院へ行こう
怖がる人々
リング
たそがれ清兵衛
ラスト サムライ THE LAST SAMURAI
大竹しのぶ
まゆみ 青春の門
続人間革命
青春の門 自立篇
聖職の碑
鬼畜
衝動殺人 息子よ
夜逃げ屋本舗
死んでもいい
鉄道員
黒い家
阿修羅のごとく
ふくろう
加賀まりこ
マ マ 八甲田山
泥の河
ラブレター
陽炎座
ダイアモンドは傷つかない
道頓堀川
愛情物語
時代屋の女房2
きらきらひかる
内藤 陳
おりん 下落合焼鳥ムービー
じゆうを我等に
さらば愛しき人よ
月はどっちに出ている
天本英世
鉢 巻 用心棒
妖星ゴラス
マタンゴ
三大怪獣 地球最大の決戦
宇宙大怪獣ドゴラ
キングコングの逆襲
マイティジャック (tv)
仮面ライダー (tv)
変身忍者 嵐 (tv)
ルパン三世 念力珍作戦
快盗ルビイ
水の中の八月
篠原勝之
禿 げ 爆裂都市 BURST CITY
ヘリウッド
コミック雑誌なんかいらない!
キスより簡単
Love Letter
城 春樹
角 刈 仁義の墓場
新幹線大爆破
ウルフガイ 燃えろ狼男
月はどっちに出ている
ソナチネ
佐川二郎
モンペの老人 網走番外地 荒野の対決
キャプテンウルトラ (tv)
新幹線大爆破
野菊の墓
白蛇抄
笹野高史
鈴 木 キネマの天地
釣りバカ日誌
ラストシーン
アカルイミライ
木村 修
設計士 色情トルコ日記
新幹線大爆破
こちら葛飾区亀有公園前派出所
仮面ライダーBLACK
村添豊徳
宣伝社の男 野性の証明
野菊の墓
駅 STATION
ミンボーの女
鹿内 孝
テディ
探偵物語
極道の妻たち
修羅の伝説
山田光一
「龍」の主人 悪魔の手毬唄 (1961)
色情トルコ日記
実録三億円事件 時効成立
新幹線大爆破
二百三高地
逗子とんぼ
荘 家 地獄の蟲
ソナチネ
怖がる人々
復讐 THE REVENGE 消えない傷痕
宮城健太郎
北 家 日本の首領 野望篇
多羅尾伴内
太陽を盗んだ男
名古屋 章
上州虎 空飛ぶゆうれい船
人間革命
日本沈没
続人間革命
駅 STATION
この子の七つのお祝に
いとしのエリー
快盗ルビイ
怖がる人々
もののけ姫
マルタイの女
極道の妻たち
加藤健一
ゼゲンの達 砂の器
八甲田山
八つ墓村
蘇える金狼
時代屋の女房2
高品 格
出目 徳 嵐を呼ぶ男
銀座の恋の物語
幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形
呪いの舘 血を吸う眼
ロボット刑事
さらば愛しき人よ
怖がる人々
鹿賀丈史
ドサ健 野獣死すべし
悪霊島
疑惑
キャバレー
木村家の人々
卒業旅行 ニホンから来ました
さすらいのトラブルマスター
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.