Return To Top
Fright Night
フライトナイト (1985) USA 107min.
Introduction 序盤アウトライン
母子家庭に暮らす高校生のチャーリーは、町を席捲する連続殺人事件の犯人が新たに越して来た隣人のダンドリッジである事を知ってしまう。やがて、刑事と共にダンドリッジの家に踏み込んだチャーリーだったが、ガセネタ扱いされて退却を予後なくされたその日の夜、失意の彼を待ち受けていたのは、正体を知られた事に激怒するダンドリッジの逆襲だった。九死に一生を得る形でその場を凌いだチャーリーは、「ヴァンパイア・キラー」としてテレビのホラー番組に出演するヴィンセントに助けを求めるのだがーー
Various Note メモ
主人公の高校生チャーリー(ウィリアム・ラグズデール)とレギュラー番組を降板したばかりの元銀幕俳優ヴィンセント(ロディ・マクドウォール)が、市民を装う冷酷無比な吸血鬼(クリス・サランドン)の正体に気付いてしまった事から孤立無援の闘いを強いられると云う物語。コミカルなテイストを盛り込んだ80年代の傑作ホラーとしても知られる作品だが、笑いを誘う演出なども珈琲豆の味を引き出すスプーン一杯のグラニュー糖のようなもので、その基本路線は飽くまでシリアスな吸血鬼ホラー。古典ホラーの代名詞とも云える「吸血鬼」のモチーフを忠実に踏襲しながらも、その舞台を現代の田舎町に移してのモダンホラーとして甦らせた脚本/監督のトム・ホランドだが、70年代中番以降、メジャーヒットとは疎遠だった吸血鬼作品を後々のネオ吸血鬼ムーヴメントに結びつけたその功績は何気に大きい。
「ゴーストバスターズ」(本作と同じコロンビア配給)で払い下げとなったゴーストの操り人形とリチャード・エドランドの監修によるヴィジュアル効果を駆使する骨格だけとなったダンドリッジが断末魔を上げるシーン、12時間を要したと云う狼人間と化したエド(主人公の友人)が人間に帰る過程でのメイク、8時間を要したと云うクリス・サランドンの特殊メイクなど、当代最先端の目を見張る視覚効果も満載の作品だが、作品の最大の長所と云えば、主要キャラクターを演じるそれぞれのキャストのポテンシャルの高さ。見せる事を基本にするシンプルなシナリオも、キャストの好演によって豊かなコントラストにも成り得ると云う事をまざまざと証明。
主人公チャーリーと恋人のエイミー(アマンダ・ビアース)、ビリーの友人エド(スティーブン・ジェフリーズ)、元銀幕俳優ヴィンセント、吸血鬼ダンドリッジと従者ビリー(ジョナサン・スターク)と云う主要キャラクターも極めて少ないシナリオだが、それぞれに個性溢れるパフォーマンスは正に格別なもの。取り分け素晴らしかったと云えば、持ち前のダンディズムを惜しみなく披露するクリス・サランドンと多様な葛藤を体当たりで表現するロディ・マクドウォール。赤線ギリギリでのエロティシズムがアピールされる中、エイミーを毒牙に掛ける直前で見せるサランドンの表情などは正に絶品だったが、素朴な高校生の表情から大人の色香までを振りまくアマンダ・ビアース(撮影当時は27歳だった)や怪気炎上げるスティーブン・ジェフリーズも極めて印象的なパフォーマンスを披露。余談を一つ。ダンドリッジに追われるチャーリーとエイミーがディスコに逃げ込む際、窓から侵入する2人を注意する厨房のシェフを演じるスチュワート・スターンは、あの「理由なき反抗」や71年の「ラストムービー」の脚本を書き下ろした人物。
ロディ・マクドウォール演じるピーター・ヴィンセントだが、そのキャラクター名も、ハマー作品でも御馴染みのピーター・カッシングと稀代の恐怖映画俳優として知られるヴィンセント・プライスから引用されたもの。十字架や聖水、木の杭や紫外線と云ったウィークポイントや「鏡に映らない」「招待されなければ敷居を跨ぐ事が出来ない」と云った古典吸血鬼のさまざまな特徴を網羅(実は多種多様なのだが)するシナリオは、レンフィールド(ストーカー原作に登場するキャラクター)に匹敵する従者を現代風のコントラストで挿入しながらも、その正体を吸血鬼や人間とは一線を画した存在として描くなど温故知新の姿勢も伺える。ヴィンセントの部屋を飾るさまざまな古典作品のアイテムやチャーリーの部屋に飾られた古典ホラーの宣材ポスター、劇中のテレビで流される「姦婦の生き埋葬」「ドラキュラとせむし女」「フランケンシュタイン」「フランケンシュタインと狼男」「血のエクソシズム/ドラキュラの復活」なども拘りの演出に他ならないものだった。
虎の子のレギュラー番組を降板させられ途方に暮れていたヴィンセントが「マスクをかぶった連続殺人鬼」を揶揄するスクリプトも登場しているが、現実に「ホラー=シリアル・キラー」と云う等式も確立していた80年代と云えば、人間の容姿をした吸血鬼が喉笛に咬み付く作品など考えられなかった時代。劇場公開作品としてヒットを記録した87年の「ロストボーイ」やメディアのみでのリリースながら静かな人気を博していた「ヴァンプ」、本作の続編「フライトナイト2」と云った作品なども本作以降に登場しているが、その先駆けとなった本作がそれなりのヒットを記録したと云う現象は、「吸血鬼」と云う廃れたネタには見向きもしなかったスタジオ関係者には正に衝撃だったはず。テレビに移行して以来、廃れたと思われていた宇宙モノには見向きもしなかったスタジオ関係者たちが、ルーカスが進退を賭けて送り出した「スターウォーズ」の大ヒットに打ちのめされたと云う逸話なども思い出される。
80年代と云う時代に吸血鬼と云う異色のプロットを扱いながらも、オムニバスのポップソングを全面的にフィーチャした80年代のスタイルも踏襲していたこの作品は、J.ガイルズ・バンドによるテーマ曲「フライトナイト」も全米で大ヒットを記録するなど映像以外のマーケティングでも成功を収めているが、あのコーラスパート中心のヴォーカルラインには誰もが面食らったはず。ピーター・ウルフが歌うような曲ではなかったからである。それはさて置き、劇中の重要シークエンスではブラッド・フィーデルのスコアが大活躍、"Come To Me"と云うタイトルでサントラにも収録されたフィーデルのタイトルは、エロスとホラーを融合する作品の方向性を絶妙にアピールしていた。「ターミネーター」でブレークしていたフィーデルだが、個人的にはこちらでの仕事の方が遥かに印象深い。
アカデミーなどの映画賞とは無縁にも思える作品だが、ホラーやSFの分野ではアカデミーをも凌駕する86年度の「サターン・アワード "Saturn Award"」では、「最優秀ホラー作品」「最優秀脚本(統一ジャンル)」「最優秀助演男優(ロディ・マクドウォール)」と云う主要3部門で栄冠に輝いている。ちなみに同年度サターンの「最優秀SF作品」を制覇したのは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」、「最優秀監督賞」は「コクーン」のロン・ハワードだった。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
脚本と監督
Written & Directed by
トム・ホランド
Tom Holland
処刑教室 Class of 1984 (脚本のみ)
サイコ2 Psycho II (脚本兼任)
危険な天使 Fatal Beauty
チャイルド・プレイ Child's Play (脚本兼任)
ハリウッド・アドベンチャー 3つの扉
 Two-Fisted Tales (segment "King of the Road")
スティーヴン・キング 痩せゆく男 Thinner (脚本兼任)
製作
Produced by
ハーブ・ジャッフェ
Herb Jaffe
風とライオン The Wind and the Lion
デモン・シード Demon Seed
タイム・アフター・タイム Time After Time
地獄のモーテル Motel Hell
撮影
Cinematography by
ジャン・キーサー
Jan Kiesser
チューズ・ミー Choose Me
恋しくて Some Kind of Wonderful
メイド・イン・ヘブン Made in Heaven
私がウォシャウスキー V.I. Warshawski
編集
Edited by
ケント・ベイダ
Kent Beyda
スパイナル・タップ This Is Spinal Tap
アンハード・ミュージック X: The Unheard Music
ランナウェイ 18才の標的 Out of Bounds
インナースペース Innerspace
美術
Production Design by
ジョン・デクア・Jr.
John DeCuir Jr.
バチカンの嵐 Monsignor
トップガン Top Gun
夜霧のマンハッタン Legal Eagles
ターナー&フーチ すてきな相棒 Turner & Hooch
視覚効果制作
Visual effects
producer
リチャード・エドランド
Richard Edlund
スター・ウォーズ Star Wars
マニトウ The Manitou
レイダース 失われたアーク《聖櫃》
 Raiders of the Lost Ark
ポルターガイスト Poltergeist
ゴーストバスターズ Ghost Busters
衣装デザイン
Costume Design by
ロバート・フレッチャー
Robert Fletcher
スター・トレック Star Trek: The Motion Picture
おかしなおかしな石器人 Caveman
スター・トレック2 カーンの逆襲
 Star Trek: The Wrath of Khan
音楽
Music by
ブラッド・フィーデル
Brad Fiedel
ターミネーター The Terminator
怒りの裁き Nowhere to Hide
フライトナイト2 バンパイヤの逆襲 Fright Night Part 2
ターミネーター2 Terminator 2: Judgment Day
トゥルーライズ True Lies
挿入曲
Various Music
Fright Night - J. Geils Band
Save Me Tonight - White Sister
Rock Myself To Sleep - April Wine
Let's Talk - Devo
Armies of The Night - Sparks
Good Man in a Bad Time - Ian Hunter
Give It Up - Evelyn "Champagne" King
You Can't Hide From The Beast Inside - Autograph
Boppin' Tonight - Fabulous Fontaines
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
クリス・サランドン
Chris Sarandon
Vampire
Jerry Dandrige
狼たちの午後 Dog Day Afternoon
リップスティック Lipstick
センチネル The Sentinel
さらばキューバ Cuba
バイオレント・サタデー The Osterman Weekend
アメリカ万才 Protocol
プリンセス・ブライド・ストーリー The Princess Bride
チャイルド・プレイ Child's Play
ウィリアム・ラグズデール
William Ragsdale
Charley Brewster スムース・トーク(未) Smooth Talk
フライトナイト2 バンパイヤの逆襲 Fright Night Part 2
マネキン2 Mannequin: On the Move
アマンダ・ビアース
Amanda Bearse
Amy Peterson アメリカ万才 Protocol
バージン・バケーション(未) Fraternity Vacation
ドゥーム・ジェネレーション The Doom Generation
ロディ・マクドウォール
Roddy McDowall
Peter Vincent マクベス Macbeth
史上最大の作戦 The Longest Day
クレオパトラ Cleopatra
猿の惑星 Planet of the Apes
ポセイドン・アドベンチャー The Poseidon Adventure
ヘルハウス The Legend of Hell House
バグダッドの盗賊 The Thief of Baghdad (tv)
地中海殺人事件 Evil Under the Sun
フライトナイト2 バンパイヤの逆襲 Fright Night Part 2
スティーブン・ジェフリーズ
Stephen Geoffreys
'Evil'
Ed Thompson
パニック・スクール 冒涜少年団(未) Heaven Help Us
バージン・バケーション(未) Fraternity Vacation
ロンリー・ブラッド At Close Range
ホラー・スコープ 976-EVIL
ジョナサン・スターク
Jonathan Stark
Billy Cole L.A.恋愛大作戦 プールサイド・ダンディ
 Prince of Bel Air (tv)
ガバリン2 タイムトラぶラー House II: The Second Story
レインマン Rain Man (voice)
スペース・エイド Mom and Dad Save the World
ドロシー・フィールディング
Dorothy Fielding
Judy Brewster ハイジャック・コネクション クーパーの大仕事(未)
 The Pursuit of D.B. Cooper
キスミー・グッバイ Kiss Me Goodbye
アート・エヴァンス
Art Evans
Detective Lennox メーン・イベント The Main Event
眠れぬ夜のために Into the Night
殺したい女 Ruthless People
ダイ・ハード2 Die Hard 2
トレスパス Trespass
スチュワート・スターン
Stewart Stern
Cook * 以下、全て脚本で参加した作品
理由なき反抗 Rebel Without a Cause
ジェイムス・ディーン物語 The James Dean Story
硫黄島の英雄 The Outsider
侵略 The Ugly American
レーチェル レーチェル Rachel, Rachel
ラストムービー The Last Movie
ニック・サヴェージ
Nick Savage
Bouncer #1 13日の金曜日PART3 Friday the 13th Part III
星の王子ニューヨークへ行く Coming to America
偽りのヘブン(未) Clean and Sober
ハーレム・ナイト Harlem Nights
アーニー・ホームズ
Ernie Holmes
Bouncer #2 特攻野郎Aチーム The A-Team (tv)
ハイジ・ソレンソン
Heidi Sorenson
Hooker メル・ブルックス 珍説世界史PART I History of the World
スパイ・ライク・アス Spies Like Us
愛しのロクサーヌ Roxanne
フォー・ザ・ボーイズ For the Boys
イリーナ・アーヴィン
Irina Irvine
Teenage Girl 美女と野獣 Beauty and the Beast (tv)
ロバート・コーフ
Robert Corff
Jonathan Zigzag (1970)
Gas-s-s-s (1971)
パメラ・ブラウン
Pamela Brown
Miss Nina ザ・デイ・アフター The Day After (tv)
新トワイライト・ゾーン The Twilight Zone (tv)
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.