Return To Top
Field of Dreams
フィールド・オブ・ドリームス (1989) USA 106min.
Introduction 序盤アウトライン
アイオワ。ある日、妻と営むトウモロコシ畑で農作業をしていたレイが「それを作れば彼は来る」と云う不思議な「声」を耳にする。60年代カルチャーに感化されていた大学時代が終わりを告げて以来、何一つ危ない橋は渡らずに妻の故郷で落ち着いていたレイだったが、その「声」に何かを確信した彼が取った行動は、採算も苦しい畑の一部を潰して野球場にすると云う破産宣言にも等しいものだった。やがて、一冬を越しても何ら変化もなく採算ゼロと云う厳しい状況を迎えていたある頃、寂しい佇まいの野球場に一人の伝説の野球選手が現れるーー
Various Note メモ
確執を残したままでの父親との死別に悔いを残す主人公が、人生を賭けた行動の果てで見た奇跡を描く。W.P.キンセラの原作小説「シューレス・ジョー」を基に「ウー・ウー・キッド」のフィル・アルデン・ロビンソンが脚色と演出を兼任。伝説の名選手の幽霊が登場する漠然としたコントラストのシナリオは、映像化に至るまでにも当然の如くの紆余曲折を経ているが、最終的にはユニヴァーサルの下で青天井の予算を与えられたロビンソンがさまざまな困難も乗り越えて完璧な仕事を完遂、歴史に残る名作が誕生する事に。理屈では割り切れぬ価値観や父子愛などを主題にする重厚なシナリオながらも、現実の映像は主人公と幽霊が織り成すシュールな情景を淡々と綴ると云うものだが、そんなアンバランスなプロットとテーマがここまで見事に昇華する作品と云うのも珍しい。傑作。いつでも何処でも何度観ても面白い。

以下、完全ネタバレ。未鑑賞の方はご留意下さい。
原作と脚色の背景「ブラック・ソックス事件」 
シューレス・ジョー選手の名前をそのまま取って付けたW.P.キンセラの原作小説だが、レイ・リオッタが演じる元シカゴ・ホワイト・ソックス(CWS)の伝説の名選手シューレス・ジョーは、1919年のMLBワールドシリーズを震撼させた「ブラック・ソックス事件」で汚名を被った挙句に球界を追放された人物。262本と云うMLB年間最多安打を記録したイチロー選手の記録達成に至る過程でも幾度となく紹介された事から日本でもお馴染みの選手だが、そんなシューレス・ジョー選手を巻き込んだ「ブラック・ソックス事件」とは、下馬評では圧倒的に優勢だったCWSがシンシナティ・レッズを相手に3勝5敗で敗退した1919年MLBワールドシリーズでの八百長疑惑事件の事。ちなみに、現在は7試合制のワールドシリーズが1919年に限り9試合制で行われていたと云う背景も。
そもそも、CWSの面々が「ブラック・ソックス」と呼ばれていたのも八百長疑惑が発覚する以前での話。球団オーナーのチャールズ・コミスキーから全球団中でも最低年俸しか与えられていなかった選手たちがクリーニング代の捻出すら憂慮する中、いつまでも黒ずんだソックスを履いていた事から付けられた名前だった。そんな背景の下で然るべく発生する八百長疑惑事件だが、一説によれば、黒幕の賭博師らから八百長の話をチームに持ち込んだのは2塁手のチック・ガンディル(劇中ではアート・ラフルー演じる1塁手として登場)。実際に八百長を働いたのは、そのガンディル以下、計7名の選手と云われているが、シューレス・ジョーを含む他の8名の選手、いわゆる「アンラッキー・エイト」は、八百長の事実を知りながらも黙認していた為に厳罰処分に付された悲劇の選手たちだった。
そんな一連の経緯については日本国内劇場未公開映画「エイトメン・アウト」や各種書籍などでも描かれている通りだが、シューレス・ジョーを含む「アンラッキー・エイト」の面々が「実際に報酬を手にしていたのか?」と云う辺りについては飽くまで憶測の域を出ていない。問題のシリーズから約1年後の大陪審で自身の行為を認める事で無罪評決を勝ち取る「アンラッキー・エイト」の面々だが、現実には、賭けの失敗で無一文となった賭博師から「アンラッキー・エイト」の面々に金銭が手渡されるはずもなく、その賭博師の手を離れた事件の背後では暗黒街組織が暗躍していたと云う事実もある。ちなみに、映画「エイトメン・アウト」で描かれるレフティ・ウィリアムズの八百長なども飽くまで憶測の域での話に他ならない。
シューレス・ジョーの八百長への直接的関与がなかった事は、1本塁打を含む打率3割7分5厘と云うワールドシリーズでの成績でも証明される通り。本気のジャクソンであれば、短気決戦のワールドシリーズで5割に到達しなかった事がそもそも怪しいといった見解などもあるようだが、何れにせよ、そんな彼を含む「アンラッキー・エイト」の面々が八百長への直接的関与もなくして「永久追放」と云う厳罰に処されたのも、1人の判事に絶対的裁量権を与えるコミッショナー制度が制定される中、謹厳を以って知られた判事のケネソー・マウンテン・ランディスが、球界全体の面目を保つ為に、断腸の思いでその裁量を行使した為。ちなみに、その初代コミッショナーとなったランディスが下した裁定は、「大陪審の評決を問わず、八百長行為に関与した選手はもとより八百長行為を黙認し報告を怠った選手は『永久追放』に処する」と云う内容だが、一方では、八百長疑惑の渦中にいたあの問題児タイ・カッブを救済する逸話なども残している。ちなみに、ロバート・レッドフォード主演作品「ナチュラル」で球団の売却を目論むオーナーと主人公のやり取りを描くくだりは、云うまでもなく「ブラック・ソックス事件」を下敷きにしたものだった。
撮影と公開の舞台裏 
フィル・アルデン・ロビンソンによって最初にシナリオが持ち込まれたのは20世紀フォックス。実在した名選手も登場させるシュールな内容だった為に1度は却下されながらも、後にフォックスのエグゼクティヴになった製作のゴードンの後押しで再始動した後、最終的には関係者の満場一致が得られたと云うユニヴァーサルで陽の目を見るプロジェクトだが、「ウー・ウー・キッド」で失敗していたロビンソンにとっては、至れり尽くせりで迎えた理想的な状況が逆の意味での強烈なプレッシャーに。その理由は、青天井の予算や超一流のスタッフとキャストを与えられた中での失敗は、その全ての責任が自身に及ぶ事も明白だったため。撮影初日のミーティングに向う車中では逃げ出す事も本気で考えたと云うロビンソンだが、そんな撮影も順調に行われていた最中、今度は数十年に一度の干ばつでコーン畑の稲が育たないと云う大問題が発生。映画「リベンジ」の撮影を控えていたコスナーの都合で撮影遅延もあり得ないと云う状況下で、最悪の場合に備えるべく数十万本の造花も台湾から取り寄せられる中、結果的にはスタッフの苦肉のアイディアで天然のコーン発育に成功しているが、ロビンソンにとっての最大の懸念は、スポットのフィルムをつなぎ合わせたラッシュなどでは、会社側からの的を得た批評なども得る事が出来ない難解な内容の作品の仕上がりに他ならなかった。
結果的には、お膝元の米国はもとより野球には関心のないフランスを除く欧州や日本を始めとするアジア諸国でも大ヒットを記録する訳だが、ロビンソンのインタヴューで最も笑えたのは、「彼は21歳の父に逢った」「失ったものたちは帰ってくる。若き日の父に姿をかえて」と云った決定的なネタバレにも等しい日本版の宣材コピーに絶句させられたと云う話。そんな宣材もばら撒かれた後、配給先関係者の「日本人は先祖崇拝を重んじる」と云った陳腐な弁解にも納得せざるを得なかったロビンソンの話には爆笑させられたが、こんな話を耳にすれば、製作サイドの手を離れた配給先でのプロモーションが如何に重要かと云う事を再認識させられる。結果オーライでの事無きを得た本作だが、お粗末なプロモーションで誤解を招いたような作品も過去には数多くあったはず。
memo メモ 
背水の陣で野球場を造り上げた主人公のもとに伝説の名選手“シューレス”ジョー・ジャクソンが出現、やがて、隠居生活を送る伝説のジャーナリストや1イニングにも満たぬメジャーキャリアの元選手の幽霊などに導かれた主人公が、確執を残したままでの死別に悔いを残していた父親との再会を果たすと云う物語だが、こんなシュールなドラマに万感の思いを余儀なくされると云うのも極めて稀な話。要は、理屈などでは割り切れぬシュールな顛末を通して、整然と説明する事もナンセンスな男のノスタルジーとロマンが代弁されていた訳だが、思えば、ここ日本で作品が公開されたのはバブル景気に沸いていた1989年。"If you build it, he will come."と云う強烈なメッセージに行動を促されたような方々も多かったはず。
主人公のレイは、36歳の年齢を後がない時期と捉えて行動を起こす訳だが、"If you stand up, you will make it."などとも解釈する事も出来るスクリプトは、時や場所も問わずにモチベーションを引き出せる不変の真理のような名文句。一方、己の立場と実力を弁えて社会に貢献するアーチー・グレアム(バート・ランカスター)の台詞などは、現実を見据えて足を地に付ける事の重要性を投げ掛けていたスクリプトだが、となれば作品にのめり込むのも当たり前。スポーツと幽霊をネタにする寓話だった事も到底信じられない完成度だった。
ちなみに、ランカスターとフランク・ホエーリー(青年時代)が演じるアーチー・グレアムは、その1イニングにも満たないキャリアも本物でベースボールカードも存在する実在した選手。ジェームズ・アール・ジョーンズ演じる元ジャーナリストのテレンス・マンは「ライ麦畑でつかまえて」のJDサリンジャーがモデル。サリンジャーが弁護士を通して実名を使わせなかったと云う逸話も。DVDのボーナス映像"Scrap Book"では、スコア担当のジェームズ・ホーナーがアコピ演奏を披露。イアン・アンダーウッドとのコラボや即興にも等しかった作曲のプロセスなど興味深い話も満載。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
フィル・アルデン・ロビンソン
Phil Alden Robinson
クラブ・ラインストーン 今夜は最高!
 Rhinestone (脚本)
オール・オブ・ミー 突然半身が女に!(未)
 All of Me (製作補/脚本)
ウー・ウー・キッド In the Mood (脚本/監督)
スニーカーズ Sneakers (脚本/監督)
フリーダム・ソング
 Freedom Song (tv) (製作総指揮/脚本/監督)
バンド・オブ・ブラザース
 Band of Brothers (tv) (監督)
トータル・フィアーズ The Sum of All Fears (監督)
製作
Produced by
ローレンス・ゴードン
Lawrence Gordon
ダイ・ハード Die Hard
ロックアップ Lock Up
リバイアサン Leviathan
K-9 友情に輝く星 K-9
ダイ・ハード2 Die Hard 2
プレデター2 Predator 2
ロケッティア The Rocketeer
ウォーターワールド Waterworld
チャールズ・ゴードン
Charles Gordon
製作総指揮
Executive Producer
ブライアン・E.フランキッシュ
Brian E. Frankish
ザ・モンスター Vice Squad
イントルーダー 怒りの翼 Flight of the Intruder
海辺の家 Life as a House
原作
Based on the novel by
W.P.キンセラ
W.P. Kinsella
John Cat (1984)
Lieberman in Love (1995)
Dance Me Outside (1995)
撮影
Cinematography by
ジョン・リンドレー
John Lindley
ウー・ウー・キッド In the Mood
ゾンビ伝説 The Serpent and the Rainbow
シェイクダウン Shakedown
スニーカーズ Sneakers
アイ・ラブ・トラブル I Love Trouble
カラー・オブ・ハート Pleasantville
ユー・ガット・メール You've Got Mail
トータル・フィアーズ The Sum of All Fears
ザ・コア The Core
奥さまは魔女 Bewitched
編集
Edited by
イアン・クラフォード
Ian Crafford
少年と鮫 Beyond the Reef
ネバーセイ・ネバーアゲイン Never Say Never Again
エメラルド・フォレスト The Emerald Forest
戦場の小さな天使たち Hope and Glory
訴訟 Class Action
あなたのために Where the Heart Is
グリム・ブラザーズ スノーホワイト
 Snow White: A Tale of Terror
セイヴィア Savior
美術
Production Design by
デニス・ガスナー
Dennis Gassner
ヒッチャー The Hitcher
ミラーズ・クロッシング Miller's Crossing
バグジー Bugsy
バートン・フィンク Barton Fink
未来は今 The Hudsucker Proxy
オー・ブラザー! O Brother, Where Art Thou?
バーバー The Man Who Wasn't There
ロード・トゥ・パーディション Road to Perdition
レディ・キラーズ The Ladykillers
衣装デザイン
Costume Design by
リンダ・M.ベース
Linda M. Bass
(as Linda Bass)
L.A.大捜査線 狼たちの街 To Live and Die in L.A.
ウー・ウー・キッド In the Mood
クイーンズ・ロジック 女の言い分・男の言い訳
 Queens Logic
ザ・インターネット The Net
ダブル・ジョパディー Double Jeopardy
クラッシュ Crash
音楽
Music by
ジェームズ・ホーナー
James Horner
ウルフェン Wolfen
48時間 48 Hrs.
スター・トレック2 カーンの逆襲
 Star Trek: The Wrath of Khan
銀河伝説クルール Krull
コマンドー Commando
コクーン Cocoon
エイリアン2 Aliens
薔薇の名前 Der Name der Rose
スニーカーズ Sneakers
スウィング・キッズ Swing Kids
ペリカン文書 The Pelican Brief
今そこにある危機 Clear and Present Danger
ジュマンジ Jumanji
ブレイブハート Braveheart
キャスパー Casper
アポロ13 Apollo 13
タイタニック Titanic
ディープ・インパクト Deep Impact
スターリングラード Enemy at the Gates
ビューティフル・マインド A Beautiful Mind
砂と霧の家 House of Sand and Fog
ニュー・ワールド The New World
フライトプラン Flightplan
オール・ザ・キングスメン All the King's Men
挿入曲
Various Music
Crazy (Written by Willie Nelson) - Beverly D'Angelo
Daydream - Lovin' Spoonful
Jessica - Allman Brothers Band
China Grove - The Doobie Brothers
Lotus Blossom - Duke Ellington
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ケヴィン・コスナー
Kevin Costner
Ray Kinsella ファンダンゴ Fandango
シルバラード Silverado
アメリカン・フライヤーズ Silverado
追いつめられて No Way Out
アンタッチャブル The Untouchables
さよならゲーム Bull Durham
フィールド・オブ・ドリームス Field of Dreams
ダンス・ウィズ・ウルブズ Dances with Wolves
ロビン・フッド Robin Hood: Prince of Thieves
ウォーターワールド Waterworld
ワイアット・アープ Wyatt Earp
8月のメモワール The War
ティン・カップ Tin Cup
ポストマン The Postman
ラブ・オブ・ザ・ゲーム For Love of the Game
メッセージ・イン・ア・ボトル Message in a Bottle
13デイズ Thirteen Days
スコーピオン 3000 Miles to Graceland
コーリング Dragonfly
ワイルド・レンジ 最後の銃撃 
ママが泣いた日 The Upside of Anger
迷い婚 すべての迷える女性たちへ Rumor Has It...
守護神 The Guardian
エイミー・マディガン
Amy Madigan
Annie Kinsella ザ・デイ・アフター The Day After
プレイス・イン・ザ・ハート Places in the Heart
ストリート・オブ・ファイヤー Streets of Fire
アラモベイ Alamo Bay
旅立ちの季節 プリンス・オブ・ペンシルバニア
 The Prince of Pennsylvania
怒りの裁き Nowhere to Hide
ダーク・ハーフ(未) The Dark Half
イヴの秘かな憂鬱 Female Perversions
ポロック 2人だけのアトリエ Pollock
ギャビー・ホフマン
Gaby Hoffmann
Karin Kinsella ディス・イズ・マイ・ライフ This Is My Life
めぐり逢えたら Sleepless in Seattle
顔のない天使 The Man Without a Face
Dearフレンズ Now and Then
世界中がアイ・ラヴ・ユー Everyone Says I Love You
ボルケーノ Volcano
200本のたばこ 200 Cigarettes
レイ・リオッタ
Ray Liotta
Shoeless
Joe Jackson
サムシング・ワイルド Something Wild
グッドフェローズ Goodfellas
不法侵入 Unlawful Entry
ノー・エスケイプ No Escape
アンフォゲタブル Unforgettable
コップランド Cop Land
乱気流 タービュランス Turbulence
ブロウ Blow
ハンニバル Hannibal
NARC ナーク Narc
ジョンQ 最後の決断 John Q
“アイデンティティー” Identity
コントロール Control
ティモシー・バスフィールド
Timothy Busfield
Mark パラダイス・アーミー Stripes
スニーカーズ Sneakers
スリー・リバーズ Striking Distance
リトル・ビッグ・フィールド Little Big League
クイズ・ショウ Quiz Show
ザ・ホワイトハウス The West Wing (tv)
ナショナル・セキュリティ National Security
ジェームズ・アール・ジョーンズ
James Earl Jones
"Terry"
Terence Mann
博士の異常な愛情 Dr. Strangelove
ボクサー The Great White Hope
エクソシスト2 Exorcist II: The Heretic
アリ ザ・グレーテスト The Greatest
コナン・ザ・グレート Conan the Barbarian
メイトワン-1920 Matewan
星の王子ニューヨークへ行く Coming to America
レッド・オクトーバーを追え! The Hunt for Red October
パトリオット・ゲーム Patriot Games
スニーカーズ Sneakers
ジャック・サマースビー Sommersby
今そこにある危機 Clear and Present Danger
もしも昨日が選べたら Click
バート・ランカスター
Burt Lancaster
Dr.
Archibald
"Moonlight"
Graham
地上より永遠に From Here to Eternity
空中ぶらんこ Trapeze
OK牧場の決斗 Gunfight at the O.K. Corral
エルマー・ガントリー 魅せられた男 Elmer Gantry
ニュールンベルグ裁判 Judgment at Nuremberg
終身犯 Birdman of Alcatraz
山猫 Il Gattopardo
大空港 Airport
ワイルド・アパッチ Ulzana's Raid
ダラスの熱い日 Executive Action
スコルピオ Scorpio
カサンドラ・クロス The Cassandra Crossing
エンテベの勝利 Victory at Entebbe (tv)
合衆国最後の日 Twilight's Last Gleaming
ドクター・モローの島 The Island of Dr. Moreau
アトランティック・シティ Atlantic City
ローカル・ヒーロー 夢に生きた男 Local Hero
フランク・ホエーリー
Frank Whaley
Archie Graham 7月4日に生まれて Born on the Fourth of July
ドアーズ The Doors
JFK JFK
パルプ・フィクション Pulp Fiction
ザ・プロデューサー Swimming with Sharks
ブロークン・アロー Broken Arrow
チェルシーホテル Chelsea Walls
レッド・ドラゴン Red Dragon
スクール・オブ・ロック The School of Rock
ワールド・トレード・センター World Trade Center
ドワイヤー・ブラウン
Dwier Brown
John Kinsella L.A.大捜査線 狼たちの街 To Live and Die in L.A.
ガバリン House
タイムトラぶラー House II: The Second Story
ガーディアン 森は泣いている The Guardian
冬の恋人たち The Cutting Edge
スペース・エイド Mom and Dad Save the World
レッド・ドラゴン Red Dragon
ファーン・パーソンズ
Fern Persons
Annie's Mother 恋のスクランブル Class
卒業白書 Risky Business
勝利への旅立ち Hoosiers
キスへのプレリュード Prelude to a Kiss
ケリー・コフィールド
Kelly Coffield
Dee,
Mark's Wife
クイズ・ショウ Quiz Show
ザ・エージェント Jerry Maguire
最終絶叫計画 Scary Movie
マイケル・ミルホーン
Michael Milhoan
Buck Weaver
(3B)
ロケッティア The Rocketeer
ジャイアント・ベビー Honey I Blew Up the Kid
スニーカーズ Sneakers
クリムゾン・タイド Crimson Tide
エグゼクティブ・デシジョン Executive Decision
フェノミナン Phenomenon
ティン・カップ Tin Cup
地上より何処かで Anywhere But Here
パール・ハーバー Pearl Harbor
コラテラル・ダメージ Collateral Damage
スティーヴ・イースティン
Steve Eastin
Eddie Cicotte
(P)
ヒドゥン The Hidden
コン・エアー Con Air
オースティン・パワーズ:デラックス
 Austin Powers: The Spy Who Shagged Me
エージェント・レッド Agent Red
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン Catch Me If You Can
ブルドッグ A Man Apart
マッチスティック・メン Matchstick Men
チャールズ・ホイエス
Charles Hoyes
Swede Risberg
(C)
バニシング・チェイス Viper
SPACE JAM スペース・ジャム Space Jam
モリー(未) Molly
アート・ラフルー
Art LaFleur
Chick Gandil
(1B)
ダーティファイター 燃えよ鉄拳
 Any Which Way You Can
ウォー・ゲーム WarGames
殺したいほど愛されて Unfaithfully Yours
シティヒート City Heat
コブラ Cobra
エア★アメリカ Air America
オスカー Oscar
ミスター・ベースボール Mr. Baseball
フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白 Forever Young
マーヴェリック Maverick
リプレイスメント The Replacements
シンデレラ・ストーリー A Cinderella Story
ホステージ Hostage
リー・ガーリントン
Lee Garlington
Beulah,
the Angry
PTA Mother
サイコ2 Psycho II
サイコ3 怨霊の囁き Psycho III
コブラ Cobra
スニーカーズ Sneakers
マイ・ライフ My Life
エボリューション Evolution
ストーカー One Hour Photo
トータル・フィアーズ The Sum of All Fears
マイク・ナスボーム
Mike Nussbaum
Principal ハリーとトント Harry and Tonto
危険な情事 Fatal Attraction
フィールド・オブ・ドリームス Field of Dreams
逃亡者 Desperate Hours
代理人 Losing Isaiah
メン・イン・ブラック Men in Black
アン・セイモア
Anne Seymour
Chisolm
Newspaper
Publisher
オール・ザ・キングスメン All the King's Men
楡の木蔭の欲望 Desire Under the Elms
夜が泣いている All the Fine Young Cannibals
ポリアンナ Pollyanna
ちょっとご主人貸して Good Neighbor Sam
蜃気楼 Mirage
ニューヨーク泥棒結社 Fitzwilly
努力しないで出世する方法
 How to Succeed in Business Without Really Trying
奇跡の人 The Miracle Worker (tv)
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.