Return To Top
Big Wednesday
ビッグ・ウェンズデー (1978) USA 120min.
Introduction 序盤アウトライン
1974年、春。伝説の大波「ビッグ・ウェンズデー」がカリフォルニアを席捲、名だたるサーファーたちがリタイアを余儀なくされる中、3人の男たちがその伝説に挑まんとしていた。ベトナム帰りのジャック、破天荒なキャラクターのリロイ、そして、偉大なサーファーとしてかつては一時代を築いたマット。それぞれの道を歩み始めて久しい3人だったが、その伝説を前に示された真実の友情に辿り着くまでの道程は、青春時代の苦楽を共にした60年代初頭にまで遡るものだったーー
Various Note メモ
3人の登場人物たちが紆余曲折を経て真の友情に辿り着くまでの12年間を、さまざまなコントラストでの4幕構成で描き出す物語。「1974年、春」の情景を描くその4幕目、約30分にも及ぶクライマックスは圧巻。自他共に認める名サーファーだった監督のミリアスは、海中の撮影を専門にするプロ集団を率いる形で自らも大波に乗り込んでいるが、あのスーパーリアルな臨場感も、遅かれ早かれ波に飲み込まれると云う捨て身の撮影によって実現されたもの。30分と云うシークエンスながらも、そのロケハンから撮影までに要した期間は約一ヶ月、最終的な本番テイクは、ハワイのサンセットビーチで収録されている。
伝説のサーファー・イアン・ケアンズをはじめ、ピーター・タウネンド、ビル・ハミルトン、ジェリー・ロペス、J.リドル、ジャッキー・ダンなど当代最高峰のサーファーが一同に会する中、あの15m規模の大波を捉えると云う映像は、その撮影当時はもとより、昨今までの映画史を紐解いても最高峰のスケールにして超怒級の臨場感。本国のみならず欧州でもロングセラーを記録しているこの作品、監督のミリアスのもとには今もってファンレターが届けられているとの事で、製作から20周年を記念して内輪規模で企画されたパーティーの際には、予想外の8000人ものファンが殺到している。
圧巻のクライマックスも然る事ながら、その実、青春時代の群像を情緒豊かに描き出すモチーフを真骨頂にするシナリオだが、監督のミリアスによれば、そのプロットも元々は小説として練り上げられていたもの。「あの頃、風が谷を吹き抜けていった。“サンタナ”と云う南風で暖かな香りを運んだ。夜明け前、ポイントで強く吹く。僕らは車で寝て海風に起こされた。毎朝、思った。“今日は特別な日だ”」 この冒頭で披露される出色のモノローグはもとより、他の3幕それぞれの冒頭を飾るモノローグも小説の為に用意されていたもので、サーファーとしての造詣も深い自身であれば映像化出来るとの確信を得たミリアスによってスクリプトに書き直されたものだった。ちなみに、ベイジル・ポールドゥリスのスコアも印象的なオープニングで、監督の名前がクレジットされるその背景に映し出される人物は、若かりし時分のミリアスその人。
シナリオにフィーチャーされるさまざまなエピソードは、ミリアスとデニス・アーバーグの実体験に基づいている。62年の夏を描く「南のうねり」篇ではメキシコ(ロケはエルパソ)に羽を伸ばしに向う一行だが、あのケンカなどとは一線を画した銃撃を伴うヴィヴィッドな光景も、ナイフや缶切りを手にした人物らに追いかけられながらも辛くも逃げ延びたと云うミリアスのメキシコでの体験談をベースにするもので、傍観者として気楽な人生を送っていた主人公らが世の中の現実を思い知らされ愕然とするシナリオでの情景も、その体験当時のミリアスの心情を投影したものだった。ちなみに、悪ふざけする3人組が女主人につまみ出される「スターバーガー・カフェ」も、ミリアスが出入りしていたと云う実在のカフェを再現したもの。
サーフィンはアマレベルのスキルだったと語るジャン=マイケル・ヴィンセントとウィリアム・カットだが、その上手さは監督のミリアスも認める所。サーフィンはド素人だったと云うゲイリー・ビジィは、「ストレート・タイム」の撮影終了後から蓄積していたと云う贅肉を1ヶ月間にわたるジムのトレーニングでシェイプ、撮影終了後にはサーフィンも上達していたらしい。ちなみに、ウィリアム・カットは実の母親バーバラ・ヘイル(パーティーの最中に2階の寝室で「キャッチ22」を読んでいる女性)と競演、しかも、母親と息子と云う親子を演じていた。また、ボードショップの店主ベアーの妻を演じるセリア・ケイは、クランクアウトした後にミリアスとゴールイン、ミリアスは2度目の結婚だった。
マット(ジャン=マイケル・ヴィンセント)がヒッピーのカフェで立腹するシーン(65年のシークエンス)も、当時のサーファーの気質と云ったものを投影したモチーフ。ミリアスによれば、ビート族は受け入れたと云うサーファーは、既存の価値観を否定し社会秩序を無視するヒッピーには嫌悪感を抱いていたらしい。また、ジャック(ウィリアム・カット)と数名を除く面々を徴兵から逃れるキャラとして描くミリアスだが、実際にサーファーとして名を残していた面々は、その殆どが軍隊でも活躍していたらしい。ポイントを荒らされれば身を呈して立ち向かうと云ったノリで好戦的な人物も多かったらしいが、靴を履くのも面倒だと云うサーファーは、命令に従っての行動を嫌がっていたとの事。
スコアを担当するベイジル・ポールドゥリスは、ハリウッドでは知る人ぞ知る名匠として認知される人物。監督のミリアスやジョージ・ルーカスなどと同時期に在籍していたと云う南カリフォルニア大学時代から非凡なタレントをアピールしていたと云うポールドゥリスだが、現在のステイタスを築き上げる足掛かりとなった作品こそが、大学時代の朋友ミリアスの一声によって手掛けた本作だった。「映画2~3本分の贅沢な内容と完璧な出来映え。聴くたびに魂を揺さぶられる思い。」とミリアスの絶対的信頼を得たポールドゥリスは、後年ミリアスが手掛ける殆どの作品のスコアを手掛けているが、そのスキルの高いスコアが評判となった82年の「コナン・ザ・グレート」は、さまざまな作品のアドヴァンスなどでそのスコアが引用されている。本作のサントラは、ポリネシアのテイストも満開の全33トラック収録(ボーナスを含む)のサントラCDとしてリリースされていたが、06年8月現在、その入手はやや困難。ただ、そのCDプレスも比較的最近の話なので、オークションのアラートなどを利用すれば良いのかも。
足掛け12年間と云うロングレンスで描くシナリオながらも、バラエティーにも富んだ情緒豊かなモチーフとハツラツとしたキャストの好演、そして、映画史にも残る大迫力映像で釘付けにされてしまう120分だが、撮影当時のキャストの年齢については真しやかに驚かされる。主要キャストでは最年少だったウィリアム・カットとパティ・ダーバンヴィルでさえ27歳(共に51年生まれ)だった訳だが、若くして出産を経験するペギー役のリー・パーセルは既に31歳(47年生まれ)で、ジャン=マイケル・ヴィンセントとゲイリー・ビジィに至っては、大台をはるかに超える34歳(共に44年生まれ)だったのだ。鑑賞した当時の印象では、十代から二十歳そこそこと云った設定の62年の夏から65年の秋を描く序盤でのイメージがフィットしていたもので、クライマックスの74年のシークエンスではヘアメイクなどに多少の無理を感じていたりもしたが、その実、あの74年の映像こそが実年齢相応での映像だったのである。高校生と云う設定で出演していた「グリース」のトラヴォルタのようであれば爆笑ネタにもしたい所だが、この内容にしてここまでキメられては黙るしかない。
ジョン・フォードや黒澤監督と云った巨匠以外にヌーベルバーグにも感化されていたと云うミリアスだが、その信条は、厳格なルールを遵守する中での自由な表現。ベトナムに赴くジャック(ウィリアム・カット)を送り出すシーンでは、その真に迫った撮影現場の雰囲気に誰もが感極まって言葉を詰まらせていたと云う。世代を超えてのロングセールスにも頷けるこの作品、以下は、そのエモーショナルな舞台裏での真実を回想するミリアスのコメント。

「この映画は私にとっても楽しい思い出です。映画で描く世界は実生活に密着していて、サーファー仲間とも役者とも大差なく付き合えました。クルーや役者たちとも良い雰囲気で仕事が出来て、『最高の仕事だった』と云われました。何年か経過した後でも、思い出しては話題にしています。あの時代や場所を含めて全てが魅力的だったからです。友情がテーマだから結束も強くなりました。」



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
ジョン・ミリアス
John Milius
ダーティハリー Dirty Harry /writ.
ダーティハリー2 Magnum Force /writ.
デリンジャー Dillinger /also writ.
風とライオン The Wind and the Lion /also writ.
地獄の黙示録 Apocalypse Now /writ.
コナン・ザ・グレート Conan the Barbarian /also writ.
若き勇者たち Red Dawn /also writ.
戦場 Farewell to the King /also writ.
イントルーダー 怒りの翼 
今そこにある危機 Clear and Present Danger /writ.
製作
Produced by
バズ・フェイトシャンズ
Buzz Feitshans
デリンジャー Dillinger
ハードコアの夜 Hardcore
ランボー First Blood
グレッグ・マクギリヴレイ
Greg MacGillivray
* サーフィン・シークエンスの製作
Five Summer Stories (1972)
The Magic Rolling Board (1976)
製作総指揮
Executive Producers
タマラ・アセイエフ
Tamara Asseyev
Drive-In (1976)
抱きしめたい I Wanna Hold Your Hand
ノーマ・レイ Norma Rae
アレクサンドラ・ローズ
Alexandra Rose
脚本
Written by
ジョン・ミリアス
John Milius
* 監督も兼任
デニス・アーバーグ
Dennis Aaberg
* 劇中にも登場
ジョエル・チャーノフ
Joel Chernoff
(uncredited)
* ノークレジット
ラスト・ワルツ The Last Waltz / prd.
沈黙の戦艦 Under Siege / prd.
撮影
Cinematography by
ブルース・サーティース
Bruce Surtees
白い肌の異常な夜 The Beguiled
恐怖のメロディ Play Misty for Me
ダーティハリー Dirty Harry
アウトロー The Outlaw Josey Wales
アルカトラズからの脱出 Escape from Alcatraz
卒業白書 Risky Business
編集
Edited by
ティム・オミーラ
Tim O'Meara
ローズ The Rose
コナン・ザ・グレート Conan the Barbarian
勝利への旅立ち Hoosiers
ロバート・L.ロルフ
Robert L. Wolfe
風とライオン The Wind and the Lion
大統領の陰謀 All the President's Men
黄昏 On Golden Pond
美術
Production Design by
チャールズ・ローゼン
Charles Rosen
サンフランシスコ物語 Inside Moves
エンティティー 霊体 The Entity
クイックシルバー Quicksilver
音楽
Music by
ベイジル・ポールドゥリス
Basil Poledouris
タイガーシャーク Tintorera
青い珊瑚礁 The Blue Lagoon
コナン・ザ・グレート Conan the Barbarian
青い恋人たち Summer Lovers
若き勇者たち Red Dawn
ロボコップ RoboCop
戦場 Farewell to the King
レッド・オクトーバーを追え! The Hunt for Red October
スターシップ・トゥルーパーズ Starship Troopers
挿入曲
Various Music
Locomotion
Money
* 以下はサントラ収録の全33トラック
South Swell (Passing of the Years I) / Main Title (March of the Hawaiian)
Matt Surfs / Kaliponi Slack Key / Bear's Shack
Bear's Story
Golondrina
Passing of the Years II
You Oughta Know What I Mean, Bear
Bear's Wedding
Crumple Car - Denny Aaberg
Preparation March
Jack Surfs Alone
Aloha, Jack
Passing of the Years III
Summerset
Liquid Dreams
Jack's Back
Jack's Back, Pt. 2
Cemetery
Passing of the Years IV
Bear's Wharf
Matt Morning and Ominosity
Challenge/Big Wednesday Montage
Matt's Rite of Passage
Passing of the Mantle / Song of Three Friends (Only Good Times)
Big Wednesday Montage [Alternate Take] / Bonus Track
Three Friends Theme [Instrumental] / Bonus Track
Mexican Montage / Bonus Track
Green Onions / Bonus Track
Crumple Car [Extended Version] / Bonus Track
Drums Montage / Bonus Track
Cosmic Indifference / Bonus Track
Cemetery [Film Version] / Bonus Track
Challenge [Alternate Take] / Bonus Track
Trailer (Big Waves) / Bonus Track
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ジャン=マイケル・ヴィンセント
Jan-Michael Vincent
Matt メカニック The Mechanic
爆走トラック'76 White Line Fever
弾丸を噛め Bite the Bullet
悪霊 Shadow of the Hawk
世界が燃えつきる日 Damnation Alley
グレートスタントマン Hooper
摩天楼ブルース Defiance
戦争の嵐 The Winds of War (tv)
エアウルフ Airwolf (tv)
バッファロー'66 Buffalo '66
ウィリアム・カット
William Katt
Jack * バーバラ・ヘイルとは母子で出演
キャリー Carrie
新・明日に向って撃て!
 Butch and Sundance: The Early Days
アメリカン・ヒーロー The Greatest American Hero (tv)
ガバリン House
新・弁護士ペリー・メイスン Perry Mason (tv)
ハード・キャンディ Jawbreaker
ツイン・フォールズ・アイダホ Twin Falls Idaho
スネーク・アイランド Snake Island
ゲイリー・ビジィ
Gary Busey
Leroy サンダーボルト Thunderbolt and Lightfoot
スター誕生 A Star Is Born
ストレート・タイム Straight Time
リーサル・ウェポン Lethal Weapon
プレデター2 Predator 2
ハートブルー Point Break
沈黙の戦艦 Under Siege
パティ・ダーバンヴィル
Patti D'Arbanville
Sally ビリティス Bilitis
メーン・イベント The Main Event
タイム・アフター・タイム Time After Time
ザ・ファン The Fan
ラストサマー I Know What You Did Last Summer
セレブリティ Celebrity
ワールド・トレード・センター World Trade Center
リー・パーセル
Lee Purcell
Peggy Gordon マジェスティック Mr. Majestyk
ハイスクール Almost Summer
スター・クレイジー Stir Crazy
フライングハイ2 危険がいっぱい月への旅
 Airplane II: The Sequel
アップタウン・ガール Valley Girl
愛に向って走れ Eddie Macon's Run
サム・メルヴィル
Sam Melville
Bear * 89年3月に心臓病で死去
墓石と決闘 Hour of the Gun
華麗なる賭け The Thomas Crown Affair
ダレル・フェティ
Darrell Fetty
Waxer 風とライオン The Wind and the Lion
スタントマン殺人事件 Stunts
冷たい夜は死の匂い The Maddening
ジェリー・ロペス
Gerry Lopez
Himself * 本物のサーファー
ノース・ショア North Shore
戦場 Farewell to the King
ハンク・ウォーデン
Hank Worden
(as Hank Warden)
Shopping Cart リオ・ロボ Rio Lobo
ダーティファイター Every Which Way But Loose
ブロンコ・ビリー Bronco Billy
ジョー・スピネル
Joe Spinell
Psychologist ゴッドファーザーPART II The Godfather: Part II
タクシードライバー Taxi Driver
ロッキー Rocky
恐怖の報酬 Sorcerer
ナイトホークス Nighthawks
スティーヴ・カナリー
Steve Kanaly
Sally's Husband 電子頭脳人間 The Terminal Man
風とライオン The Wind and the Lion
ミッドウェイ Midway
バーバラ・ヘイル
Barbara Hale
Mrs. Barlow * ウィリアム・カットの母
廃墟の守備隊 Last of the Comanches
開拓者の血闘 The Oklahoman
大空港 Airport
フラン・ライアン
Fran Ryan
Lucy ストレート・タイム Straight Time
ロッキー2 Rocky II
ロング・ライダーズ The Long Riders
ペイルライダー Pale Rider
デニス・アーバーグ
Dennis Aaberg
Slick * 脚本も兼任
レブ・ブラウン
Reb Brown
Enforcer 大地震 Earthquake
ザ・ドロッパーズ Fast Break
地獄の7人 Uncommon Valor
イントルーダー 怒りの翼 Flight of the Intruder
ロバート・イングランド
Robert Englund
Narrator, Fly 悪魔の沼 Eaten Alive
ゾンゲリア Dead & Buried
エルム街の悪夢 A Nightmare on Elm Street
シャーリーン・ティルトン
Charlene Tilton
Party Girl フリーキー・フライデー(未) Freaky Friday
デトネーター 悲しき暗殺者(未) Detonator
ハッピー・ブロンド(未) Totally Blonde
セリア・ケイ
Celia Kaye
Bride
of the Bear
* 撮影終了後に監督のミリアスとゴールイン。
青いイルカの島 Island of the Blue Dolphins
Mr.ライオン Fluffy
恐怖!蛇地獄 Rattlers
ジョン・ミリアス
John Milius
Marijuana dealer
in Tijuana
(uncredited)
* カメオ出演
* メキシコのシークエンスでヤクの売人として登場
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.