Return To Top
Night Falls on Manhattan
NY(ニューヨーク)検事局 (1997) USA 114min.
Introduction 序盤アウトライン
ニューヨーク。NY市警74分署のベテラン刑事リーアムと相棒のジョーイは、長期間に亘る捜査の末に麻薬密売の顔役ワシントンを追い詰めていた。応援の到着を待たずにアジトに踏み込んだ2人だったが、ドア越しに放たれた自動小銃によってリーアムが瀕死の重傷を負う中、間もなくして到着した3分署にまたがる夥しい数の警官隊の内3名の警察官が殉職、追い詰められていたはずのワシントンは、死亡した警官の上着で変装した上に強奪したパトカーで悠々と現場を後にしていた。改選を控えた時期での醜態に深い懸念を示す地方検事のモーガンスターンは、主任検事補のハリソンを差し置く形で、事件の担当検事に新人検事補のショーン・ケイシーを大抜擢する。重傷を負ったリーアムの息子としてマスコミの注目を浴びる事は必至だったショーンを抜擢する事で、改選での大きなアピールを目論むモーガンスターンだったが、やがて、リベラル派の凄腕弁護士ヴィゴダを従えて出頭すると云う予想外の行動に出たワシントンが、あろう事か、事件の恐るべき舞台裏を暴露、それは、年間60万ドルもの賄賂を搾取していた汚職警官たちが、65万ドルの賄賂を提示する敵対麻薬ブローカーに鞍替えした結果、用なしとなったワシントンが汚職警官たちに命を狙われたと云う驚愕の顛末だった。予想外の展開に苦戦を強いられたショーンだったが、3件の警官殺害を始めとする5つの罪状が並べられた裁判も全面勝利、間もなくして開始された地方検事改選の最中にモーガンスターンが危篤状態に陥った事で、その代役候補としての指名までをも受ける事になったショーンは、シンデレラ街道を一気に上り詰めようとするのだがーー
Various Note メモ
ロバート・デイリーの著書「堕ちた証拠」を基にするシナリオだが、そのベースとなるモチーフは、3人の警官を銃撃した麻薬ディーラーのラリー・デイヴィスとその弁護人ウィリアム・カンストラーに纏わる実在した裁判に基づいたもので、実在の事件では、麻薬取引を黙認する見返りに賄賂を搾取されていたと主張したデイヴィスは、無罪放免となっている。この裁判当時のマンハッタンの地方検事は、ロバート・モーゲンソーと云う人物が務めていたが、その「モーギー」と呼ばれていた云う愛称も、本作のシナリオに登場する地方検事のモーガンスターンの描写にそのまま引用されている。
リベラル派のレッテルを貼られる弁護士サム・ヴィゴダ(リチャード・ドレイファス)だが、そのキャラクター性は、先述のデイヴィス事件を担当したウィリアム・カンストラーをモチーフにしている。68年8月下旬、米民主党大会が開催されていたシカゴで約一週間に亘って死傷者を出す中で繰り広げられたベトナム反戦デモを陽動したとされた8人の人物、加州選出の民主党上院議員トム・ヘイドンやブラック・パンサーの上級幹部、そして、デイヴ・デリンジャーなども含む「シカゴ・エイト」と呼ばれた被告たちの主任弁護を務めたのが、このウィリアム・カンストラーだが、50-60年代には、市民権運動の支援にも奔走したと云う信念と正義の人である。95年9月5日、心停止で逝去、享年76歳。
新人検事補として奔走するショーン(アンディ・ガルシア)が描き出される序盤のシークエンスで、陪審員への熱弁の後に視線を注いだ先に、居眠りしている裁判官(撮影監督のデイヴィッド・ワトキンのカメオ)が映し出されるが、これは、照明器具のセットアップの最中に居眠りしてしまう事を常習としていたと云うワトキンのキャラクター性が活かされた内輪でのウィットだったらしい。
若年層にも蔓延する深刻な社会問題と化した麻薬汚染を背景に、身内への疑惑と正義感の狭間で葛藤する新米地方検事の姿を描き出した物語。メッセージ性にも富んだ極め付けの社会派作品とも呼べるシナリオながらも、その起承転結を持つ映像作品としてのコントラストは、かなりヘヴィーなもの。イタチごっことも呼べる麻薬犯罪摘発の渦中を彷徨う事で正義感の実質的な価値も見失い、不満と欲も相俟ってしまう形で汚職に手を染める警察官たちだが、ジョーイ(ジェームズ・ガンドルフィーニ)の末路にも象徴される通り、この作品で厳然と描き出されるテーマは、若年層をも蝕む麻薬汚染の温床と化した病める社会への妥協なき断罪である。
一つの社会問題をクローズアップしながらも、爽快さにも満ちた結末に導かれる「十二人の怒れる男」や「評決」と云った過去のルメット作品とはその印象も違うが、如何せん、売春や賭博の上がりを掠め取るような次元とは一線を画した麻薬汚染をモチーフにしている以上、エンターテインメント性を要求すると云うのもナンセンスな話。ただ、スタジオからの希望もあり、ドラマティックなエンディングも用意していたと云う監督のルメットは、プレヴューの際にはその未公開のエンディングも公開しているが、そのシリアスな方向性に真摯な反応を示したオーディエンスにも支えられる形で、コンセプトが貫かれたエンディングのままで公開に踏み切られたようである。ド迫力の冒頭シークエンスから、「グレイゾーンでの葛藤にも屈する事なく闘え」と説くエンディングまで見所も満載。社会派の巨匠ルメットが久々に目を覚ました渾身の一撃。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
脚色と監督
Screenplay
& Directed by
シドニー・ルメット
Sidney Lumet
十二人の怒れる男 12 Angry Men
丘 The Hill
セルピコ Serpico
ネットワーク Network
評決 The Verdict
製作
Produced by
トム・マウント
Thom Mount
インディアン・ランナー The Indian Runner
死と処女 Death and the Maiden
ジョシュ・クレイマー
Josh Kramer
死と処女 Death and the Maiden
原作
Based on the novel by
ロバート・デイリー
Robert Daley
原作小説「堕ちた証拠」novel "Tainted Evidence"
プリンス・オブ・シティ Prince of the City
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン Year of the Dragon
撮影
Cinematography by
デイヴィッド・ワトキン
David Watkin
HELP!四人はアイドル Help!
炎のランナー Chariots of Fire
愛と哀しみの果て Out of Africa
編集
Edited by
サム・オースティーン
Sam O'Steen
ハリウッドにくちづけ Postcards from the Edge
隣人 Consenting Adults
ウルフ Wolf
美術
Production Design by
フィリップ・ローゼンバーグ
Philip Rosenberg
オール・ザット・ジャズ All That Jazz
ペリカン文書 The Pelican Brief
衣装デザイン
Costume Design by
ジョセフ・G.オーリージ
Joseph G. Aulisi
狼よさらば Death Wish
コンドル Three Days of the Condor
ダイ・ハード3 Die Hard: With a Vengeance
音楽
Music by
マーク・アイシャム
Mark Isham
ネル Nell
ミセス・パーカー ジャズエイジの華
 Mrs. Parker and the Vicious Circle
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
アンディ・ガルシア
Andy Garcia
Sean Casey アンタッチャブル The Untouchables
ゴッドファーザーPARTⅢ The Godfather: Part III
男が女を愛する時 When a Man Loves a Woman
イアン・ホルム
Ian Holm
Liam Casey エイリアン Alien
炎のランナー Chariots of Fire
英国万歳! The Madness of King George
ジェームズ・ガンドルフィーニ
James Gandolfini
Joey Allegretto ゲット・ショーティ Get Shorty
8mm 8MM
ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア The Sopranos (tv)
レナ・オリン
Lena Olin
Peggy Lindstrom 存在の耐えられない軽さ
 The Unbearable Lightness of Being
敵、ある愛の物語 Enemies: A Love Story
ショコラ Chocolat
シーク・マハメッド=ベイ
Shiek Mahmud-Bey
Jordan Washington 虚栄のかがり火 The Bonfire of the Vanities
死の接吻 Kiss of Death
スワロウテイル Swallowtail
コルム・フェオーレ
Colm Feore
Harrison メタル・ブルー Iron Eagle II
グレン・グールドをめぐる32章
 Thirty Two Short Films About Glenn Gould
フェイス/オフ Face/Off
ロン・リーブマン
Ron Leibman
Morganstern ホット・ロック The Hot Rock
スローターハウス5 Slaughterhouse-Five
ロマンチック・コメディ Romantic Comedy
リチャード・ドレイファス
Richard Dreyfuss
Sam Vigoda JAWS ジョーズ Jaws
グッバイガール The Goodbye Girl
ナッツ Nuts
陽のあたる教室 Mr. Holland's Opus
ドミニク・チアニーズ
Dominic Chianese
Judge
Impelliteri
ゴッドファーザーPARTⅡ The Godfather: Part II
大統領の陰謀 All the President's Men
ジャスティス ...And Justice for All
ポール・ギルフォイル
Paul Guilfoyle
McGovern L.A.コンフィデンシャル L.A. Confidential
CSI:科学捜査班 CSI: Crime Scene Investigation (tv)
リチャード・ブライト
Richard Bright
64 Precinct
Lieutenant
ゲッタウェイ The Getaway
マラソン マン Marathon Man
ゴッドファーザーPARTⅢ The Godfather: Part III
ロナルド・フォン・クラウッセン
Ronald von Klaussen
65 Precinct
Sergeant
ウォール街 Wall Street
JFK JFK
ニクソン Nixon
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.