Return To Top
Force 10 from Navarone
ナバロンの嵐 (1978) UK 126min.
Introduction 序盤アウトライン
1943年。難攻不落と謳われていたエーゲ海ナバロン島のドイツ軍要塞の破壊に成功した英軍大尉のマロリーとミラー伍長が、連合軍高官からの呼び出しによって再会する。マロリーは少佐に昇進、一方のミラーは、既に退役し民間人として生活していたが、問答無用で新たに下された特命は、ユーゴスラビアのパルチザンに潜伏するドイツの破壊工作員レスコバーの抹殺と云う任務だった。やがて、パルチザン最後の砦を死守すべく特命を帯びていたバーンズビー中佐率いるフォース10の部隊と共にユーゴスラビアへ向ったマロリーとミラーだったが、ドイツ空軍機の奇襲によって多数の死傷者を出す中、残された5人を待ち受けていたのは、パルチザンを装うドラザック率いる王党派組織チェトニクの軍勢だったーー
Various Note メモ
61年にJ.リー・トンプソンによって映像化された大ヒット作品「ナバロンの要塞」を引き継ぐ後日譚として執筆されたシナリオだが、ここでは、007シリーズなどのエンタメ路線で手腕を発揮したガイ・ハミルトンによって、前作とは一線を画した娯楽色のコントラストが強調され、そのウィットとは別次元での明らかにコミカルなテイストは、数多くのカットやダイアローグで目の当たりに出来る。思わず突っ込みたくなるような演出も多々見受けられるが、お気楽なエンタメ路線に転換された007シリーズなどを筆頭に、冷戦を背景にする国際情勢での不透明な不安感を払拭すべくコミカルな路線がウケていた時代だったと云う事を考慮すれば、ここでの幅広い年齢層に向けての意図的なアピールにも甘んじて頷けると云った所。
ただ、稀代の顔合わせとなったロバート・ショウとフランコ・ネロ、007の再現となったリチャード・キールとバーバラ・バック、そして、序盤での伏線も活かされるカール・ウェザースとリチャード・キールと云ったそれぞれの因果関係を描き出したモチーフが何気に秀逸だった事を考慮すれば、シリアスな路線を貫いて欲しかったような気もする所。明らかに人形と判ってしまう将校の首が転げ落ちると同時にジープも路肩に脱線すると云ったカットなど、強烈な違和感を覚える特殊効果も登場するが、クライマックスでのディオラマを駆使してのSFXについては、時代性を考慮すれば充分な迫力だったと云える。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
ガイ・ハミルトン
Guy Hamilton
007 ゴールドフィンガー Goldfinger
空軍大戦略 Battle of Britain
007 ダイヤモンドは永遠に Diamonds Are Forever
007 死ぬのは奴らだ Live and Let Die
007 黄金銃を持つ男 The Man with the Golden Gun
製作
Produced by
オリヴァー・A.アンガー
Oliver A. Unger
姿なき殺人者 Ten Little Indians
怪人フー・マンチュー The Face of Fu Manchu
原作
Based on the novel by
アリステア・マクリーン
Alistair MacLean
ナバロンの要塞 The Guns of Navarone
八点鐘が鳴るとき When Eight Bells Toll
黄金のランデブー Golden Rendezvous
原案
Story by
カール・フォアマン
Carl Foreman
マッケンナの黄金 Mackenna's Gold
戦場にかける橋 The Bridge on the River Kwai
脚色
Screenplay by
ロビン・チャップマン
Robin Chapman
地獄の罠 Too Hot to Handle (actor)
ロアルド・ダール劇場 予期せぬ出来事
 Tales of the Unexpected (tv)
撮影
Cinematography by
クリストファー・チャリス
Christopher Challis
勝利者 The Victors
素晴らしきヒコーキ野郎
 Those Magnificent Men in Their Flying Machines
アラベスク Arabesque
編集
Edited by
レイモンド・ポウルトン
Raymond Poulton
らせん階段 The Spiral Staircase
007 死ぬのは奴らだ Live and Let Die
美術
Production Design by
ジェフリー・ドレイク
Geoffrey Drake
ナバロンの要塞 The Guns of Navarone
マッケンナの黄金 Mackenna's Gold
衣装デザイン
Costume Design by
エマ・ポルテウス
Emma Porteus
ブラニガン Brannigan
スカイ・ライダーズ Sky Riders
音楽
Music by
ロン・グッドウィン
Ron Goodwin
空軍大戦略 Battle of Britain
フレンジー Frenzy
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ロバート・ショウ
Robert Shaw
Maj.
Keith Mallory
007 ロシアより愛をこめて From Russia with Love
わが命つきるとも A Man for All Seasons
スティング The Sting
JAWS ジョーズ Jaws
ハリソン・フォード
Harrison Ford
Lt. Colonel
Mike Barnsby
アメリカン・グラフィティ American Graffiti
スター・ウォーズ Star Wars
幸福の旅路 Heroes
バーバラ・バック
Barbara Bach
Maritza Petrovich タランチュラ La Tarantola dal ventre nero
水の中の小さな太陽
 Un peu de soleil dans l'eau froide
007 私を愛したスパイ The Spy Who Loved Me
エドワード・フォックス
Edward Fox
SSgt.
Dusty Miller
恋 The Go-Between
人形の家 A Doll's House
ジャッカルの日 The Day of the Jackal
フランコ・ネロ
Franco Nero
Capt.
Nikolai Leskovar
真昼の用心棒 Tempo di massacro
続・荒野の用心棒 Django
死神の骨をしゃぶれ
 La Polizia incrimina la legge assolve
カール・ウェザース
Carl Weathers
Sgt. Weaver タッチダウン Semi-Tough
ロッキー2 Rocky II
リチャード・キール
Richard Kiel
Capt. Drazak 大陸横断超特急 Silver Streak
007 私を愛したスパイ The Spy Who Loved Me
アラン・バデル
Alan Badel
Maj. Petrovitch アラベスク Arabesque
ジャッカルの日 The Day of the Jackal
マイケル・バーン
Michael Byrne
Maj. Schroeder 鷲は舞いおりた The Eagle Has Landed
遠すぎた橋 A Bridge Too Far
フィリップ・レイサム
Philip Latham
Cmdr. Jensen BM15必死の潜行 Ring of Spies
凶人ドラキュラ Dracula: Prince of Darkness
アンガス・マッキネス
Angus MacInnes
1st Lt.
Doug Reynolds
スター・ウォーズ Star Wars
アウトランド Outland
ヘルボーイ Hellboy
マイケル・シェアード
Michael Sheard
Sgt. Bauer マッケンジー脱出作戦 The McKenzie Break
オフサイド7 Escape to Athena
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.