Return To Top
The Legend of the 7 Golden Vampires
ドラゴンvs7人の吸血鬼 (1974) Hong Kong / UK 89min.
Introduction 序盤アウトライン
1804年、トランシルヴァニア。中国奥地のピンクエ村で7人の吸血鬼を操る事で権力を得ていた邪教の僧侶カーが、吸血鬼ドラキュラ伯爵が幽閉される山奥の古城を訪れる。勇敢な村人の叛乱で吸血鬼伝説にも終止符が打たれていた中、伯爵の力添えで伝説の復活と復権を目論むカーだったが、新天地を求める伯爵に肉体を乗っ取られる中、ピンクエ村では新たな吸血鬼伝説が復活する。そして100年後の1904年、中国・四川省、重慶。大学での吸血鬼伝説の講義を終えたヴァン・ヘルシング教授のもとに一人の青年が訪れる中、その青年の祖父こそが自らの命と引き換えに100年前の吸血鬼伝説に終止符を打った人物である事を聞かされた教授は、武芸に秀でる青年の兄弟らと共に恐怖の伝説を復活させたピンクエ村を目指すが、その行く手にはパワーアップした吸血鬼戦士が待ち受けていたーー
Various Note メモ
吸血鬼ドラキュラ (1958)」「吸血鬼ドラキュラの花嫁 (1960)」「凶人ドラキュラ (1966)」「帰って来たドラキュラ (1968)」「ドラキュラ血の味 (1970)」「血のエクソシズム ドラキュラの復活 (1970)(未)」「ドラキュラ'72 (1972)」「新ドラキュラ 悪魔の儀式 (1974)」に続くシリーズ9作目にして最終章。脚本は、現代のロンドンを舞台にするシリーズ二部作「ドラキュラ'72 (1972)」「新ドラキュラ 悪魔の儀式 (1974)」を手掛けたドン・ホートン(Don Houghton)。音楽は、あのジェームズ・バーナード(James Bernard)がシリーズ最終章にして復活。監督は、シリーズ6作目「血のエクソシズム ドラキュラの復活 (1970)(未)」やさまざまな70年代ホラーでも著名なロイ・ウォード・ベイカー(Roy Ward Baker)。「嵐を呼ぶドラゴン (1974)」のチャン・チェ(張徹)もショウ・ブラザーズ側からノークレジットで参加。
出演は、5度目の出演でシリーズを締め括るピーター・カッシングPeter Cushing)、「ワンス・アポン・ア・タイム 天地大乱 (1992)」「ドラゴン ブルース・リー物語 (1993)」「デイジー (2006)」のデイヴィッド・チャン(David Chiang)、「女王陛下の007 (1969)」「原始人100万年 (1971)」「狂気のいけにえ (1972)(未)」「悪魔の植物人間 (1974)」のジュリー・エーゲ(Julie Ege)、「戦艦デファイアント号の反乱 (1962)」「クロムウェル (1970)」「ゲット・クレイジー (1983)(未)」のロビン・スチュワート(Robin Stewart)、「続・空とぶギロチン 戦慄のダブル・ギロチン (1978)(未)」「カンフーエンペラー (1980)(未)」のシー・ズー(Shih Szu)、ロバート・ハンナ(Robert Hanna)、「少林寺三十六房 (1978)」「少林羅漢拳 (1983)(未)」のチャン・シェン(Chan Shen)、「シャッター (1972)(未)」「タイムボンバー (1991)」のジェームズ・マー(James Ma)、「シャッター (1972)(未)」「嵐を呼ぶドラゴン (1974)」「少林寺三十六房 (1978)」のリュー・チャー・ユン(Liu Chia Yung)、アン・フォン・ラー(Ann Fong Lah)、「嵐を呼ぶドラゴン (1974)」「スネーキーモンキー 蛇拳 (1976)」のルーン・チェン・ティエン(Loong Chen Tien)、チャン・ウォン・ハン(Chan Wong Han)など。シリーズでも唯一のここでの伯爵役は「バニー・レークは行方不明 (1965)」「バンパイア・ラヴァーズ (1970)(未)」「ニコライとアレクサンドラ (1971)」「墓場にて 魔界への招待・そこは地獄の始発駅 (1973)(未)」「恐るべき訪問者 (1980)」のジョン・フォーブズ・ロバートソン(John Forbes-Robertson)。伯爵の声の吹替えは「吸血鬼サーカス団 (1972)」でも吹替えを務めていたデイヴィッド・デ・キーサー(David de Keyser)。

以下、完全ネタバレ。未鑑賞の方はご留意下さい。
吸血鬼ドラキュラ (1958)」以来、さまざまな形で描かれてきた伯爵モノも9本目の本タイトルで幕を下ろす訳だが、そもそもこれはハマープロのエピローグとも呼べる1本。「エクソシスト (1973)」を代表とするモダンホラーが全世界を席巻する中、レトロスタイルのハマーは劇場長編からTVエピソードに路線変更する訳だが、ついては、あの「ドラキュラ'72 (1972)」以降の現代を舞台にするシナリオもその辺りを踏まえた起死回生のアイディアだったもの。ここでは更に、あの「ショウ・ブラザーズ」との提携でカンフーアクションを融合させる大博打に打って出る中、これもイマイチの収益だった事から縮小規模の事業経営に転換するハマープロだが、そんな重責を担うここでの映像には悲壮感にも似た緊張感があったのは確か。おぞましい風貌の吸血鬼一味が決戦舞台のピンクエ村を襲撃する情け容赦のないシーンはもとより、還暦も過ぎていたピーター・カッシングをもカンフーアクションに引きずり込む怒涛の殺陣シーンなど、何れのシークエンスも120%のシリアス度。オマケにここでは、シリーズの若返りと存続を見越していたのか、何とヘルシングの息子(ロビン・スチュワート)までが登場するが、何れにせよこれは、シリーズファン垂涎の内容。ポテンシャル事体もかなりの水準。と云うより、スリリング一辺倒にしてここまで面白いアクションホラーなど他にない。吸血鬼とカンフーと云う2つのトラッドを掛け合わせながらも、その印象はトラッド以外の何ものでもなかった訳だが、実はその辺りがここでの大きな凄味。と云うか、個人的な主観を御託のように並べるつもりも無いが、要は、和洋折衷のホラーアクションにして超シリアスなトラッドの気品を死守できていたと云う事。後年のパロディホラーの原点などと呼ばれる事もあるものの、20世紀でもピンポイントでの旬だった極上の東洋アクションにトラッド路線のシリアスホラーを昇華させるクオリティは全くの別モノ。まさしくこれは別次元の1本だった。
シリーズに於ける設定についても面白い点がいくつか。伯爵(ジョン・フォーブズ・ロバートソン)が中国の悪僧カー(チャン・シェン)の肉体を乗っ取るイントロでの1804年と云う時代設定はシリーズでも最も古い時代にまで遡るものだが、その直後、いきなり100年後の重慶にワープする大股の展開は、19世紀と20世紀をまたにかける「ドラキュラ'72 (1972)」を数十年スライドしたかのようなアイディア。と云うか、19世紀終盤から20世紀初頭を匂わせるシリーズタイトルでは正確な時代背景も明らかにされていなかった事を踏まえれば、ここでの時代背景に言及するのもナンセンスだが、何れにせよ、19世紀初頭のトランシルヴァニアで小ぢんまりとした古城に伯爵が幽閉されていたと云うシチュエーションはかなり大胆。ストーカーの原作を始めとする大方の場合、その約1世紀後が基軸となるので。ちなみに伯爵がシンパの姿に変身するアイディアもシリーズでは初モノ。「ドラキュラ血の味 (1970)」のようにシンパの肉体を踏み台にして甦るような描写はあったものの、コウモリや狼でもなく人間に変身するというアイディアは、ここでも一番のサプライズ。
一方、20世紀初頭の重慶でいきなり登場するヘルシング(ピーター・カッシング)の場合、序盤での伯爵との過去の因縁をほのめかすダイアローグを参照にすれば、ここでの教授はあのローレンス。と云うか、第1作目ではファーストネームも不明だった中、続く「吸血鬼ドラキュラの花嫁 (1960)」では異なるファーストネームだった訳だが、何れにせよ、「ドラキュラ'72 (1972)」のロリマーを基軸にすれば、ここでの教授は、大方の作品に登場する「ヘルシング」の祖父に当たるキャラ。一方、やはり面白かったと云えば、あのリーランドと云う名のローレンスの息子。劇中では、ワンコの名前のような紅一点のシー・ズー演じる女カンフーとの恋を実らせるリーランドだが、後年のタイトルに登場するバリバリの英国人ロリマーがリーランドの息子である事を踏まえれば、実はここでの恋も何れは破局と云う事に。まぁ、ジュビロ磐田のカレン・ロバートのようなケースもある訳だが、何れにせよここでは、2組の国際カップルの明暗分けるメロウなモチーフも大きな見所。
もう一方のカップルと云えば、行脚のスポンサーとなる北欧の未亡人(ジュリー・エーゲ)とドラゴン兄弟を率いるチン(デイヴィッド・チャン)の2人だが、この辺りの描写も何気に面白い。まずは、吸血鬼に咬まれた未亡人が速攻で女吸血鬼に変貌する辺り。ちなみに、あのゾンビ軍団はピンクエ村の被害者女性たちだが、あの未亡人に限って優雅なヴァンパイアに変貌するのも掟破りな感じ。しかも、その口元にはきらめくばかりの美しいキバが生えていたが、ちなみに未亡人を襲う吸血鬼戦士の場合、その口元に生えていたのはジャン・ローラン作品を彷彿とさせるようなチープなプロップ。まぁ、老齢な吸血鬼戦士と若い美女という素材の違いだったのかもしれないが、一方、何と言っても目に付いたのは、悲劇の2人が鋭利な竹棒に突き刺さるシーン。ちなみにその前段では、「西洋の吸血鬼がジーザスに弱い一方、東洋の吸血鬼はブッダに弱い」という何気に都合良いヘルシングのレクチャーも登場しているが、その辺りを踏まえれば、西洋ヴァンプが木の杭に弱い一方、東洋ヴァンプには竹も有効という解釈も。と云うか、カンフーのチンはさて置き、ここはバリバリ北欧系の未亡人が絶命するシーンなのだから他の方法を考えて欲しかった所。まぁ、木の杭に串刺しにするのも相当の力を要するもので、そんなグロテスク極まりのない描写もメロウな見せ場を損ねてしまう訳だが。
ここでの筋書きを整理すれば、7人の吸血鬼と1人の悪僧に支配されていた呪われた村が1人の勇気ある村人の犠牲で平和を取り戻していた中、その腹黒い悪僧によって呼び起こされた伯爵によって100年間にも及ぶ惨劇を展開、かつて身を呈して村を救った男の末裔たちが教授の協力を得て吸血鬼一味を討伐する中、伯爵と教授の因縁にも終止符が打たれると云うものだが、それにしても小学生当時に観たこの作品、吸血鬼軍団のファーム状態だったあのピンクエ村での惨劇を描くシークエンスにはかなりヘコまされた記憶も。と云うか、つまらない話しながらも、ぴんから兄弟の名前を耳にする度にあのピンクエ村のシーンを思い出していたほどで、あのショボイ歩き方のゾンビ軍団などにも真面目に見入っていたような始末だったが、ちなみに戦闘モードに突入すれば何気に芸達者なあのゾンビ軍団と云えば、80年代を席巻するマイケル・ジャクソンの「スリラー」(演出はジョン・ランディス)のゾンビキャラにも似たようなイメージ。ちなみにカンフーと吸血鬼がしのぎを削る本作の場合、あのタランティーノを筆頭にさまざなまB級ホラーファンのディレクターにも絶賛されているが、そんな顔ぶれの中にはジョン・ランディスもいたような記憶が。
90年代終盤には米アンカーベイ社からDVDとVHSがリリースされるものの、ここ日本では、劇場公開当時から現在に至るまで一切の映像メディアがリリースされていないが、これは理解に苦しむ所。ちなみに米国アンカーベイ社からリリースされたDVDには、"The Seven Brothers Meet Dracula"とタイトリングされた米国公開ヴァージョンも片面単層の両面張り合わせでB面に収録されているが、そのサイズも89分のインターナショナル版より14分間も短い75分で、左右対称のネガを2箇所のシークエンスに挿入するなどかなり雑な編集版。と云うか、1枚のディスクに2つのヴァージョンを収録するサービス精神には文句は言えないもので、高音質のサウンドトラックを背景にピーター・カッシングがナレーションを展開するストーリーテラーヴァージョン(約40分)も収録する内容は正にゴージャス。無論、米盤DVDには日本語字幕のテロップは収録されていないが、これはシリーズのファンであれば正に必須のアイテム。ちなみに公開当時の宣材を再現するレプリカまでもが付いている。そのパッケージは、「女王陛下の007 (1969)」ではボンドガールも務めていたヒロイン役のジュリー・エーゲと伯爵役のジョン・フォーブズ=ロバートソンが対峙する大迫力のデザインだが、ちなみにこの2人が劇中で顔を合わせる事は一度もなかったりする。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
ロイ・ウォード・ベイカー
Roy Ward Baker
血のエクソシズム ドラキュラの復活(未) Scars of Dracula
バンパイア・ラヴァーズ(未) The Vampire Lovers
アサイラム・狂人病棟(未) Asylum
墓場にて 魔界への招待・そこは地獄の始発駅(未)
 The Vault of Horror
スクリーミング 夜歩く手首(未)
 And Now the Screaming Starts!
製作
Produced by
ドン・ホートン
Don Houghton
* 脚本も兼任
* 英国ハマープロの顔
ヴィー・キング・ショー
Vee King Shaw
* 香港ショーブラザースの重役
シャッター(未) Shatter
北京原人の逆襲 Goliathon
製作総指揮
Executive Producers
ラン・ミー・ショー
Run Me Shaw
フィストバトル(未) Duel of the Iron Fist
新・片腕必殺剣(未) New One-Armed Swordsman
北京原人の逆襲 Goliathon
ラン・ラン・ショー
Run Run Shaw
新・片腕必殺剣(未) New One-Armed Swordsman
フィストバトル(未) Duel of the Iron Fist
北京原人の逆襲 Goliathon
少林寺三十六房 36th Chamber of Shaolin
脚本
Written by
ドン・ホートン
Don Houghton
ドラキュラ'72 Dracula A.D. 1972
シャッター(未) Shatter
新ドラキュラ 悪魔の儀式 The Satanic Rites of Dracula
撮影
Cinematography by
ロイ・フォード
Roy Ford
ジュリアス・シーザー Julius Caesar (camera operator)
シャッター(未) Shatter
ジョン・ウィルコックス
John Wilcox
がい骨 The Skull
砂漠の潜航艇 A Twist of Sand
シャッター(未) Shatter
編集
Edited by
クリス・バーンズ
Chris Barnes
凶人ドラキュラ Dracula: Prince of Darkness
吸血ゾンビ The Plague of the Zombies
新ドラキュラ 悪魔の儀式 The Satanic Rites of Dracula
美術
Production Design by
ジョンソン・ツァウ
Johnson Tsau
英雄十三傑(未) Heroic Ones
特殊効果
Special Effects by
レス・ボウイ
Les Bowie
吸血鬼サーカス団 Vampire Circus
ドラキュラ'72 Dracula A.D. 1972
新ドラキュラ 悪魔の儀式 The Satanic Rites of Dracula
衣装
Costume Design by
リュー・チユ
Liu Chi-Yu
激突!螳螂拳(未) Deadly Mantis
少林寺三十六房 36th Chamber of Shaolin
音楽
Music by
ジェームズ・バーナード
James Bernard
吸血鬼ドラキュラ Dracula
吸血鬼の接吻 The Kiss of the Vampire
妖女ゴーゴン The Gorgon
凶人ドラキュラ Dracula: Prince of Darkness
帰って来たドラキュラ Dracula Has Risen from the Grave
ドラキュラ血の味 Taste the Blood of Dracula
血のエクソシズム ドラキュラの復活(未) Scars of Dracula
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ピーター・カッシング
Peter Cushing
Prof.
Van Helsing
恐怖の雪男(未) The Abominable Snowman
フランケンシュタインの復讐 The Revenge of Frankenstein
吸血鬼ドラキュラの花嫁 The Brides of Dracula
シャーウッドの剣(未) Sword of Sherwood Forest
フランケンシュタインの怒り The Evil of Frankenstein
フランケンシュタイン死美人の復讐
 Frankenstein Created Woman
フランケンシュタイン恐怖の生体実験
 Frankenstein Must Be Destroyed
バンパイア・ラヴァーズ(未) The Vampire Lovers
ドラキュラ血のしたたり Twins of Evil
ドラキュラ'72 Dracula A.D. 1972
アサイラム・狂人病棟(未) Asylum
新ドラキュラ 悪魔の儀式 The Satanic Rites of Dracula
ゾンビ襲来 The Creeping Flesh
呪われた墓 From Beyond the Grave
スクリーミング 夜歩く手首(未)
 And Now the Screaming Starts!
ドラゴンvs7人の吸血鬼 The Legend of the 7 Golden Vampires
フランケンシュタインと地獄の怪物(未)
 Frankenstein and the Monster from Hell
スター・ウォーズ Star Wars
姜大衛
デイヴィッド・チャン
David Chiang
Hsi Ching 英雄十三傑(未) Heroic Ones
ヴェンジェンス 報仇(未) Vengeance
新・片腕必殺剣(未) New One-Armed Swordsman
フィストバトル(未) Duel of the Iron Fist
水滸伝(未) Water Margin
ブラッド・ブラザース Blood Brothers
ワンス・アポン・ア・タイム 天地大乱
 Once Upon a Time in China II
ジュリー・エーゲ
Julie Ege
Vanessa Buren 女王陛下の007 On Her Majesty's Secret Service
原始人100万年 Creatures the World Forgot
悪魔の植物人間 The Mutations
ロビン・スチュワート
Robin Stewart
Leyland
Van Helsing
戦艦デファイアント号の反乱 H.M.S. Defiant
クロムウェル Cromwell
トンチキ・バナナ航空(未) Pacific Banana
ゲット・クレイジー(未) Get Crazy
シー・ズー
Shih Szu
Mai Kwei 少林寺列伝(未) Shaolin Temple
カンフーエンペラー(未) Emperor of Kung Fu 功夫皇帝
ジョン・
フォーブズ=ロバートソン
John Forbes-Robertson
Count Dracula クロムウェル Cromwell
バンパイア・ラヴァーズ(未) The Vampire Lovers
墓場にて 魔界への招待・そこは地獄の始発駅(未)
 The Vault of Horror
ロバート・ハンナ
Robert Hanna
British Consul  
チャン・シェン
Chan Sheng
Kah キング・ボクサー 大逆転 Five Fingers of Death
真・西部ドラゴン伝(未) Là dove non batte il sole
マジッククンフー神打拳(未) Spiritual Boxer
少林寺三十六房 36th Chamber of Shaolin
ジェームズ・マー
James Ma
Hsi Ta シャッター(未) Shatter
タイムボンバー Timebomb
フォン・ラーアン
Fong Lah Ann
Hsiu Sung
(swordsman)
 
リュー・フイリン
Liu Hui Ling
unknown  
チャ・ユンリュー
Chia Yung Liu
Hsi Kwei 英雄十三傑(未) Heroic Ones
キング・ボクサー 大逆転 Five Fingers of Death
少林寺三十六房 36th Chamber of Shaolin
ブルース・リー 死亡遊戯 Game of Death
サイクロンZ Dragons Forever 飛龍猛将
ウォン・ハンチャン
Wong Han Chan
Leung Hon  
チェン・ティエンルーン
Chen Tien Loong
Hsi San 水滸伝(未) Water Margin
ブラッド・ブラザース Blood Brothers
スネーキーモンキー 蛇拳
 Snake in the Eagle's Shadow 蛇形刀手
デイヴィッド・デ・キーサー
David de Keyser
Dracula
(voice)
(uncredited)
* ノークレジット
007 ダイヤモンドは永遠に Diamonds Are Forever
ウィークエンド・ラブ A Touch of Class
さすらいの航海 Voyage of the Damned
愛のイエントル Yentl
太陽の雫 Sunshine
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.