Return To Top
Chill Factor
チルファクター (2000) USA 101min.
Introduction 序盤アウトライン
1987年8月18日、ホーン島。国家の委任を受けたロング博士は、ブリナー大尉率いる18名の米国陸軍兵士による厳重な警備の下で恐るべき化学兵器「エルヴィス」の実験を行っていた。その実験の最終日、ブリナーの反対を押し切る形でエルヴィスの最終実験を敢行したロングだったが、データ収集のミスから大事故が発生、ブリナーの部下18名を死に至らしめてしまう。罪を問われる事もなく、プロジェクト維持の為に無罪放免となったロングに対し、一人で罪を被る形となったブリナーは、軍事法廷での有罪宣告から10年間もの長きに亘る独房生活を強いられる。やがて、その刑期も終えた10年後、復讐の鬼と化していたブリナーは、エルヴィスを奪取すべく研究所で勤しむロングを襲撃するが、瀕死の状態ながらも屋外に逃げ延びたロングは、行き付けのダイナーで働く釣り仲間の青年ティムにエルヴィスの保護を託して絶命する。アイス菓子卸業者の黒人青年アルロがその場に偶然居合わせた事で、摂氏10度に達すると爆発すると云うエルヴィスをアルロの保冷車に保管、戸惑いながらも逃走するしかなかったティムとアルロは、ブリナー一味の情け容赦のない追撃を受ける羽目になってしまうーー
Various Note メモ
スキート・ウールリッチ演じるティムの勤務先として映し出されるダイナーは、サウスカロライナのリバティと云う小さな町に実在する店舗でロケーションが行われている。この店は、15ドルで素泊まりが出来る宿として、現在も営業稼動しているらしい。
18名の部下を失った上にその責任を一人背負い込む形で10年間の投獄を余儀なくされる職業軍人のブリナーだが、その出獄後間もなくして率いるテログループのメンバーがあの若い手下の面々と云う設定には、やや違和感があるもので、最高レベルのスキルを要求されるであろう国家機密の奪取と云う仕事の為に集められた人材が、あのチンピラもどきのキャラクターたちでは説得力にも欠けてしまうと云った所。あの若さにしてテロに加担すると云う事は、ブリナーと同様に国家に恨みを持つ18名の殉職した部下の遺族なのかとさえ想像させられたりもしたが、実際には、金で雇われたと云う青二才の流れ者たちである。恨みを持つ国家に最大限のダメージを与えてやろうとするブリナーの意図は伝わるのだが、悪の一味として立ち回る面々が余りに希薄な存在感である為に、その序盤から迫真性を欠いてしまっていたような気がしてならない。
プレスリーに掛けた陳腐な洒落も登場する究極の破壊兵器「エルヴィス」だが、摂氏10度で爆発してしまうと云う設定には緊張感も伺えるものの、その描写が実に曖昧。身動きが取れないティムとアルロの目前ですり替えられた少量のエルヴィスを、第三国の顧客らとのオークションのデモンストレーションとして爆破させようとする場面、道路の上に塗り付けたエルヴィスが摂氏10度に達するのも、あの日差しが照りつける中では瞬く間と云ったはずだが、ブリナーとその手下は至って呑気なもので、すり替えられたと云う説明は後付になる為に、見ているこちらの方がヒヤヒヤしてしまったものだ。そもそもが、保冷車を運転するアルロと云う登場人物が、摂氏10度で爆発すると云う「エルヴィス」を押し付けられたティムの下に、あの時間に居合わせていると云うのも何気に不自然だったりする。
そもそもが、偽物に移し変えると云う設定に於いても説明不足の感は否めない。ジェル状の危険物のその中身だけを、一体、どのようにして移し変えたのかと云う疑問には終始苛まれたもので、あの偽物の水色ジェルや容器は、一体、いつ何処で調達したものだったのかと云うオマケまでがついてしまう。摂氏10度と云う設定はそのままでも良いとして、可燃物体をジェルなどにはせずに、アリナミンAのようなカラフルな市販品でもごまかせてしまえる固形の錠剤にでもすれば良かったのである。摂氏10度に達すれば即溶解して爆発すると言った描写の方が曖昧な印象は少なく、すり替えると云う設定に於いても矛盾点は排除出来たはず。
監督のヒュー・ジョンソンは「白い嵐」「G.I.ジェーン」と云った話題作の撮影監督を務めていた人物だが、本作でもカーチェイスなどのアクション・シークエンスに於いては、そのスキルも充分に発揮されている。ただ、オスカー俳優のグッディン・ジュニアや個性派のスキート・ウールリッチを描き出した天真爛漫なシークエンスが、大陸規模の絶体絶命の危機を描くと云うシリアスな顛末には噛み合わず、空回りしていると云った印象。コミカルなダイアローグは大歓迎なのだが、絶体絶命の状況を寸での所で回避したと云う爽快感にも繋がるような伏線的な効果を得ていないのである。また、ハンス・ジマーとジョン・パウエルと云う著名な2人に加えて、クラウス・バデルトを始めとする4人の作曲家が関与するスコアだが、冒頭で描かれる釣り場のシークエンスように蛇足的な印象に終始するばかりで、トータルイメージにも欠けていると云った所。
ただ、DVDのメニュー画面は面白い。アイスを頬張るブリナーのカットを活かした茶目っ気に満ちたメニュー画面には爆笑させられた。米国と日本の宣材イラストを切り替える形で配したメインメニューの背景も良い。宣材のイラスト集と云った画面にいちいちジャンプする必要もなくなる訳だが、これはオーサリングのアイディアとしては、さり気なくも素晴らしいもの。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
ヒュー・ジョンソン
Hugh Johnson
ハンガー The Hunger (additional photographer)
白い嵐 White Squall (director of photography)
G.I.ジェーン G.I. Jane (director of photography)
製作
Produced by
ジェームズ・G・ロビンソン
James G. Robinson
王様と私 The King and I
ダークサマー The In Crowd
製作総指揮
Executive Producer
ビル・バナーマン
Bill Bannerman
パーフェクト・ワールド
 A Perfect World (second assistant director)
ジョナサン・A.ジンバート
Jonathan A. Zimbert
カナディアン・エクスプレス Narrow Margin
ダークサマー The In Crowd
脚本
Written by
ドリュー・ギトリン
Drew Gitlin
 
マイク・チェーダ
Mike Cheda
The Shape of Things to Come
撮影
Cinematography by
デイヴィッド・グリブル
David Gribble
ボディ・ターゲット Nowhere to Run
クエスト The Quest
編集
Edited by
パメラ・パワー
Pamela Power
ハンガー The Hunger
知らなすぎた男 The Man Who Knew Too Little
美術
Production Design by
ジェレミー・コンウェイ
Jeremy Conway
スティーブン・キングのゴールデン・イヤーズ
 Golden Years (tv)
アンカーウーマン Up Close & Personal
衣装デザイン
Costume Design by
デボラ・エヴァートン
Deborah Everton
アビス The Abyss
ハロウィンH20 Halloween H20: 20 Years Later
音楽
Music by
ハンス・ジマー
Hans Zimmer
プリンス・オブ・エジプト The Prince of Egypt
シン・レッド・ライン The Thin Red Line
ジョン・パウエル
John Powell
フェイス/オフ Face/Off
アンツ Antz
追加スコア
additional music
クラウス・バデルト
Klaus Badelt
プレッジ The Pledge
タイムマシン The Time Machine
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
キューバ・グッディング・Jr
Cuba Gooding Jr.
Arlo ザ・エージェント Jerry Maguire
奇蹟の輝き What Dreams May Come
ハーモニーベイの夜明け Instinct
スキート・ウールリッチ
Skeet Ulrich
Tim Mason スクリーム Scream
ニュートン・ボーイズ The Newton Boys
楽園をください Ride with the Devil
ピーター・ファース
Peter Firth
Colonel
Andrew Brynner
レッド・オクトーバーを追え! The Hunt for Red October
マイティ・ジョー Mighty Joe Young
デイヴィッド・ペイマー
David Paymer
Dr.
Richard Long
ザ・ハリケーン The Hurricane
ペイバック Payback
ハドソン・レイック
Hudson Leick
Vaughn エクスタシー・ワンス・モア 愛をもう一度…(未)
 Cold Heart
ダニエル・ヒュー・ケリー
Daniel Hugh Kelly
Colonel
Leo Vitelli
ダークサマー The In Crowd
ディフェンダー Guardian
ケヴィン・J.オコナー
Kevin J. O'Connor
Telstar ザ・グリード Deep Rising
ハムナプトラ 失われた砂漠の都 The Mummy
ジャドソン・ミルズ
Judson Mills
Dennis ゴッド・アンド・モンスター Gods and Monsters
マイティ・ジョー Mighty Joe Young
ジョーダン・モット
Jordan Mott
Carl ロー&オーダー Law & Order (tv)
ドゥエイン・マコプソン
Dwayne Macopson
Burke ロックダウン(未) Lockdown
ジム・グリムショー
Jim Grimshaw
Deputy Pappas ジャッカル The Jackal
ロリータ Lolita
ハーモニーベイの夜明け Instinct
スージー・ベース
Suzi Bass
Darlene フライド・グリーン・トマト Fried Green Tomatoes
いとこのビニー My Cousin Vinny
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.