Return To Top
Saw II
ソウ2 (2005) USA 93min.
Introduction 序盤アウトライン
刑事エリックは、手荒い捜査手法が問題視されて以来、数年間もの内勤業務を余儀なくされていたが、同僚の女刑事ケリーの呼び出しを受けたある日、その凄惨な殺人現場で彼を待ち受けていたのは、連続猟奇殺人鬼ジグソウが書き残していたエリックを名指しにする謎のメッセージだった。やがて、そのメッセージをヒントにジグソウのアジト突き止めたエリックは、SWATの精鋭と共に現場に直行するが、遂にその姿を表したジグソウから提示されたものは、息子のダニエルを含む8人の男女が秘密の屋内に監禁される姿を写し出す複数アングルのモニターだった。その屋内を汚染する神経ガスによって2時間後には8人全員が犠牲になると云う状況下、息子の救出に躍起になるエリックと冷酷無比な殺人者ジグソウの緊迫する心理戦が開始されるのだがーー
Various Note メモ
前作のクライマックスでその姿を表した謎の連続殺人鬼ジグソウが仕掛ける新たな罠に一人の刑事が翻弄されると云うシナリオだが、サプライズとも云える決定的モチーフが前作にリンクすると云う内容ながらも、前作の鑑賞も必須と云う訳ではなく、独立する作品としても充分に楽しめる。「全ての謎が解き明かされる」と云うコピーが踊るトレーラーながらも、現実には一切の謎も残さず整然と帰結されていた前作の内容を考慮すれば、本作の鑑賞が必須と云う事でもなくなる訳だが、その実この続編は、前作を楽しんだ方であれば存分に楽しめると云う絶妙な構成力と斬新なモチーフで仕上げられている。その完成度は、トーンダウンする事を通例とするシリーズものでは珍しいと云える程。
僅かに18日間での撮影だったと云うこの作品、キャストの面々がリハを行う余裕すらなくその殆どのカットがぶっつけ本番だったもので、それぞれに死体と化するような配役の面々も、その殆どがダブルなしでの自身で演じられていたものだった。決定的なネタバレになる為に敢えて名前は明かさないが、6日間の撮影日程だったと云うバスルームでのシーンで終始横たわる俳優Xについても、何と自身によって演じられていたものだったのである。ちなみに共同脚本も手掛ける主演のリー・ワネル(アダム)は、撮影が終了した後に不満を覚えたと云う幾つかのカットで自身のパフォーマンスによるカット差し替えも行っている。
監督のダレン・リン・バウズマンによって書き下ろされていた元々のシナリオは、"The Desperate"と云うタイトルの独立したミステリー作品だったもので、その内容のあまりの暴力性に映像化も躊躇されると云う経緯を辿っていたが、前作「ソウ」の大ヒットで続編の製作に踏み切ろうとしていた本プロジェクトの製作者たちがバウズマンにオファー、その「ソウ」の続編としてモチーフの変更が出来るかと云うリクエストを受けたバウズマンと前作の脚本を書き下ろしたリー・ワネル(製作総指揮も兼任)によって本作「ソウ2」のシナリオとして陽の目を見たものだった。
その監督のバウズマンは劇中にも登場している。サスペンス作品の掴みとしては近年稀に見るほどの緊張化だったと云えるあの冒頭シークエンスだが、麻酔によって意識のない被害者の眼底部位に「鍵」を埋め込むジグソウの姿が映し出されるモニターに映る人物は、トビン・ベルではなく監督のバウズマンだったもので、鍵を埋め込む仕草としてデッドアングルの中で実際に行っていたのは、何とジグソーパズルだったと云う。
その屋内での撮影も一つの建物内で済ませていたと云うプロダクションだが、前作では操り糸で動かしていたジグソウ人形も、その予算が大幅にアップした今回はメカ搭載による動力を使用、ジグソウのアジトへ踏み込むシークエンスではその緊張感に一役買っている。また、シャウニー・スミスが注射器のピットに転落するシークエンスでは、実に8万本だったと云う注射器の針をファイバー製の針と交換する作業に4人のスタッフが丸4日間を費やしている。ちなみに、クランクインした後も妊娠していた事を隠していたと云うシャウニー・スミスだが、ある日の昼食の際、彼女の幼い娘ヴァーヴが監督のバウズマンに何気なく打ち明けてしまったらしい。
主要キャスト以外には手渡されていなかったと云う終盤25ページ分のクライマックスのスクリプトだが、その秘密の守秘が徹底されていた事にも頷けるクライマックスには手放しで唸らされる。前作と同様、鑑賞し終えれば一寸の謎も残さず整然と終える物語だが、06年6月現在、全米ではポストプロダクションとして稼動中の続編"Saw III"への期待感も否応なしに高まる所。ちなみに、前作では「ジョン」と云うファーストネームだけが明かされるジグソウの正体だが、ガンの告知を受ける病院で「クレイマー」と云うファミリーネームが明かされる本作では、その「ジョン・クレイマー」と云うフルネームを披露。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
ダレン・リン・バウズマン
Darren Lynn Bousman
Butterfly Dreams (2000)
Identity Lost (2001)
製作
Produced by
マーク・バーグ
Mark Burg
ブラック AND ホワイト Black and White
ロックダウン(未) Lockdown
ジョンQ 最後の決断 John Q
ソウ Saw
オーレン・クールズ
Oren Koules
グレッグ・ホフマン
Gregg Hoffman
ジャングル・ジョージ2 George of the Jungle 2(ov)
ソウ Saw
製作総指揮
Executive Producer
ジェームズ・ワン
James Wan
Stygian (2000)
Saw (2003)
ソウ Saw
Silence (2006)
リー・ワネル
Leigh Whannell
* 共同脚本も兼任/前作では脚本と出演を兼任
ソウ Saw
ピーター・ブロック
Peter Block
ジーパーズ 恐怖の都市伝説(未) Monster Man
真珠の耳飾りの少女 Girl with a Pearl Earring
ウルフマン リターンズ Ginger Snaps: Unleashed
ビヨンド the シー 夢見るように歌えば
 Beyond the Sea
ソウ Saw
ジェイソン・コンスタンティン
Jason Constantine
ステイシー・テストロ
Stacey Testro
ソウ Saw
脚本
Written by
ダレン・リン・バウズマン
Darren Lynn Bousman
* 監督も兼任
リー・ワネル
Leigh Whannell
* 製作総指揮も兼任
ソウ Saw
撮影
Cinematography by
デイヴィッド・A.アームストロング
David A. Armstrong
ソウ Saw
編集
Edited by
ケヴィン・グルタート
Kevin Greutert
タイタニック Titanic (assistant editor)
アルマゲドン Armageddon (assistant editor)
ドニー・ダーコ Donnie Darko (first assistant editor)
ソウ Saw
美術
Production Design by
デイヴィッド・ハックル
David Hackl
Jerry and Tom (1998)
Zebra Lounge (2001) (tv)
The Riverman (2004) (tv)
衣装デザイン
Costume Design by
アレックス・カヴァナー
Alex Kavanagh
NOTHING ナッシング Nothing
ウルフマン(未)
 Ginger Snaps Back: The Beginning
ランド・オブ・ザ・デッド Land of the Dead
音楽
Music by
チャーリー・クロウザー
Charlie Clouser
エンド・オブ・デイズ
 End of Days (song "Superbeast")
MOOG モーグ Moog(出演)
ソウ Saw
挿入曲
Various Music
Irresponsible Hate Anthem (Venus Head Trap Mix) - Marilyn Manson
Sound Effects and Over Dramatics - The Used
Forget To Remember - Mudvayne
September - Bloodsimple
Blood (Empty Promises) - Papa Roach
REV 22:20 (Rev 4:20 Mix) - Puscifer
Pieces - Sevendust
Rodent (Ken 'Hiwatt' Marshall remix/ DDT mix) - Skinny Puppy
Burn The Witch (Unkle Variation) - Gueens of the Stone Age
Holy - A Band Called Pain
Three Fingers - Buckethead & Friends w/Saul Williams
Home Invasion Robbery - The Legion of Doom
Caliente (Dark Entries) - Revolting Cocks
- featuring Gibby Haynes (Butthole Surfers) & Al Jouggensen (Ministry)
Step Up - Opiate for the Masses
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
トビン・ベル
Tobin Bell
Jigsaw ジャック・ルビー Ruby
ザ・ファーム 法律事務所 The Firm
ザ・シークレット・サービス In the Line of Fire
ソウ Saw
ショウニー・スミス
Shawnee Smith
Amanda 逃亡者 Desperate Hours
リービング・ラスベガス Leaving Las Vegas
アルマゲドン Armageddon
ソウ Saw
ドニー・ウォールバーグ
Donnie Wahlberg
Eric Matthews 身代金 Ransom
シックス・センス The Sixth Sense
バンド・オブ・ブラザース Band of Brothers (tv)
ドリームキャッチャー Dreamcatcher
エリック・ヌドセン
Erik Knudsen
Daniel Matthews ダークサイド(未) Tribulation
ダーク・インフェルノ Blackout (tv)
レスリー・ニールセン 裸のサンタクロース Santa Who? (tv)
フランキー・G
Franky G
Xavier ワンダーランド Wonderland
コンフィデンス Confidence
ミニミニ大作戦 The Italian Job
グレン・プラマー
Glenn Plummer
Jonas スピード Speed
ショーガール Showgirls
アンカーウーマン Up Close & Personal
シェイド Shade
デイ・アフター・トゥモロー The Day After Tomorrow
エマニュエル・ヴォージア
Emmanuelle Vaugier
Addison マインドストーム(未) Mindstorm
恋する40days 40 Days and 40 Nights
ウォルター少年と、夏の休日 Secondhand Lions
ビヴァリー・ミッチェル
Beverley Mitchell
Laura フランク・シナトラ ザ・グレイテスト・ストーリー
 Sinatra (tv)
レーシング・エンジェルズ Right on Track (tv)
ティム・バード
Tim Burd
Obi ベル(未) Murder by Phone
ヒマラヤ杉に降る雪 Snow Falling on Cedars
グリッター きらめきの向こうに Glitter
ディナ・メイヤー
Dina Meyer
Kerry ドラゴンハート Dragonheart
スターシップ・トゥルーパーズ Starship Troopers
D-TOX D-Tox
ソウ Saw
リリク・ベント
Lyriq Bent
Rigg ケイブマン The Caveman's Valentine
ダンス・レボリューション(未) Honey
フォー・ブラザーズ 狼たちの誓い Four Brothers
ノーム・ジェンキンス
Noam Jenkins
Michael ジョンQ 最後の決断 John Q
LUCK ラック(未) Luck
ワイズ・ガールズ(未) WiseGirls
トニー・ナッポ
Tony Nappo
Gus ホワイトハウスの陰謀 Murder at 1600
ノックアラウンド・ガイズ Knockaround Guys
ランド・オブ・ザ・デッド Land of the Dead
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.