Return To Top
Saw
ソウ (2004) USA 103min.
Introduction 序盤アウトライン
そこは暗闇の中だった。水の浸されたバスタブの中で目を覚ましたアダムは、その空間の片隅で囁く男ゴードンと共に困惑する事だけを余儀なくされていたが、やがて、スイッチのある事に気付いたゴードンによってその薄汚いバスルームが蛍光灯で照らし出される中、平行に向き合う壁面でそれぞれの自由を奪われていたアダムとゴードンが目の当たりにしたものは、部屋の中央に放置された拳銃で頭を撃ち抜かれていた男の自殺死体だった。間もなくして着衣のポケットに忍ばせられていたマイクロテープの存在に気付いた2人は、死体が握り締めていたテープレコーダーでそのメッセージに聞き入るが、その内容は、部屋に設置されていた新品の時計が指し示すあと数時間後にまで迫っていた6時の時刻までにゴードンがアダムを殺害しなければ、人質にしていると云うゴードンの妻子を殺害すると云う犯人からの猟奇的なメッセージだったーー
Various Note メモ
接点もないように思われる2人の男が監禁される中、その犯人であるジグソウと呼ばれる薀蓄を垂れながら殺人を繰り返す連続猟奇殺人犯と、そのジグソウに私怨を抱く元刑事が入り乱れる形で劇的なクライマックスに向うと云うシナリオ。その鑑賞以前には、宣材やトレーラーを見た際の漠然とした印象として不条理なモチーフの交錯する「キューブ」のようなミステリーを想像させられていたが、その実、劇中で展開するドラマは、一切の疑問点も残さぬ整然とした正攻法ミステリーと云った所。遊び心にも満ちたスタイリッシュなカット編集など、そのオドロオドロシイばかりの宣材などからは想像も出来ぬスマートな演出アプローチにも驚かされたが、あからさまに続編へと繋げる形でその結末を先送りにしてしまうと云う苛立ちも覚えるシナリオながらも、その捻りにも富んだモチーフの展開は一級品で、最後の最後まで屈託なく楽しめる。
僅かに18日間での撮影だったと云うこの作品、キャストの面々がリハを行う余裕すらなくその殆どのカットがぶっつけ本番だったもので、それぞれに死体と化するような配役の面々も、その殆どがダブルなしでの自身で演じられていたものだった。決定的なネタバレになる為に敢えて名前は明かさないが、6日間の撮影日程だったと云うバスルームでのシーンで終始横たわる俳優Xについても、何と自身によって演じられていたものだったのである。ちなみに共同脚本も手掛ける主演のリー・ワネル(アダム)は、撮影が終了した後に不満を覚えたと云う幾つかのカットで自身のパフォーマンスによるカット差し替えも行っている。
当初はオリジナルビデオ作品としてのリリースを考慮されながらも、数度に亘る試写を経て劇場公開作品としての製作に踏み切られ、サンダンスで陽の目を見た事から巷の話題を独占したと云う経緯を辿った作品だが、そのサンダンスで公開されたヴァージョンがMPAAによってNC-17に該当するとされた監督のワンは、アマンダ役のシャウニー・スミスが臓器と対峙するカットでのヴィヴィッドなカラーコントラストなども和らげ、ショッキングな音響サウンドにも修正を加える事でその劇場公開版でのレイティングをRレベルにまで引き下げている。余談だが、作品の大ヒットなど確信出来ずにいながらも、定額のサラリーではなく売り上げにリンクする歩合制でのギャラを選択したと云う監督のワンだが、後にその選択もギャンブル的な感覚だった事を認めている。正に結果大オーライと云った所か。
ジグソウの潜伏先を突き止める手掛かりとして登場する"Stygian Street"と云う通りの名前だが、この"Stygian"と云う名前は、ジェームズ・ワンの監督デビュー作となった豪州映画のタイトルから引用されたもので、本作では共同脚本も手掛ける主演のリー・ワネルも出演していた。元々がワネルの脚本とワンの演出だった03年の短篇作品"Saw"をモチーフにする本作のシナリオだが、劇場長編として甦ったこの作品では、さまざまなファンを惹き付ける幾つかのオマージュも見受けられる。バスルームの便器に手を挿入するアダムの姿を捉えたカットはダニー・ボイルの監督作品「トレインスポッティング」を踏襲するもので、皮製の黒手袋をするジグソウの手を強調するカットやあの不気味な人形は、云うまでもなく60年代終盤の「歓びの毒牙」から「わたしは目撃者」や「4匹の蝿」と云った70年代の一連のジャーロ作品(イタリア製のサスペンス映画)で名を上げていた頃のダリオ・アルジェントに捧げられたものである。ちなみに、75年のアルジェント監督作品"Profondo Rosso"(邦題は「サスペリアPART2」)に登場するゼンマイ仕掛けのチャイルド人形を彷彿とさせる本作のジグソウ人形は、既製品を調達したものなどではなく、その全てがスタッフによって制作されたオリジナルの人形だったらしい。
その数多くの出演作では、サメのような淀んだ視線と不気味なパフォーマンスで決まって強烈な印象を残しながらも、その出演カットの少なさも相俟って脇役のカテゴリーから脱却出来ずにいたトビン・ベルだが、このシリーズではようやく陽の目を見たと云った所。その登場カットも相変わらず少ない本作での出演ながらも、ジグソウと云うサスペンス・ホラー史にも残る代名詞を与えられた彼のポテンシャルが炸裂する次回作には、否応なしにもその期待感は高まっていたが、ちなみに、翌年に公開された続編「ソウ2」は、本作が封切られた第一週目の週末にしてその製作が決定されたものだった。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
ジェームズ・ワン
James Wan
* 共同原案を考案
Stygian (2000)
Saw (2003)
Silence (2006)
製作
Produced by
マーク・バーグ
Mark Burg
ブラック AND ホワイト Black and White
ロックダウン(未) Lockdown
ジョンQ 最後の決断 John Q
ソウ2 Saw II
オーレン・クールズ
Oren Koules
グレッグ・ホフマン
Gregg Hoffman
ジャングル・ジョージ2 George of the Jungle 2(ov)
ソウ2 Saw II
製作総指揮
Executive Producer
ピーター・ブロック
Peter Block
ジーパーズ 恐怖の都市伝説(未) Monster Man
真珠の耳飾りの少女 Girl with a Pearl Earring
ウルフマン リターンズ Ginger Snaps: Unleashed
ビヨンド the シー 夢見るように歌えば
 Beyond the Sea
ソウ2 Saw II
ジェイソン・コンスタンティン
Jason Constantine
ステイシー・テストロ
Stacey Testro
ソウ2 Saw II
原案
Story by
ジェームズ・ワン
James Wan
* 監督も兼任
リー・ワネル
Leigh Whannell
* 脚本/出演も兼任
脚本
Screenplay by
リー・ワネル
Leigh Whannell
* 原案/出演も兼任
Saw (2003)
ソウ2 Saw II
Silence (2006)
撮影
Cinematography by
デイヴィッド・A.アームストロング
David A. Armstrong
ソウ2 Saw II
編集
Edited by
ケヴィン・グルタート
Kevin Greutert
タイタニック Titanic (assistant editor)
アルマゲドン Armageddon (assistant editor)
ドニー・ダーコ Donnie Darko (first assistant editor)
ソウ2 Saw II
美術
Production Design by
ジュリー・バーゴフ
Julie Berghoff
Underground (2003)
Five Fingers (2006)
Silence (2006)
衣装デザイン
Costume Design by
ジェニファー・ソウレジス
Jennifer Soulages
ベートーベン5 Beethoven's 5th(ov)
音楽
Music by
チャーリー・クロウザー
Charlie Clouser
エンド・オブ・デイズ
 End of Days (song "Superbeast")
MOOG モーグ Moog(出演)
挿入曲
Various Music
You Make Me Feel So Dead - Pitbull Daycare
Bite The Hand That Bleeds - Fear Factory
Stürm - Front Line Assembly
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
リー・ワネル
Leigh Whannell
Adam * 原案/脚本も兼任
Stygian (2000)
The Referees (2003)
Saw (2003)
ケイリー・エルウィズ
Cary Elwes
Dr.
Lawrence Gordon
ドラキュラ Dracula
ライアー ライアー Liar Liar
クレイドル・ウィル・ロック Cradle Will Rock
シャドウ・オブ・ヴァンパイア Shadow of the Vampire
ブロンドと柩の謎 The Cat's Meow
ダニー・グローヴァー
Danny Glover
Detective
David Tapp
プレデター2 Predator 2
レインメーカー The Rainmaker
リーサル・ウェポン4 Lethal Weapon 4
ザ・ロイヤル・テネンバウムズ The Royal Tenenbaums
マンダレイ Manderlay
ケン・レオン
Ken Leung
Detective
Steven Sing
スパイ・ゲーム Spy Game
レッド・ドラゴン Red Dragon
インサイド・マン Inside Man
ディナ・メイヤー
Dina Meyer
Kerry ドラゴンハート Dragonheart
スターシップ・トゥルーパーズ Starship Troopers
D-TOX D-Tox
マイク・バターズ
Mike Butters
Paul ダンテズ・ピーク Dante's Peak
タイタニック Titanic
アメリカ,家族のいる風景 Don't Come Knocking
ポール・ガトレクト
Paul Gutrecht
Mark バフィー 恋する十字架 Buffy the Vampire Slayer (tv)
コーリング Dragonfly
名探偵モンク Monk (tv)
マイケル・エマーソン
Michael Emerson
Zep Hindle ラブ・オブ・ザ・ゲーム For Love of the Game
運命の女 Unfaithful
レジェンド・オブ・ゾロ The Legend of Zorro
ベニート・マルティネス
Benito Martinez
Brett アウトブレイク Outbreak
ミ・ファミリア My Family
ミリオンダラー・ベイビー Million Dollar Baby
ショウニー・スミス
Shawnee Smith
Amanda 逃亡者 Desperate Hours
リービング・ラスベガス Leaving Las Vegas
アルマゲドン Armageddon
マッケンジー・ヴェガ
Makenzie Vega
Diana Gordon 天使のくれた時間 The Family Man
シン・シティ Sin City
X-MEN ファイナル ディシジョン X-Men: The Last Stand
モニカ・ポッター
Monica Potter
Alison Gordon パッチ・アダムス Patch Adams
クール・ドライ・プレイス A Cool, Dry Place
スパイダー Along Came a Spider
ネッド・ベラミー
Ned Bellamy
Jeff コン・エアー Con Air
エド・ウッド Ed Wood
マルコヴィッチの穴 Being John Malkovich
ニューオーリンズ・トライアル Runaway Jury
アレクサンドラ・チュン
Alexandra Chun
Carla エグゼクティブ・コマンド(未) Strategic Command
マーローを捜せ!(未) Where's Marlowe?
ALI アリ Ali
アヴナー・ガルビ
Avner Garbi
Father 刑事コロンボ'90 予期せぬシナリオ
 Columbo: Murder, Smoke and Shadows (tv)
トビン・ベル
Tobin Bell
John ジャック・ルビー Ruby
ザ・ファーム 法律事務所 The Firm
ザ・シークレット・サービス In the Line of Fire
ローラ・マリー・グスタフソン
Laura Marie Gustafson
Girl
(uncredited)
* ノークレジット
サイン Signs
デッドコースター Final Destination 2
宇宙戦争 War of the Worlds
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.