Return To Top
The Saint
セイント (1997) USA 116min.
Introduction 序盤アウトライン
香港の孤児院。人並み外れた知性と器用さを持ち合わせていたサイモンは、執拗な仕打ちを繰り返すサディスティックな院長から逃れるべく脱走を敢行するが、その追撃を逃れる際、初恋の少女が巻き添えになる形で階上から転落死すると云う場面を目の当たりにしてしまう。その強烈なトラウマを引きずりながらも、犯罪の世界で頭角を表わしたサイモンは「セイント」と呼ばれる怪盗としてその名を世界に轟かせるまでの存在になっていた。ある頃、エネルギー危機に瀕するロシアで、帝政ロシアを復活し独裁者として君臨しようと企む石油王イワン・トレティアックの金庫からマイクロチップを奪ったサイモンだったが、数日後、スパイダーと名乗る商談相手が指定する取引場所に向った彼を待ち受けていたのは、マイクロチップを強奪されサイモンに恨みを持つはずのトレティアック一族だったーー
Various Note メモ
(注意:以下、ネタバレ含む)

最終カットで流されるラジオ・アナウンサーの声は、第三代目ボンドとして知られるロジャー・ムーアによるものだが、周知の通り、62年から68年まで続いた人気TVシリーズ「セイント天国野郎」の主役を演じていたのは、ボンドとしてブレークする以前のムーアである。レズリー・チャータリスの冒険小説から誕生した「セイント」は、その映像化も50年代まで遡るものだが、実は、80年代にも水面下での映像化の企画が一つだけ存在していた。それは、TVシリーズでの主役だったムーアが製作を担当し、後のMGM/UAシリーズでは第五代目ボンドに抜擢されるピアース・ブロスナンがセイントを演じると云う企画だったが、プロダクションが発足する事もなく話は消滅している。
滑稽なヒーロー路線かと思いきや、抑制の効いたヒロイズムと共に厭らしさのない純愛が描き出された好印象の作品である。スポンサーは米国ながらも、その多国籍スタッフによる作風は007のような印象も受けるが、露骨な恋心も露にするキャラとなるキルマーと健気な魅力を振りまくエリザベス・シューの関係を真正面から捉えた恋愛活劇的な様相は、恋愛モチーフを強調する事はない007シリーズとは一線を画するものである。メル・ギブソンやレイフ・ファインズもリストアップされていたと云うセイント役だが、ニヒルなキャラクターだったバットマンでは気負いすぎの為に硬さも見受けられたキルマーも、ここでは潜在的なポテンシャルも存分に発揮。
また、類稀なる頭脳を持ち合わせながらも大人としての脱皮を果せずにいると云うキャラクターに健気で可憐な魅力を注入したエリザベス・シューも好演を披露。「リービング・ラスベガス」から間もなくの登場と云う事もあり、その正統派ヒロインとしての配役には不安も過ぎっていたが、いざ蓋を開ければ、畑は変われど独壇場の存在感と云った所。色気を振りまいてのアピールは御法度と云ったここでのキャラクターの場合、コメディエンヌではこのシナリオが成立する訳もなく、頼りなさげな可憐なタイプでは作品には映えず、逆に気丈過ぎるタイプでは不自然に映ってしまう。一皮も二皮も剥けた「リービング・ラスベガス」や「トリガー・エフェクト(未)」を経たにも拘らずフレッシュなヒロインに回帰出来るあたりは流石と云った所。
ロシア人にとっては微妙なシナリオだと思うが、その顛末は大いに楽しめる。ただ、悪玉のトレティアック一族には、勧善懲悪を納得させるだけの凄みが足りなかったような気もする所で、あのTRFのサムにも似たトレティアックの息子イリヤなどは、用心棒としての立ち回りに躍動的な切れはあるものの、基本的には強面の凄みがない。ダンスインストラクターの優しいお兄さんと云った感じなのだ。むしろ、トレティアックの武装警備員としてワンカットに顔を出すラヴィル・イシアノフ、「007ゴールデンアイ」や後の「ジャッカル」「K-19」などにも登場する俳優だが、ロバート・カーライル的な異常性も発揮出来そうな彼などは、凶暴な息子役に適任だったと云える。また、一寸程度に感じた事と云えば、トレティアックの信用が失墜するクライマックス、トレティアックが邸宅地下に石油を隠し持っていたと云う国民にとっての決定的な背徳行為は、失脚しかけた大統領が大衆の面前で暴露すべきモチーフである。充分な盛り上がりも見せる感動的なクライマックスなのだが、あの光のイリュージョン的な立ち回りだけでは、やや腑に落ちないと云った印象も残る。後のニュースで報道される訳だが、あの時点での大統領の裁量は不明瞭なままと云った所。
クライマックスの終了後に登場するオチも、長時間ながら活き活きとしているもので、続けてロジャー・ムーアの声が聞けると云うのも嬉しい。掴みとなる第一作目としては充分な面白さだっただけに、シリーズ化へ向けての試金石となるはずだった第二作目が観たかった所。製作の話はもう無いのだろうか。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
フィリップ・ノイス
Phillip Noyce
パトリオット・ゲーム Patriot Games
今そこにある危機 Clear and Present Danger
ボーン・コレクター The Bone Collector
製作
Produced by
デイヴィッド・ブラウン
David Brown
ザ・プレーヤー The Player
ア・フュー・グッドメン A Few Good Men
ロバート・エヴァンス
Robert Evans
黄昏のチャイナタウン The Two Jakes
硝子の塔 Sliver
ウィリアム・J.マクドナルド
William J. MacDonald
硝子の塔 Sliver
ジェイド(未) Jade
メイス・ニューフェルド
Mace Neufeld
レッド・オクトーバーを追え!
 The Hunt for Red October
今そこにある危機 Clear and Present Danger
製作総指揮
Executive Producers
ポール・ヒッチコック
Paul Hitchcock
ファイヤーフォックス Firefox
ミッション:インポッシブル Mission: Impossible
ロバート・S.ベイカー
Robert S. Baker
生きていた吸血鬼 Blood of the Vampire
海賊島の秘密 The Treasure of Monte Cristo
原案
Story by
ジョナサン・ヘンズリー
Jonathan Hensleigh
* 脚本も兼任
脚本
Screenplay by
ジョナサン・ヘンズリー
Jonathan Hensleigh
ダイ・ハード3 Die Hard: With a Vengeance
ジュマンジ Jumanji
ウェズリー・ストリック
Wesley Strick
愛という名の疑惑 Final Analysis
ウルフ Wolf
撮影
Cinematography by
フィル・メヒュー
Phil Meheux
ノー・エスケイプ No Escape
007 ゴールデンアイ GoldenEye
編集
Edited by
テリー・ローリングス
Terry Rawlings
ノー・エスケイプ No Escape
007 ゴールデンアイ GoldenEye
美術
Production Design by
ジョセフ・ネメック
Joseph Nemec
シャドー The Shadow
ツイスター Twister
衣装デザイン
Costume Design
マーリーン・スチュワート
Marlene Stewart
トゥルーライズ True Lies
X-ファイル ザ・ムービー The X Files
音楽
Music by
グレーム・レヴェル
Graeme Revell
チャイニーズ・ボックス Chinese Box
スポーン Spawn
挿入曲
Various Music
The Saint Theme - Orbital
6 Underground (Nellee Hooper Edit) - Sneaker Pimps
Oil 1 - Moby
Atom Bomb - Fluke
Roses Fade (Mojo Mix) - Luscious Jackson
Setting Sun (Instrumental) - The Chemical Brothers
Pearl's Girl - Underworld
Out Of My Mind - Duran Duran
Da Funk - Daft Punk
Dead Man Walking - David Bowie
Polaroid Millenium - Superior
A Dream Within A Dream - Dreadzone
In The Absence Of Sun - Duncan Sheik
Before Today - Everything But The Girl
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ヴァル・キルマー
Val Kilmer
Simon Templar ヒート Heat
バットマン・フォーエヴァー Batman Forever
ゴースト&ダークネス The Ghost and the Darkness
エリザベス・シュー
Elisabeth Shue
Dr. Emma Russell リービング・ラスベガス Leaving Las Vegas
地球は女で回ってる Deconstructing Harry
レイド・セルベッジア
Rade Serbedzija
Ivan Tretiak 遙かなる帰郷 La Tregua
自由な女神たち Polish Wedding
ヴァレリー・ニコラエフ
Valeri Nikolayev
Ilya Tretiak アイス・プラネット Ice Planet
ターミナル The Terminal
ヘンリー・グッドマン
Henry Goodman
Dr. Lev Botvin プライベート・パーツ Private Parts
ノッティングヒルの恋人 Notting Hill
アラン・アームストロング
Alun Armstrong
Inspector Teal パトリオット・ゲーム Patriot Games
ブレイブハート Braveheart
マイケル・バーン
Michael Byrne
Vereshagin,
Tretiak's Aide
ネオナチへの潜入 あるジャーナリストの闘い
 The Infiltrator (tv)
ギャング・オブ・ニューヨーク Gangs of New York
エフゲニー・ラザレフ
Yevgeni Lazarev
President Karpov トータル・フィアーズ The Sum of All Fears
おまけつき新婚生活 Duplex
イリーナ・アペクシモーヴァ
Irina Apeksimova
Frankie ムムー Mu-Mu
レヴ・プリグノフ
Lev Prygunov
General Sklarov トータル・フィアーズ The Sum of All Fears
K-19 K-19: The Widowmaker
シャーロット・コーンウェル
Charlotte Cornwell
Inspector
Rabineau
ホワイトハンター ブラックハート
 White Hunter Black Heart
ロシア・ハウス The Russia House
トミー・フラナガン
Tommy Flanagan
Scarface ブレイブハート Braveheart
ゲーム The Game
ピーター・ギネス
Peter Guinness
Frankie's Curator エイリアン3 Alien³
スリーピー・ホロウ Sleepy Hollow
ロジャー・ムーア
Roger Moore
Voice on Car Radio
(voice)
クエスト The Quest
スパイス・ザ・ムービー Spice World
エイリアス 2重スパイの女 Alias (tv)
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.