Return To Top
Le hasard et la violence
潮騒 (1974) Italy / France 83min.
Introduction 序盤アウトライン
冤罪により一年間の投獄生活を経験して以来、犯罪心理学の研究に勤しんで来たローラン・ベルマンは、偶然と暴力についてを書き綴った処女作に続く作品を書き上げようと、自身の思い出も残す海岸線の田舎町に足を運んでいた。しばらくは落ち着けずにいたベルマンだったが、ある日、得体の知れぬ若者による理由なき暴力で捻挫傷を負わされてしまった事をきっかけに、美しい女医コンスタンスとの運命の出会いを果す。コンスタンスは、この地を訪れようとしていたベルマンが道中での寝台車の中で見掛けて以来、心惹かれていた女性だった。やがて、彼女との情熱的な愛情を交わす事で至福の時間を過ごすベルマンだったが、そんな中、ある思惑を抱いていた彼が向った先は、冤罪による辛酸を舐めさせられた場所、年間に数十人が自殺を図ると云う劣悪な環境の拘置所だったーー
Various Note メモ
偶然見掛けた女性との運命の出会いを経て情熱に身を委ねる主人公の視点から描き出されたモチーフが何より美しい映像だが、ここでのテーマは、原題タイトルにも示された「偶然と暴力」の解釈である。シナリオを書き下ろした監督のラブロとヴィンチェンゾ・ラベラによる解釈については、中盤で射殺される暴漢の遺体を前に提示されるダイアローグによって、その断片もほぼ明確に示されているもので、必然的とも云える偶然の結果が因果応報の哲学にリンクすると云う解釈で由とするならば、冤罪により一年間拘置されていたと云うベルマン(イヴ・モンタン)と同じ拘置部屋に拘置されていた刑事被告人(もしくは死刑囚)が、ベルマンによって拳銃まで貸与された上に解放されると云う伏線的モチーフによって、あのベルマン自らが死を招くと云う悲劇のクライマックスが生み出されていたと云う事になる。
ただ、そのテーマの解釈がどうであれ、この顛末には遣る瀬無さを覚えるしかないと云った所。人が死に直面すと云う光景に慣れる事が出来ない為に「愛」が欲しかったと云う女医のコンスタンス(キャサリン・ロス)だが、娘共々健気に生きようとするも自殺した妻の幻影に苛む彼女の兄、逝去する老医師とその息子の悲しみを捉えたカットなど、彼女がクライマックスの衝撃と向き合う事についての伏線として描き出されていたとも思える数々のモチーフの提示も、展開の予兆に過ぎずと云った印象に留まるもので、その唐突な衝撃を軽減出来るようなものでもない。叙情的な美しい台詞や映像と共に綴られる実にヘヴィーな顛末なのである。
暴漢として登場するあのヘナチョコカンフーの男だが、このシリアスなシナリオにしてあのキャラクターと云う事実を目の当たりにすれば、製作公開当時の73-74年、ブルース・リーの「燃えよドラゴン」と云う作品の影響力が、如何なるものだったのかが伺える。
冒頭から炸裂するミシェル・コロンビエによるシャープなスコアが、とにかく素晴らしい。単なる編集作業で貼り付けられたものではなく、それぞれのシークエンスにも完璧にリンクさせるべく、ブースでの録音が行われていたようにも思える楽曲群だが、これは、サントラなどで個別に鑑賞しても、かなりのインパクトがあったはず。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
フィリップ・ラブロ
Philippe Labro
刑事キャレラ 10+1の追撃 Sans mobile apparent
相続人 L'Héritier
製作
Produced by
ジャック・エリック・ストラウス
Jacques-Eric Strauss
刑事キャレラ 10+1の追撃 Sans mobile apparent
相続人 L'Héritier
原案
Story by
フィリップ・ラブロ
Philippe Labro
* 脚本と監督も兼任
ヴィンチェンゾ・ラベラ
Vincenzo Labella
* 脚本も兼任
脚本
Screenplay by
フィリップ・ラブロ
Philippe Labro
刑事キャレラ 10+1の追撃 Sans mobile apparent
相続人 L'Héritier
ヴィンチェンゾ・ラベラ
Vincenzo Labella
ジャック・ランツマン
Jacques Lanzmann
撮影
Cinematography by
アンドレ・ドマージュ
André Domage
ホースメン The Horsemen
密室の渇き Contrainte par corps
編集
Edited by
ティエリー・デロクル
Thierry Derocles
フォート・サガン Fort Saganne
インド夜想曲 Nocturne indien
美術
Production Design by
ベルナール・エヴァン
Bernard Evein
シベールの日曜日
 Cybèle ou les dimanches de ville d'Avray
ロシュフォールの恋人たち
 Les Demoiselles de Rochefort
音楽
Music by
ミシェル・コロンビエ
Michel Colombier
地球爆破作戦 Colossus: The Forbin Project
リスボン特急 Un flic
相続人 L'Héritier
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
イヴ・モンタン
Yves Montand
Laurent Bermann 恐怖の報酬 Le salaire de la peur
恋をしましょう Let's Make Love
仁義 Le cercle rouge
夕なぎ César et Rosalie
キャサリン・ロス
Katharine Ross
Docteur
Constance Weber
卒業 The Graduate
夕陽に向って走れ Tell Them Willie Boy Is Here
明日に向って撃て!
 Butch Cassidy and the Sundance Kid
愛のさざなみ Fools
カトリーヌ・アレグレ
Catherine Allégret
La femme
de l'agence
恋人たちのメロディー Smic Smac Smoc
ラストタンゴ・イン・パリ Ultimo tango a Parigi
燃えつきた納屋 Les granges brulées
アントニオ・カサグランデ
Antonio Casagrande
unknown 夜は盗みのために La notte è fatta per... rubare
リカルド・クッチョーラ
Riccardo Cucciolla
Dr. Puget 死刑台のメロディ Sacco e Vanzetti
リスボン特急 Un flic
ジャン・クロード・ドーファン
Jean-Claude Dauphin
Claude Puget 危険旅行 Les Suspects
存在の耐えられない軽さ
 The Unbearable Lightness of Being
マッシモ・デ・ロッシ
Massimo De Rossi
unknown シャンドライの恋 Besieged
年下のひと Les enfants du siècle
ピエール・ドミニク
Pierre Dominique
unknown 刑事キャレラ 10+1の追撃 Sans mobile apparent
相続人 L'Héritier
セルジオ・ファントーニ
Sergio Fantoni
unknown 要塞 Hornets' Nest
死刑台のメロディ Sacco e Vanzetti
リッカルド・マンガーノ
Riccardo Mangano
unknown 黒い警察 La Polizia ringrazia
旅路 Il Viaggio
ルネ・モラール
René Morard
L'homme
sur la plage
コニャックの男 Les Mariés de l'an II
フレンチ・コップス Les Ripoux
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.