Return To Top
Jaws
JAWS ジョーズ (1975) USA 124min.
Introduction 序盤アウトライン
海開きを翌月に控えた海水浴場アミティ。浜辺にたむろする若者グループの一人、女子大生クリッシーが沖に出たままその消息を絶ってしまう。翌朝、電話連絡を受けたアミティの警察署長ブロディが浜辺に急行、彼が見たものは無残にも断片化した人間の遺体だった。巨大ザメの襲撃と云う懸念を抱き、遊泳禁止の看板を立てようとしたブロディだったが、観光収入の減収を懸念する市長の圧力により却下される。そんな最中、第二の事件が発生、犠牲者となった少年の母親が提示した懸賞金に群がるハンターたちの手によって4メートル級のトラ鮫が仕留められるが、その内蔵から人間の肉片を発見する事は出来なかった。やがて、事態の収拾も付かぬままに、海開きを迎えてしまうのだがーー
Various Note メモ
クイント役のキャスティングについては、リー・マーヴィンの辞退を経てスターリング・ヘイデンにオファーが出されていたが、国税庁から税金の未払いで摘発されていたヘイデンは、俳優として得た全ての収入を未納税金として国税庁に収める必要があった為に、スピルバーグはヘイデンの為に節税対策も考えていた。それは、俳優稼業以外にも作家としてのキャリアを併せ持つヘイデンをストーリー構成の担当者兼任の出演者としてプロダクションに招き入れると云うものだった。作家としての収入は全額納入の必要が無かったためである。組合の定める最低限の金額を出演者ギャラとして支払えば、作家としてのヘイデンに支払うギャラと出演者として支払う小額のギャラとの巨額の相殺額がそのままヘイデンの実収入になると云う算段である。しかし、国税庁はお見通しだったと云う事でヘイデンへのオファーを断念、暗礁に乗り上げかけていたクイント役は、ジョン・ヴォイトの辞退を経てロバート・ショーに移行している。しかし、そのロバート・ショーも国税庁の監視下に晒された為に、作品の完成後には一時的な国外退去を余儀なくされていた。
ラテン語では5番目と云う意味を持つ「クイント」と云う単語だが、それはクイントがシナリオに於ける5番目の犠牲である事を示唆する為に引用された名前だったと云う。
ブロディ所長役にはチャールトン・ヘストン、また、海洋学者フーパーには、ジェフ・ブリッジス、ティモシー・ボトムス、ジャン・マイケル・ヴィンセントらの名前がリストアップされていた。また、ロバート・レッドフォード、ポール・ニューマン、そしてスティーヴ・マックイーンらの起用を希望していたと云う原作著者のピーター・ベンチリー(脚色も兼任)だが、レッドフォードとニューマンだけならまだしも、ロバート・ショーまでが一同に会してしまえば洒落にもならなかった所。
マサチューセッツの"Martha's Vineyard"で行われたアミティビーチのロケだが、大勢のエキストラ達が悲鳴を上げながら走り回ると云う事を気遣って、地元居住者にはそれぞれ64ドルが支払われている。その観光地"Martha's Vineyard"だが、作品の公開以前は期間トータルで約5千人程度だったと云う観光客も、その公開後には、約1万5千人にまで膨れ上がっていたと云う。
若者がたむろする冒頭シーンで、クラリネットを吹いているのはスピルバーグである。また、スピルバーグが私生活で飼っていた愛犬がブロディの愛犬として登場。
オリジナル脚本では、クイントは溺死と云う末路を迎えるはずだったと云う。それは、サメに放ったロープがクイントの足に絡まりそのまま水中に引きずり込まれると云う展開だったが、メルビルの長編小説「白鯨」に登場するエイハブ船長の最期に似ていると云う事で、スピルバーグが書き直している。
当初の公開期間だけでも、6700万人以上の観客が劇場に足を運んだと云う本作は、その興行収益が100億円に到達したハリウッド史上初の作品だった。
撮影期間中を通して、険悪な関係だったと伝えられていたロバート・ショーとリチャード・ドレイファスだが、このプライベートでの二人の関係は、ドラマに緊張感を齎すと云う好結果に転じていた訳である。
そのタイトルと宣材のデザインで勝敗の行方は決まっていたようにも思える。それはマニアから一般まで全てのファンを引きずり込むに存分なポテンシャルを発揮したものだった訳だが、その内容も期待以上のものとなれば絶賛されないはずがないと云った所。観客の目線より高すぎる事もなく、また、低すぎると云う事も決してないストレートな目線で描かれた傑作中の傑作。もはや不可能は無いと云っても過言ではない昨今でのCG特撮だが、ここでのクオリティーは、最高級のCGテクノロジーをも凌駕している。進化する技術に伴い、観客の目も肥やされる訳だが、その本能を刺激する為に「恐怖」を捉えようとする人々の目線の高さは変らないと云う事である。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
スティーヴン・スピルバーグ
Steven Spielberg
刑事コロンボ 構想の死角
 Columbo: Murder by the Book (tv)
激突! Duel
続・激突! カージャック The Sugarland Express
製作
Produced by
リチャード・D.ザナック
Richard D. Zanuck
怪奇!吸血人間スネーク SSSSSSS
続・激突! カージャック The Sugarland Express
JAWS ジョーズ2 Jaws 2
評決 The Verdict
デイヴィッド・ブラウン
David Brown
原作
Based on the novel by
ピーター・ベンチリー
Peter Benchley
* 脚色も兼任
脚色
Screenplay by
ピーター・ベンチリー
Peter Benchley
ザ・ディープ The Deep
アイランド The Island
カール・ゴットリーブ
Carl Gottlieb
天国から落ちた男 The Jerk
おかしなおかしな石器人 Caveman
撮影
Cinematography by
ビル・バトラー
Bill Butler
サンシャイン Sunshine (tv)
カンバセーション 盗聴 The Conversation
編集
Edited by
ヴェルナ・フィールズ
Verna Fields
アメリカン・グラフィティ American Graffiti
続・激突! カージャック The Sugarland Express
美術
Production Design by
ジョー・アルヴス
Joe Alves
エンブリヨ Embryo
ニューヨーク1997 Escape from New York
特殊効果
Special effects
ロバート・A.マッティ
Robert A. Mattey
メリー・ポピンズ Mary Poppins
ラブ・バッグ The Love Bug
音楽
Music by
ジョン・ウィリアムス
John Williams
タワーリング・インフェルノ The Towering Inferno
大地震 Earthquake
アイガー・サンクション The Eiger Sanction
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ロイ・シャイダー
Roy Scheider
Police Chief
Martin Brody
コールガール Klute
フレンチ・コネクション The French Connection
ロバート・ショウ
Robert Shaw
Quint スティング The Sting
サブウェイ・パニック
 The Taking of Pelham One Two Three
リチャード・ドレイファス
Richard Dreyfuss
Matt Hooper アメリカン・グラフィティ American Graffiti
デリンジャー Dillinger
ロレイン・ゲイリー
Lorraine Gary
Ellen Brody カー・ウォッシュ Car Wash
JAWS ジョーズ2 Jaws 2
マーレイ・ハミルトン
Murray Hamilton
Mayor
Larry Vaughn
卒業 The Graduate
追憶 The Way We Were
カール・ゴットリーブ
Carl Gottlieb
Ben Meadows * 脚色も兼任
M★A★S★H マッシュ MASH
ロング・グッドバイ The Long Goodbye
ジェフリー・クレイマー
Jeffrey Kramer
Deputy
Leonard Hendricks
JAWS ジョーズ2 Jaws 2
ブギーマン Halloween II
スーザン・バックライニー
Susan Backlinie
Christine
'Chrissie' Watkins
グリズリー Grizzly
1941 1941
ジョナサン・フィレイ
Jonathan Filley
Tom Cassidy 不機嫌な赤いバラ
 Guarding Tess (associate producer)
マーシャル・ロー The Siege (co-producer)
クリス・レベロ
Chris Rebello
Michael Brody  
ジェイ・メロ
Jay Mello
Sean Brody ジョーズ'87 復讐篇 Jaws: The Revenge
リー・フィエッロ
Lee Fierro
Mrs. Kintner ジョーズ'87 復讐篇 Jaws: The Revenge
テッド・グロスマン
Ted Grossman
Boater 怪奇!吸血人間スネーク SSSSSSS
続・激突! カージャック The Sugarland Express
ピーター・ベンチリー
Peter Benchley
TV Interviewer * 原作と脚色も兼任
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.