Return To Top
The Player
ザ・プレイヤー (1992) USA 124min.
Introduction 序盤アウトライン
ハリウッド大手スタジオ副社長のグリフィン・ミルは、憂鬱な日々を送っていた。ライバル大手のFOXから引き抜かれて来ると云うラリー・リーヴィーによって自分の地位が脅かされるのではないかと云う不安、そして、何者かから送り付けられる膨大な数の脅迫状に頭を苛まれていたのだった。やがて、過去の面会台帳とデータベースを頼りに、かつて門前払いして以来、一度も接触していない脚本家ケヘインこそが脅迫状の送り主だと目星を付けたグリフィンだったが、自ら話をつけるべくケヘインの元へ出向くも、口論からの小競り合いの末に、勢い余ってケイヘンを殺害してしまう。物取りの犯行に見せかけた事で窮地を凌いだグリフィンだったが、やがて、彼のオフィスに一通のファックスが送信される。それは、実はケイヘルではなかったと云う脅迫犯から差し出された新たな脅迫状だったーー
Various Note メモ
アルトマンの要請に応えて実名で顔を出す映画関係者は以下の通り。組合が提示した最低賃金での出演だったと云う話もある。(編集の段階で割愛された為に公開版には登場していない人物も含む)
Steve Allen, Richard Anderson, Rene Auberjonois, Harry Belafonte, Shari Belafonte, Karen Black, Michael Bowen, Gary Busey, Robert Carradine, Charles Champlin, Cher, James Coburn, Cathy LeeCrosby, John Cusack, Brad Davis, Paul Dooley, Thereza Ellis, Peter Falk, Felicia Farr, Katarzyna Figura, Louise Fletcher, Dennis Franz, Teri Garr, Leeza Gibbons, Scott Glenn, Jeff Goldblum, Elliott Gould, Joel Grey, David Alan Grier, Buck Henry, Anjelica Huston, Kathy Ireland, Steve James, Maxine John-James, Sally Kellerman, Sally Kirkland, Jack Lemmon, Marlee Matlin, Andie MacDowell, Malcolm McDowell, Jayne Meadows, Martin Mull, Jennifer Nash, Nick Nolte, Alexandra Powers, Bert Remsen, Guy Remsen, Patricia Resnick, Burt Reynolds, Jack Riley, Mimi Rogers, Annie Ross, Alan Rudolph, Jill St. John, Susan Sarandon, Adam Simon, Rod Steiger, Joan Tewkesbury, Brian Tochi, Lily Tomlin, Robert Wagner, Ray Walston, Bruce Willis, Marvin Young
更にクレジットなしでカメオとして登場するのは、Althea Gibson, Ted Hartley, James McLindon, Derek Raser, Julia Roberts, Scott Shaw, Patrick Swayze。ジュリア・ロバーツに関しては、完全にノーギャラで引き受けたものらしいが、これらの出演者に妥当な出演料を見積もれば1億ドルは超えていたと云われる。正確な製作費用は公開されていないが、その実額は、劇場公開から僅か一ヶ月間の興行収益で元が取れた程度の金額だったと云う。
冒頭約8分間の長回しだが、そのリハーサルには終日、撮影は半日で終了している。撮影された15テイクのうち5テイクが現像され、その3番目のテイクを本編で使用、台本無しで行われたその全てが出演者のアドリブであり、他のシークエンスで登場するセレブ達にも台本は一切与えられていなかった。劇中での刑事映画に出演するスコット・グレンとリリー・トムリンのショットは、リハーサルでのカットがそのまま使用されたもの。また、ロビンズ演じるグリフィン・ミルのオフィスに施された内装インテリアは、「バートン・フィンク」で使用されたセット装飾をそのまま使用している。
白か黒の正装と云う条件での式典の際、シェールはヴィヴィッドな赤のドレスを着用しているが、普段着としては赤の着用はあり得ないと云う彼女なりの「特別」と云う表現だったと思われる。
割愛されたシーンの中には、ロビンズとギャラガーが昼食を会する場面があった。実はこの場面、フランコ・ネロ、ティム・カリー、マーサ・プリンプトン、リチャード・D.ザナック、リチャード・エドソンと云う面々がカメオとして一堂に顔を揃える場面だったと云う。
ハッピーエンドなしの「リアリティー」を生命線とするアンチ・ハリウッド路線のシナリオを売り込むトム(リチャード・E.グラント)が、試写での不評からイモなエンディングに書き換える事も「リアリティー」だと言い切る台詞や、公私両面で三行半を突き付けられるボニー(シンシア・スティーヴンソン)が迎える踏んだり蹴ったりの結末、そして、殺人者でありながら、第一子も間近の新妻が待つ自宅(ロバート・アルトマンが住んでいた邸宅)で大ハッピー・エンディングを迎えるグリフィン(ティム・ロビンズ)など、強烈なアイロニーが一気に噴出するクライマックスだが、その強烈な伏線として延々と描かれるグリフィンと脅迫者によって織り成されるモチーフは、大挙登場する豪華な面々がその素顔を惜しみなく晒している事で、創作劇とも思えぬ「リアリティー」が形成されていたと云った所。間違い殺人に及んでしまった男を影なき真犯人があざ笑うと云うサスペンス路線では在り来たりと云ったモチーフながらも、業界の内幕を描き出した究極のドキュメントのようにも見える情景から醸造される緊張感は、然るべくリアルな印象に終始するもので、これは、見事な発想の下で狙い通りに結実された効果だったと云える。
華やかな座に居座る為の仁義なき蹴落とし合いも必須の光景と云えるハリウッドだが、アルトマンによる自嘲的なモノローグと云ったプロットの作品ながらも、常日頃から極度の疑心暗鬼も余儀なくされる大スターたちにとっては、その陽の当たらぬ部分での実態を赤裸々に吐露出来ると云う、願ってましたと云わんばかりの機会だったようにも思える所。ただ、そのような意図についての賛同を得ると云った事は容易にも思えるが、実際にここまでの面子が顔を揃える映像作品として結実された事は、正に驚異的。後にも先にもあり得ぬシチュエーションが現実のものとなったあまりに意義の深い作品。冒頭での長回しの最中、25年後を舞台にしたと云う「卒業」の続編プロットを熱く語るバック・ヘンリーには大いに笑える。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
ロバート・アルトマン
Robert Altman
フール・フォア・ラブ Fool for Love
ゴッホ Vincent & Theo
ショート・カッツ Short Cuts
プレタポルテ Prêt-à-Porter
製作
Produced by
マイケル・トルキン
Michael Tolkin
* 原作と脚本も兼任
デイヴィッド・ブラウン
David Brown
コクーン Cocoon
ア・フュー・グッドメン A Few Good Men
ニック・ウェシュラー
Nick Wechsler
セックスと嘘とビデオテープ Sex, Lies, and Videotape
ドラッグストア・カウボーイ Drugstore Cowboy
製作総指揮
Executive Producers
ケイリー・ブロコウ
Cary Brokaw
幸福の選択 The Object of Beauty
アメリカン・ハート American Heart
原作と脚本
Novel & Screenplay
マイケル・トルキン
Michael Tolkin
ディープ・インパクト Deep Impact
チェンジング・レーン Changing Lanes
撮影
Cinematography by
ジャン・ルピーヌ
Jean Lépine
ゴッホ Vincent & Theo
ボブ・ロバーツ Bob Roberts
編集
Edited by
ジェラルディン・ペローニ
Geraldine Peroni
ゴッホ Vincent & Theo
ジョニー・スエード Johnny Suede
メイジー・ホイ
Maysie Hoy
ジョイ・ラック・クラブ The Joy Luck Club
スモーク Smoke
美術
Production Design by
スティーブン・アルトマン
Stephen Altman
フール・フォア・ラブ Fool for Love
ニア・ダーク 月夜の出来事 Near Dark
衣装デザイン
Costume Design
アレクサンダー・ジュリアン
Alexander Julian
Call It Fiction
音楽
Music by
トーマス・ニューマン
Thomas Newman
幸せの向う側 Deceived
セント・オブ・ウーマン 夢の香り Scent of a Woman
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ティム・ロビンス
Tim Robbins
Griffin Mill ジェイコブス・ラダー Jacob's Ladder
ボブ・ロバーツ Bob Roberts
グレタ・スカッキ
Greta Scacchi
June Gudmundsdottir 推定無罪 Presumed Innocent
プラスティック・ナイトメア 仮面の情事 Shattered
フレッド・ウォード
Fred Ward
Walter Stuckel 堕ちた恋人たちへ Equinox
ボブ・ロバーツ Bob Roberts
ウーピー・ゴールドバーグ
Whoopi Goldberg
Detective
Susan Avery
ゴースト ニューヨークの幻 Ghost
天使にラブ・ソングを Sister Act
ピーター・ギャラガー
Peter Gallagher
Larry Levy レイト・フォー・ディナー Late for Dinner
ボブ・ロバーツ Bob Roberts
ブライオン・ジェームズ
Brion James
Joel Levison 48時間PART2 帰って来たふたり Another 48 Hrs.
ネメシス Nemesis
シンシア・スティーヴンソン
Cynthia Stevenson
Bonnie Sherow ホーム・フォー・ザ・ホリデイ Home for the Holidays
彼と彼女の第2章 Forget Paris
ヴィンセント・ドノフリオ
Vincent D'Onofrio
David Kahane ネイキッド・タンゴ Naked Tango
JFK JFK
ディーン・ストックウェル
Dean Stockwell
Andy Civella 友よ、風に抱かれて Gardens of Stone
タッカー Tucker: The Man and His Dream
リチャード・E.グラント
Richard E. Grant
Tom Oakley ハドソン・ホーク Hudson Hawk
ドラキュラ Dracula
シドニー・ポラック
Sydney Pollack
Dick Mellon トッツィー Tootsie
夫たち、妻たち Husbands and Wives
ライル・ラヴェット
Lyle Lovett
Detective DeLongpre ショート・カッツ Short Cuts
プレタポルテ Prêt-à-Porter
ダイナ・メリル
Dina Merrill
Celia ウエディング A Wedding
トゥルー・カラーズ True Colors
ジェレミー・ピヴェン
Jeremy Piven
Steve Reeves セイ・エニシング Say Anything...
ぼくの美しい人だから White Palace
ジーナ・ガーション
Gina Gershon
Whitney Gersh カクテル Cocktail
アウト・フォー・ジャスティス Out for Justice
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.