Return To Top
The Car
ザ・カー (1977) USA 97min.
Introduction 序盤アウトライン
カリフォルニアの田舎町サンタ・イネスで黒塗りの「車」によるひき逃げ事件が相次いで発生する。その犯行は、サイクリング中の犠牲者を路肩に押し潰して渓谷に跳ね飛ばし、横たわる犠牲者を幾度も轢き直すと云う残虐極まりのないものだった。間もなくして道路封鎖と深夜の巡回に乗り出した地元保安官だったが、大胆不敵にも保安官事務所の前に出現した「車」の次なる標的にされたのは、キャップ保安官のエヴァレットだった。エヴァレットを父親のように慕っていた保安官ウェイドが事件解決に執念を燃やす中、その包囲網をあざ笑うかのように舞い戻って来た「車」は、ウェイドの恋人が引率教師を務める子供たちのパレード練習の会場に出現、孤立無援の非力な婦女子らは区画された墓場の敷地に逃げ込むのだがーー
Various Note メモ
平和な町を恐怖のどん底に陥れる謎の殺人カーと復讐に燃える保安官の対決を描く物語。悪霊の存在を示唆する冒頭テロップをパンチラインにするシュールなプロットとカーアクションを融合させる強引なシナリオだが、秀逸なスコアとド迫力の映像に終始するこの作品は、メジャースタジオが70年代に満を持して送り出した作品だったと云う事。露出を抑える事でV8エンジンのカスタムリンカーンを生き物のように捉える映像のポテンシャルは、昨今でも追従を許さないもの。2台のパトカーを一瞬にして血祭りに挙げるシーンでは、全部で6台(5台が複製)用意されたと云うカスタムリンカーンの2台の複製を使用(潰されている)。名匠ジェラルド・ハーシュフェルドによる撮影とアルバート・ホイットロックの特殊視覚効果が昇華する映像は、傑作カーアクションがひしめく70年代のアナログ作品群でも屈指の出来映え。原題をカナ読みにしただけの「ザ・カー」と云う邦題だが、これは後年の「ザ・ドライバー」の後にもひしめき合う「ザ・~」と云う邦題の先駆けにもなっていたはず。

以下、ネタバレ含みます。未鑑賞の方はご留意下さい。
無機質な鉄の塊と悪霊をリンクさせると云う極めてシュールなプロットを、典型的な三幕主義で真しやかに描くシナリオを目の当たりにすれば、巷では平均点以下とされる評価も理解出来なくはない所。ただ、犠牲になるキャラクターと生き残るキャラクターの行などでは驚きも。まずは、キャラクター色も充分にアピールした直後に惨殺されるUCLAの学生。「サイコ」の例などもあったりするが、セオリーからすれば、冒頭で殺害されるだけの人物にあれだけのダイアローグを注ぎ込むと云うのも珍しい。そして、中盤にして退場させられるヒロイン。主人公の動機として描かれるヒロインの死だが、その主人公の動機などは、父親同然のチーフ保安官が犠牲になる序盤で既に描かれていたもので、「吸血鬼ドラキュラ」のミーナとルーシーなどのように、ヒロインとその親友と云う2人の女性キャラが登場する中で、ヒロインを差し置いて親友が生き残るというのも何気に珍しい。そして最も意表を突かれたと云えば、序盤から悪びれる不良中年のエイモス(R.G.アームストロング)。通常のパニック映画などでは真っ先に犠牲になるはずのキャラクターだが、あろう事か、彼が扱う爆弾なくしてあり得ないクライマックスを迎えるこのシナリオでは、浮気と暴力に明け暮れる彼が陰のヒーローだったりする。
70年代の同時期にリリースされた「クラッシュ!」と比較される事も多いようだが、その実、2つの作品に共通点はないもので、本作「ザ・カー」が公開された当時(クラッシュの公開の方が早かった)には、「クラッシュ!」を連想したりもしなかった。ちなみに、「クラッシュ!」の方に登場するヒロインの念動力で動かされる無人の車は、激しい憎悪を抱く夫婦の泥仕合に終止符を打つクライマックスで登場するだけのもの。得体の知れない悪霊や邪悪な力の化身として「車」を扱う作品と云えば、80年代ではキング原作の「クリスティーン」が有名だが、その邪悪な力のホストたる車の持ち主なくして成立しない物語だった「クリスティーン」とは比較の天秤にも乗らない所。70年代でも出色のアクション映像とポジティヴに捉えれば意表を突かれるキャラクター設定なども楽しめる本作だが、個人的な所感では、今もって特異な存在、正しくカルトな作品だと捉えている。レナード・ローゼンマンのスコアも大のお気に入り。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
エリオット・シルヴァースタイン
Elliot Silverstein
ミステリー・ゾーン The Twilight Zone (tv)
キャット・バルー Cat Ballou
真昼の衝動 The Happening
馬と呼ばれた男 A Man Called Horse
恐怖のハネムーン(未) Nightmare Honeymoon
製作
Produced by
マーヴィン・バート
Marvin Birdt
 
エリオット・シルヴァースタイン
Elliot Silverstein
* 監督も兼任
原案
Story by
デニス・シュリアック
Dennis Shryack
* 脚本も兼任
マイケル・バトラー
Michael Butler
脚本
Screenplay by
デニス・シュリアック
Dennis Shryack
ガントレット The Gauntlet
ベル(未) Murder by Phone
野獣捜査線 Code of Silence
ペイルライダー Pale Rider
マイケル・バトラー
Michael Butler
レイン・スレート
Lane Slate
皆殺しL・Aコネクション(未)
 Clay Pigeon(製作/監督/出演)
大捜査 They Only Kill Their Masters
撮影
Cinematography by
ジェラルド・ハーシュフェルド
Gerald Hirschfeld
未知への飛行 Fail-Safe
さよならコロンバス Goodbye, Columbus
ドク・ホリディ 'Doc'
パニック・イン・スタジアム Two-Minute Warning
ヤング・フランケンシュタイン Young Frankenstein
コーマ Coma
編集
Edited by
マイケル・マクロスキー
Michael McCroskey
地下室の魔物 Don't Be Afraid of the Dark (tv)
ミスター・ウエストの奇妙な冒険
 The Wild Wild West Revisited (tv)
続ミスター・ウエストの奇妙な冒険
 More Wild Wild West (tv)
美術
Art Direction by
ロイド・S.パペス
Lloyd S. Papez
鬼警部アイアンサイド Ironside (tv)
ブルー・マイアミ Clambake
空に消えた100万ドル
 Now You See It, Now You Don't (tv)
特殊視覚効果
Special
Visual Effects by
アルバート・ホイットロック
Albert Whitlock
大地震 Earthquake
センチネル The Sentinel
エクソシスト2 Exorcist II: The Heretic
キャット・ピープル Cat People
ミッシング Missing
遊星からの物体X The Thing
抱きしめたい I Wanna Hold Your Hand
音楽
Music by
レナード・ローゼンマン
Leonard Rosenman
エデンの東 East of Eden
理由なき反抗 Rebel Without a Cause
ミクロの決死圏 Fantastic Voyage
馬と呼ばれた男 A Man Called Horse
続・猿の惑星 Beneath the Planet of the Apes
最後の猿の惑星 Battle for the Planet of the Apes
バリー・リンドン Barry Lyndon
悪魔の追跡 Race with the Devil
ジャズ・シンガー The Jazz Singer
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ジェームズ・ブローリン
James Brolin
Wade Parent ミクロの決死圏 Fantastic Voyage
月世界宙がえり Way... Way Out
絞殺魔 The Boston Strangler
ウエストワールド Westworld
カプリコン・1 Capricorn One
悪魔の棲む家 The Amityville Horror
ジャグラー ニューヨーク25時 Night of the Juggler
トラフィック Traffic
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン Catch Me If You Can
キャスリーン・ロイド
Kathleen Lloyd
Lauren 燃えよカンフー Kung Fu (tv)
ミズーリ・ブレイク The Missouri Breaks
スケボー・キッズ(未) Skateboard
悪魔の赤ちゃん2(未) It Lives Again
ジョン・マーリー
John Marley
Everett キャット・バルー Cat Ballou
ある愛の詩 Love Story
ゴッドファーザー The Godfather
アリ ザ・グレーテスト The Greatest
ザ・アマチュア The Amateur
R.G.アームストロング
R.G. Armstrong
Amos Clements エル・ドラド El Dorado
悪魔の追跡 Race with the Devil
さよならミス・ワイコフ Good Luck, Miss Wyckoff
天国から来たチャンピオン Heaven Can Wait
プレデター Predator
ジョン・ルビンスタイン
John Rubinstein
John Morris ブラジルから来た少年(未) The Boys from Brazil
誰かに見られてる Someone to Watch Over Me
レッド・ドラゴン Red Dragon
エリザベス・トンプソン
Elizabeth Thompson
Margie 荒野の七人 真昼の決闘 The Magnificent Seven Ride!
クロウ 飛翔伝説 The Crow
ロイ・ジェンソン
Roy Jenson
Ray Mott チャイナタウン Chinatown
サンダーボルト Thunderbolt and Lightfoot
ガントレット The Gauntlet
テレフォン Telefon
キム・リチャーズ
Kim Richards
Lynn Marie 星の国から来た仲間 Escape to Witch Mountain
ジョン・カーペンターの要塞警察 Assault on Precinct 13
特攻サンダーボルト作戦 Raid on Entebbe
カイル・リチャーズ
Kyle Richards
Debbie 悪魔の沼 Eaten Alive
ハロウィン Halloween
呪われた森 The Watcher in the Woods
ブギーマン Halloween II
ケイト・マータフ
Kate Murtagh
Miss McDonald ブルー・ハワイ Blue Hawaii
事件記者コルチャック The Night Strangler (tv)
ヒッチコックのファミリー・プロット Family Plot
ロバート・フィリップス
Robert Phillips
Metcalf ビッグ・ボス Capone
テレフォン Telefon
遠い夜明け Cry Freedom
ドリス・ダウリング
Doris Dowling
Bertha 失われた週末 The Lost Weekend
青い戦慄 The Blue Dahlia
皇帝円舞曲 The Emperor Waltz
ヘンリー・オブライエン
Henry O'Brien
Chas アイ・スパイ I Spy (tv)
プロフェッショナル The Professionals
エディ・リトル・スカイ
Eddie Little Sky
Denson ペンチャー・ワゴン Paint Your Wagon
馬と呼ばれた男 A Man Called Horse
軍用列車 Breakheart Pass
リー・マクラフリン
Lee McLaughlin
Marvin Fats 大陸横断超特急 Silver Streak
ウディ・ガスリー わが心のふるさと Bound for Glory
名探偵再登場 The Cheap Detective
ロニー・コックス
Ronny Cox
Luke 脱出 Deliverance
ビバリーヒルズ・コップ Beverly Hills Cop
ビジョン・クエスト 青春の賭け Vision Quest
ロボコップ RoboCop
キャノンズ Loose Cannons
トータル・リコール Total Recall
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.