Return To Top
Bull Durham
さよならゲーム (1988) USA 108min.
Introduction 序盤アウトライン
アトランタ傘下の「ダーラム・ブルズ」は、トリプルAリーグでも万年Bクラスに甘んじているチームだが、英語教師のアニーは、公私両面におけるスキンシップによって、見込んだ選手のモチベーションを上げてやると云う事で、ダメなチームをサポートしていた。新たなシーズンが開幕する頃、いつものように選手を物色するアニーだったが、彼女が今回目を付けた選手は、そのキャリアも12年と云う崖っぷちの超古株捕手クラッシュ・デイヴィスだったーー
Various Note メモ
監督のシェルトンは67-71年までボルティモア傘下のファームチームで2塁手としてプレイしていた。彼のキャリアで最高の舞台となったチームは、同傘下トリプルAの「ロチェスター・レッド・ウィングス」だが、シナリオに挿入された数多くのモチーフは、シェルトンの体験談のようなものだと云う。また、監督のシェルトンと同様にマイナーでのプレイ経験を持つ「ニューヨーク1997」「デッドフォール」のカート・ラッセルも、クラッシュのキャラクター創造に一役買っていたらしい。
ベースボールシーズンも幕を閉じた直後の87年10月から11月に掛けてノースカロライナで行われたと云う撮影だが、目を凝らしてみれば、ナイターシーンなどでは、選手が白い息を吐いている事が分かる。
スイッチ・ヒッターだと云うコスナーだが、実際に劇中でのそれぞれのシークエンスでは、両打席に立つ彼を見る事が出来る。そのコスナー演じるクラッシュが打席に立つ際に、バットボーイ子役の少年が「クラッシュ、ヒットを打ってね」と言うと「黙れ」と返す場面があるが、実は、アドリブだったと云うぶっきら棒な台詞を予想していなかった少年は、泣き出してしまったと云う。
コスナーとロビンズが酒場の外で喧嘩になる場面、胸にボールを投げてみろと言うコスナーに対してロビンズが「殺してしまう」と云った後、コスナーが、"I hear you couldn't hit water if you fell out of a fucking boat."(DVDのテロップなどでは「お前にそんな度胸があるのかい」と訳されている)と云うセリフを吐いている。実は、このセリフ、ドジャースの監督だったトミー・ラソーダ(渡米したばかりの野茂の面倒を見た監督、また2000年のシドニー米国野球チームの監督として著名)が、84年にサンディエゴ・パドレスの内野手カート・ベヴァッカに対して吐いたセリフをそのまま引用したものである。
その喧嘩の舞台となった酒場は、ノースカロライナのローリーに実在する店だが、今でも撮影当時のままのレイアウトでサイングッズなども展示してあると云う。ロビンズの暴投した球で壊されたガラス戸のフレームなども記念碑的にそのままにされているらしい。
私生活では現在でも仲睦まじいパートナー関係にあるサランドンとロビンズだが、初顔合わせとなった本作での共演がその関係の始まりだったと云われている。
周知の通り、安い給料であるが故にハンバーガーリーグとも呼ばれる3A以下のマイナーリーグだが、このシナリオの説得力も、そのマイナーでの飯を4年間も体験したシェルトンならではと云った所。驕りもなければ厭らしさもなく、媚びる事も無い自然体のスタンスに終始するドラマは、その好感度も極めて高い。現役選手としての崖っぷち年齢を迎えた男と気が付けば独身女性としての崖っぷち年齢を迎えていた女、プライドをかざして突っ張って生きて来たそれぞれの人生にも大きなターニングポイントがやって来ると云う顛末は、実に味わい深い。ベースボールをモチーフにしながらも、中年の男女が一皮向ける様を描き出した大人の人生劇場と云った作品。傑作。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
脚本と監督
Written & Directed by
ロン・シェルトン
Ron Shelton
ブレイズ Blaze
ハード・プレイ White Men Can't Jump
タイ・カップ Tin Cup
製作
Produced by
トム・マウント
Thom Mount
キャント・バイ・ミー・ラブ Can't Buy Me Love
フランティック Frantic
マーク・バーグ
Mark Burg
キャント・バイ・ミー・ラブ Can't Buy Me Love
トイ・ソルジャー Toy Soldiers
製作総指揮
Executive Producers
デイヴィッド・V.レスター
David V. Lester
ブレイズ Blaze
マージョリーの告白 Sibling Rivalry
撮影
Cinematography by
ボビー・バーン
Bobby Byrne
すてきな片想い Sixteen Candles
君がいた夏 Stealing Home
編集
Edited by
ロバート・レイトン
Robert Leighton
スタンド・バイ・ミー Stand by Me
プリンセス・ブライド・ストーリー The Princess Bride
アダム・ワイズ
Adam Weiss
ジングル・オール・ザ・ウェイ Jingle All the Way
美術
Production Design by
アーミン・ガンツ
Armin Ganz
ブレイズ Blaze
カフス! Kuffs
衣装デザイン
Costume Design
ルイーズ・フログリー
Louise Frogley
モナリザ Mona Lisa
ハーフムーン・ストリート Half Moon Street
音楽
Music by
マイケル・コンヴェルティーノ
Michael Convertino
愛は静けさの中に Children of a Lesser God
ヒドゥン The Hidden
挿入曲
Various Music
Bernard Hanighen / Gordon Jenkins - song "When a Woman Loves a Man"
Max Freedman - song "Rock Around the Clock"
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ケヴィン・コスナー
Kevin Costner
Crash Davis 追いつめられて No Way Out
アンタッチャブル The Untouchables
フィールド・オブ・ドリームス Field of Dreams
スーザン・サランドン
Susan Sarandon
Annie Savoy イーストウィックの魔女たち The Witches of Eastwick
乙女座殺人事件 January Man
ティム・ロビンス
Tim Robbins
Ebby Calvin
'Nuke' LaLoosh
ハワード・ザ・ダック 暗黒魔王の陰謀 Howard the Duck
テープヘッズ Tapeheads
トレイ・ウィルソン
Trey Wilson
Joe Riggins F/X 引き裂かれたトリック F/X
赤ちゃん泥棒 Raising Arizona
ロバート・ウール
Robert Wuhl
Larry Hockett フラッシュダンス Flashdance
グッドモーニング・ベトナム Good Morning, Vietnam
ウィリアム・オリアリー
William O'Leary
Jimmy ウォーカー Walker
ターミネーター3 Terminator 3: Rise of the Machines
デイヴィッド・ニードルフ
David Neidorf
Bobby 勝利への旅立ち Hoosiers
プラトーン Platoon
太陽の帝国 Empire of the Sun
ジョージ・バック
George Buck
Mr. Laloosh バーディ Birdy
エンゼル・ハート Angel Heart
ジェニー・ロバートソン
Jenny Robertson
Millie 思い出のハートブレイク・ホテル(未) Heart of Dixie
グレゴリー・アヴェローン
Gregory Avellone
Doc 追いつめられて No Way Out
ワイアット・アープ Wyatt Earp
レイチェル・シンガー
Rachel Singer
Fan 8mm 8MM
ファイト・クラブ Fight Club
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.