Return To Top
The Odessa File
オデッサ・ファイル (1974) UK / West Germany 130min.
Introduction 序盤アウトライン
1963年11月22日、西ドイツ・ハンブルグ。愛車を運転していたジャーナリストのペーター・ミラーは、ケネディ米大統領が米テキサス州ダラスを遊説中に暗殺されたと云うカーラジオのニュースに驚愕していた。その詳細を聞き逃すまいと道端に車を寄せたミラーだったが、その傍らを走り過ぎた1台の救急車にジャーナリストとしての嗅覚を働かせた彼は救急車の後を追跡する。一人の老人がガス自殺を図ったと云うその事件現場で、旧友でもあるハンブルグ警察のブラントから老人が残したと云う日記を入手したミラーは、ナチ収容所での地獄のような日々を過ごした老人がSS高官の収容所責任者ロシュマン大尉に激しい憎悪と復讐心を抱いていた事を知る。ミラーは、非業の死を遂げた老人に取って代わるべく、未だ所在の知れぬ殺人鬼、元SS高官ロシュマンの捜索に乗り出すのだがーー
Various Note メモ
タイトルにもなっている「オデッサ」とは、国名でも地名でもない。Organization Der Ehemaligen SS-Angehorigen(「元SS隊員」と云う意)の頭文字をつなぎ合わせた呼称である。周知の通り、SSとはヒトラー直属のナチス高官ハインリッヒ・ヒムラーが組織していた第三帝国の軍隊、1400万人と云う人間を虐殺した死の軍隊だが、戦争終結以前より敗戦を予期していたSSの高官たちは、敗戦後の新生活に備える為に莫大な金塊をスイス銀行に預け入れ、偽造した身分証明書により独自の逃亡経路を確立していたもので、この逃亡を手助けする為に組織されたグループが「オデッサ」だったのである。
オデッサの手引きで逃亡せしめた元SSの高級将校や隊員らは、身分隠匿した上であらゆる分野に社会復帰を果しているが、警察機構や公的機関をはじめ実業界や法曹界にまで及んだと云うその黒い影は、その正体が暴露されようと危機に瀕する仲間をも、公の形で救い出す事すら出来てしまったと云う結束力を確立していたらしい。何とも信じ難い話だが、モサドと呼ばれるイスラエル秘密警察の精鋭部隊が独自の捜査を展開していたのも、元SSの戦犯が潜り込む各国(主に南米)の警察機構が機能していなかった為である。
この作品は、その社会に潜む元SS戦犯らの名前が列記された「オデッサ・ファイル」を巡り、一人のジャーナリストが命辛々の体験に曝されると同時に過去の因果と対峙すると云う物語だが、創作の次元も超越、事実を背景に描き出されたリアリズムには震撼させられてしまう。
フレッド・ジンネマンによって映像化された「ジャッカルの日」で世界を席捲したフレデリック・フォーサイスの著作第二弾となった原作だが、フォーサイスの生み出すリアリズムは、彼のジャーナリストとしてのキャリアに裏打ちされたものである。1938年8月25日英国のケントに生まれたフォーサイスは、ロイター通信社の海外特派員として欧州各国に駐在、フリーランスとなった69年以降は、欧米の主要新聞や雑誌にレポートを寄稿していたと云う人物である。
ナチ残党を巡るプロットを下敷きにした作品は、本作はもとより、先述の「マラソンマン」を筆頭に多数の作品が存在するが、オリヴァー・プラット演じる実在のジャーナリストが潜入ルポを敢行した実話を映像化した95年のTVドラマ「ネオナチへの潜入・あるジャーナリストの戦い」と云う作品には大ショックを受けてしまった。ネオナチのシンパと言われる人々が出入りする劇場でのシークエンスが強烈なのだが、観劇中にマスターベーションをする為のティッシュが入り口で手渡されると云う光景で、まず、唖然とさせられたものの、問題はその後である。
それは、中東系ドイツ移民と思われる女性が蹂躙・殺害されるスナッフ映像なのだが、もうこれは、見るに耐えなかったもので、実写版記録映像として上映されるフィルムを、ネオナチのシンパが観劇していると云うこのシークエンス、劇中で上映されるフィルムは、当然の事ながら作り物ではあるものの、潜入ルポを書いた記者が実際に見たものは本物のスナッフ映像だったと云う事を思い巡らせば、もはや、言葉を詰まらせるしかない。TVドラマと云う事で油断していた作品だが、この描写のもの凄さは、レイティング指定のある劇場長編などをも凌駕するもので、甘ったるい表現などは敢えて回避したと云わんばかりの作り手の執念が伺えるものだった。
この「オデッサ・ファイル」に登場するナチ戦犯のロシュマンは実在した人物だが、世界中で大ヒットを記録した本作やベストセラーになったフォーサイスの原作著書で有名になってしまったロシュマンは、その追跡捜査の手が組織にまで拡大してしまう事を懸念したオデッサの手によって、潜伏先の南米で殺されたとの見方が強いらしい。これらのストーリーが真実であるならば、国際社会が放置しておくにはあまりに理不尽な話である。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
ロナルド・ニーム
Ronald Neame
ミス・ブロディの青春 The Prime of Miss Jean Brodie
クリスマス・キャロル Scrooge
ポセイドン・アドベンチャー The Poseidon Adventure
製作
Produced by
ジョン・ウールフ
John Woolf
年上の女 Room at the Top
オリバー! Oliver!
原作
Based on the novel by
フレデリック・フォーサイス
Frederick Forsyth
ジャッカルの日 The Day of the Jackal
戦争の犬たち The Dogs of War
脚本
Screenplay by
ケネス・ロス
Kenneth Ross
ジャッカルの日 The Day of the Jackal
ブラック・サンデー(未) Black Sunday
ジョージ・マークスタイン
George Markstein
遅れてきた死神(未) Espion, lève-toi
撮影
Cinematography by
オズワルド・モリス
Oswald Morris
ナバロンの要塞 The Guns of Navarone
丘 The Hill
屋根の上のバイオリン弾き Fiddler on the Roof
編集
Edited by
ラルフ・ケンプレン
Ralph Kemplen
チップス先生さようなら Goodbye, Mr. Chips
ジャッカルの日 The Day of the Jackal
美術
Production Design by
ロルフ・ツェートバウア
Rolf Zehetbauer
誰が祖国を売ったか? Canaris
キャバレー Cabaret
衣装デザイン
Costume Design
モニカ・バウエルト
Monika Bauert
ブラス・ターゲット Brass Target
U・ボート Das Boot
音楽
Music by
アンドリュー・ロイド・ウェバー
Andrew Lloyd Webber
ジーザス・クライスト・スーパースター
 Jesus Christ Superstar
エビータ Evita
オペラ座の怪人 The Phantom of the Opera (2004)
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ジョン・ヴォイト
Jon Voight
Peter Miller 真夜中のカーボーイ Midnight Cowboy
キャッチ22 Catch-22
脱出 Deliverance
コンラック先生 Conrack
マクシミリアン・シェル
Maximilian Schell
Eduard Roschmann ニュールンベルグ裁判 Judgment at Nuremberg
トプカピ Topkapi
ジャワの東 Krakatoa, East of Java
マリア・シェル
Maria Schell
Frau Miller * マクシミリアン・シェルの姉
事件の核心(未) The Heart of the Matter
最後の橋 Die Letzte Brücke
居酒屋 Gervaise
メアリー・タム
Mary Tamm
Sigi 異界への扉(未) Tales That Witness Madness
デレク・ジャコビ
Derek Jacobi
Klaus Wenzer オセロ Othello
ジャッカルの日 The Day of the Jackal
ピーター・ジェフリー
Peter Jeffrey
David Porath 愛欲の道づれ What Became of Jack and Jill?
オー!ラッキーマン O Lucky Man!
ノエル・ウィルマン
Noel Willman
Franz Bayer 吸血鬼の接吻 The Kiss of the Vampire
ドクトル・ジバゴ Doctor Zhivago
マーティン・ブラント
Martin Brandt
Marx ニュールンベルグ裁判 Judgment at Nuremberg
モリツリ 南太平洋爆破作戦 Morituri
シビル・シャプス
Cyril Shaps
Tauber's Voice 鏡の国の戦争 The Looking Glass War
新・おしゃれ泥棒 11 Harrowhouse
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.