Return To Top
お父さんのバックドロップ
Backdrop del mio papa (2004) Japan 98min.
Introduction 序盤アウトライン
アマレスでの国際経験を持つ下田牛之助は、年間200本の興行を行う「新世界プロレス」のメインイベンターとして長らく君臨して来たが、その厳しい台所事情と世代交代の波が押し寄せる中でヒールへの転向を余儀なくされていた。妻が他界した後、実父と息子との3人暮らしをする牛之助だったが、その一粒種の息子・一雄は、母親の臨終にも地方での巡業を理由に立ち会う事が出来なかった牛之助と「プロレス」と云う父親の職業を蔑視、その2人の間の溝は広がる一方だった。そんな中、「牛殺し」の異名を持つ空手世界王者の来日を知った牛之助は、ある決意をするのだがーー
Various Note メモ
母親を失いながらも健気に生きる息子の一雄と、その大人の事情を分からぬ一雄との亀裂に葛藤する父・牛之助が織り成すペーソスを情緒豊かに綴る物語。一つのコントラストに傾く事もなく絶妙のタイミングで織り込まれるウィットも腹の底から笑える。アントニオ猪木を意識したと云う赤地のガウン(裏にはブラックエンペラーの刺繍)も似合う宇梶さんだが、その板にも付いた印象の格闘シーンはもとより、その全てのダイアローグが心に沁みる。カブキとムタを融合させたような細身のヒールキャラもなかなかの迫力。観客として動員されたエキストラの方々(特に小学生など)は、本当に恐い思いをしたのではないだろうか。
何より驚かされた事と云えば、極真会館(国際空手道連盟の方)ブラジル支部の磯部師範とエヴェルトン・テイシェイラ選手の登場。事前情報もないままでの鑑賞だったが、白目をむくテイシェイラ選手はもとより、あのダイアローグ付きでの磯部師範の登場には仰天させられた。K-1やプライドの台頭はもとより、大山総裁亡き後の組織内での内部分裂などを経た極真会館だが、この開かれたスタンスは、往年の時代では想像も出来なかった事。今更云うまでもないが、世界屈指の強豪として現役で活躍するテイシェイラ選手が演じるロベルト・カーマンと云うキャラは、あの「熊殺し」のウィリー・ウィリアムズへのオマージュ。「熊殺し」を「牛殺し」に変えているのは、主人公の名前が牛之助だった事から、「牛殺し」の異名を持つ故・大山総裁へのオマージュを兼ねたものになったと思われる。ちなみに、ロベルト・カーマンと云うキャラ名だが、90年代のキック界を席捲していたオランダのロブ・カーマンと云う名選手との関係については全く不明。そのオチの真意を知りたい所。
肘打ちまで繰り出すクライマックスのセメント試合だが、さまざまな格闘技の交流の歴史を思い返してみても、実は、肘打ちありでのルールと云うのも珍しかったりする。キックなどでは、一部のユーロの組織などのように肘打ちはおろか膝下へのローキックすら禁じ手となる場合もある訳だが、ドラマの背景となる80年当時、この何でもありと云う様相の「異種格闘技戦」は、その過去にもまともに噛み合った試合などもなかった為に、劇中でも描かれている通りかなり危険な試みだったのである。本作のクライマックスで再現された緊張感は、86年の前田日明vsドン・ナカヤ・ニールセンの一戦を髣髴とさせるもの。
軸となる親子のモチーフを装飾するさまざまな人間模様のモチーフも秀逸。南さん演じる焼肉屋女主人・英恵と牛之助のロマンスや、英恵の息子・哲夫と一雄のタフな学校生活の情景、ハイテンションな祖父と一雄の情景、そして、大日本プロレス(ケンドーナガサキさんらが立ち上げた団体)のメンバーも粋の良いパフォーマンスを披露するマイナー団体の葛藤を描くモチーフなど、その全てが噛み合うシナリオが面白くないはずもない。鶴瓶さんが顔を出す中盤のシーンでは、「あしたのジョー」へのオマージュとして「丹下段平ジム」の電柱広告も登場。イジメの相手にケジメをつけた一雄と牛之助が交わす「親子で凶器はシャレにならんだろ」と云うセリフには嗚咽して笑える。クライマックスも抜群。試合前でのマイクアピールと云うのも実に珍しいが、これが結構、効いている。本当に面白かった。4/4から6/8までバラエティーに富んだcobaさんのスコアも絶品。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
李 闘士男
Lee Toshio
* 有名バラエティーの演出などを経て
 劇場長編監督デビュー
プロデューサー
Producer
原田 泉 打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?
FRIED DRAGON FISH
Juvenile ジュブナイル
製作総指揮
Executive Producer
李鳳宇 月はどっちに出ている
のど自慢
KT
さよなら、クロ
ゲロッパ! GET UP!
原作
Based on the novel by
中島らも * 劇中にも床屋の主人として登場
人体模型の夜(ov)
Lie Lie Lie
脚色
Screenplay by
鄭義信 月はどっちに出ている
OUT
血と骨
レディ・ジョーカー
撮影
Cinematography by
金谷宏二 スワロウテイル
BLOOD 狼血
ゲット・イット・オン?
ハーケンクロイツの翼
編集
Edited by
宮島竜治 ウォーターボーイズ
蛇イチゴ
夢で逢えたら
スウィングガールズ
美術
Production Design by
佐々木記貴 ポストマン・ブルース
青い魚 blue fish
SF Short Films
ハーケンクロイツの翼
音楽
Music by
coba
劇場版ポケットモンスター
 水の都の護神ラティアスとラティオス
伝説のワニ ジェイク
協力
Co-operated by
国際空手道連盟極真会館
大日本プロレスリング興行
挿入曲
Various Music
「ストライク」(エンドクレジット挿入曲)
スネオヘアー
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
宇梶剛士
下田牛之助 SCORE
GTO
HEAT 灼熱
eiko[エイコ]
千の風になって 天国への手紙
NIN NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE
インストール
神木隆之介
下田一雄 千と千尋の神隠し
踊る大捜査線
 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!
ハウルの動く城
インストール
南方英二
下田松之助
(チャンバラトリオ)
唐獅子株式会社
ソナチネ
みんな~やってるか!
ぼくんち
南 果歩
金本英恵 帝都大戦
不機嫌な果実
eiko[エイコ]
千の風になって 天国への手紙
感染
田中優貴
金本哲夫 ぼくんち
生瀬勝久
菅原 進 トキワ荘の青春
ケイゾク 映画 Beautiful Dreamer
トリック 劇場版
月の砂漠
真夜中の弥次さん喜多さん
奥貫 薫
下田早苗 ラヂオの時間
化粧師
竜二 Forever
ゲロッパ! GET UP!
ドラゴンヘッド
AKIRA
斉藤政夫 * IWGPジュニアヘヴィーのタイトル経験もあり
I.K.U.
エヴェルトン・テイシェイラ
ロベルト・カーマン * 極真会館ブラジル支部の強豪空手家
コング桑田
松山 健 ビリケン
燃えよピンポン LEGEND OF BLOOD, Sweet & Tears
荒谷清水
ドラゴン井上 BOXER JOE
ビリケン
黒い家
ぼくんち
中島らも
散髪屋 * 原作短篇の著者
星くず兄弟の伝説
SF サムライ・フィクション
笑福亭鶴瓶
電気屋
(友情出演)
お引越し
ホーホケキョ となりの山田くん
13階段
筒井真理子
(友情出演) 着信アリ
MASK DE 41
恋の門
着信アリ2
磯部清次 カーマンの師匠 * 極真会館ブラジル支部の重鎮
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.