Return To Top
Elektra
エレクトラ (2005) USA 97min.
Introduction 序盤アウトライン
一度は命を失いながらも盲目の師スティックの蘇生術によって復活を遂げたエレクトラは、任務遂行率100%の凄腕暗殺者として誰もが恐れる存在となっていた。そんな彼女のもとにエージェントから届けられた新たな依頼は、湖畔の別荘に滞在する中年男性マーク・ミラーとその娘アビーの殺害と云うものだったが、標的の名が明かされる前日に父娘との間にスキンシップを築き上げていたエレクトラは、土壇場で任務の遂行を断念したばかりか、暗殺者集団「ザ・ハンド」から父娘のもとに送り込まれた2人の刺客を葬り去ってしまう。「ザ・ハンド」との全面戦争を余儀なくされエレクトラは、かつての師スティックにその支援を要請するが、そんな中、怪人軍団として仲間からも忌み嫌われるキリギとその一味が新たな刺客として差し向けらようとしていたーー
Various Note メモ
暗殺者として甦った女戦士が、ある父娘との極限状況下での出会いを通して自らのトラウマも克服すると云う物語。「デアデビル」からスピンオフしたキャラクターを主人公としながらも、その独立した内容の入り口は極めて広い。出演者の誰もがシリアスなパフォーマンスに終始するシナリオだが、その実、コミカルを真骨頂とするレビュワーなどには格好の材料にされる事も間違いなしの突っ込みネタも満載。忍者ファン垂涎と云った和洋折衷のテイストも、フツーの日本人には極めて頓珍漢に映るもので、エレクトラが勤しむ「キマグレ」と云う修行をベースにするその組織名の登場には、劇場がどよめいていた。

以下、ネタバレも含みますので、未鑑賞の方はご留意下さい。
「ダレノメイレイデ、キタノ?」「ジキニ、ワカルサ…」 これは、片言の日本語を駆使するエレクトラが、片言の日本語しか話せない断末魔の日系人悪役キャストを尋問する光景でのダイアローグだが、日本語圏外の地域であれば何ら違和感もないこのシーンにも思わず爆笑。親分や幹部戦士たちが流暢な英語を駆使する中、末端の忍者戦士は日本語しか話せないと云う設定も理解出来なくはないが、シナリオの舞台はコテコテの米国。しかも、忍者戦士の日本語が明らかにおぼつかないとなれば失笑されても仕方がない。エレクトラを甦生させた浮世離れのパワーを持つ「先生」(テレンス・スタンプ)が、プールバーで玉突きに興じると云う光景も最高だった。しかも、悟りを開いているはずの「先生」は、その能力を発揮してのハスリングまがいの展開で素人から金を巻き上げていたりする。
古典ホラーのゴーゴンやゴーレムなどを参照したと思われるタイフォイド(ナターシャ・マルテ)とストーン(ボブ・サップ)、ドリーム・シアターのジョン・マイアング似のウィル・ユン・リーが演じる凄腕の暗殺者キリギなど、その期待感充分のポテンシャルながらも、その印象は何気にアッサリとしたもの。レイティングが考慮されてのアメコミの映像化作品に多くの注文はナンセンスなのだが、ここは、組織内でも恐れられる凶悪の存在たる所以を寸鉄でも示して欲しかった所。「デビルマン」での配役と比較すればダンチで良かったサップだが、散弾を跳ね返すシュールな肉体を持ちながら大木の下敷きでBOMB!はあり得ない。アジりまくった挙句に自滅した感も強いキリギにも遣る瀬無さを覚えたが、何より違和感を覚えたのは、キリギを葬り去った後、「もう、追っ手はいない」とされるスクリプト。あの日本企業の重役会議のようにしか見えないミーティングに集っていた暗殺者集団「ザ・ハンド」の面々だが、ケイリー=ヒロユキ・タガワやケヴァン・オオツジは中盤以降、一切その顔を見せていない。続編を視野に入れていたのであれば、復讐に燃えるタガワさんのワンカットは必須だったはず。もしくは、能天気なまでに安心するエレクトラたちが最後の最後で不意打ちを食らって一同全滅と云ったエンディングが用意されていれば、巷での作品評価も一変したのかも。
個人的には劇場への足取りも軽かったこの作品、その理由も「X-ファイル」の劇場公開版やTVシリーズのエピソード演出で好感度の高かったボウマンの監督作品だった事によるもの。第1シーズンの「性を曲げるもの」(エイリアン伝説を真しやかに扱うエピソードでは最高傑作と認識)、第2シーズンのピークとも云える「入植 Part 2」やコミカルな「カニバル」などはもとより、シリーズ全編に亘る30篇以上の演出を手掛けたボウマンは、その全てのエピソードで辣腕を発揮しているが、やはり、非凡な演出手腕もシナリオのポテンシャルとの相乗作用によって発揮されるものだと云う事を再認識させられた。
そのシナリオは、性急な恋愛モチーフや異国情緒の融合にぎこちなさを覚えるものだが、ただ、どこまでも真顔のコントラストを貫く映像自体は決して後味の悪いものではなく、10分にも迫ろうかと云うエンドクレジットも、監督ボウマン御ひいきの3/4拍子の名曲の挿入(サラマンダーもそうだった)で何気に楽しめたりする。Megan McCauleyの"Wonder"、12 Stonesの"Photograph"、Finger Elevenの"Thousand Mile Wish"(唯一、3/4系ではなく、3/8+3/8+2/8と云う循環拍子)と云う日本ではノンデビューのアーティストによる3タイトルがフィーチャーされるエンドクレジットだが、この選曲センスは極めて抜群。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督
Directed by
ロブ・ボウマン
Rob Bowman
ミッドナイトDJ Midnight Caller (tv)
ティーンエイジ・ヒーローズ Airborne
X-ファイル ザ・ムービー
X-ファイル The X Files (tv)
サラマンダー Reign of Fire
製作
Produced by
アヴィ・アラッド
Avi Arad
ハルク Hulk
ブレイド3 Blade: Trinity
スパイダーマン2 Spider-Man 2
ゲイリー・フォスター
Gary Foster
ショート・サーキット Short Circuit
グロリア Gloria (1999)
デアデビル Daredevil
アーノン・ミルチャン
Arnon Milchan
ディアボロス 悪魔の扉 The Devil's Advocate
ハイ・クライムズ High Crimes
ニューオーリンズ・トライアル Runaway Jury
製作総指揮
Executive Producers
スタン・リー
Stan Lee
ブレイド Blade
X-メン X-Men
スパイダーマン Spider-Man
デアデビル Daredevil
ハルク Hulk
マーク・スティーヴン・ジョンソン
Mark Steven Johnson
* 映画版キャラクターを創造
ブレント・オコナー
Brent O'Connor
洗脳(未) Disturbing Behavior
K-19 K-19: The Widowmaker
バレット モンク Bulletproof Monk
キャラクター創造
comic book characters
フランク・ミラー
Frank Miller
ロボコップ2 RoboCop 2
ロボコップ3 RoboCop 3
シン・シティ Sin City
映画版キャラクター創造
motion picture
characters
マーク・スティーヴン・ジョンソン
Mark Steven Johnson
* 製作総指揮も兼任
サイモン・バーチ Simon Birch /writ
デアデビル Daredevil /writ/dir
脚本
Written by
ザック・ペン
Zak Penn
エネミー・ライン Behind Enemy Lines
X-MEN2 X2
サスペクト・ゼロ Suspect Zero
X-MEN:ファイナル ディシジョン
 X-Men: The Last Stand
レイヴン・メツナー
Raven Metzner
A Cool Breeze on the Underground (2006)
What About Brian
- The Importance of Being Brian (2006) (tv)
Six Degrees - Pilot (2006) (tv)
スチュアート・ジッカーマン
Stuart Zicherman
撮影
Cinematography by
ビル・ロー
Bill Roe
ダイ・ハード2 Die Hard 2 (camera operator)
デーヴ Dave (camera operator)
X-ファイル The X Files (tv)
シービスケット Seabiscuit (second unit)
編集
Edited by
ケヴィン・スティット
Kevin Stitt
エグゼクティブ・デシジョン Executive Decision
ブレーキ・ダウン Breakdown
陰謀のセオリー Conspiracy Theory
美術
Production Design by
グレーム・マレイ
Graeme Murray
ヤング・スーパーマン Smallville (tv)
X-ファイル The X Files (tv)
ザ・フォッグ The Fog
衣装デザイン
Costume Design
リサ・トムチェスジィン
Lisa Tomczeszyn
パニッシャー The Punisher
X-MEN:ファイナル ディシジョン
 X-Men: The Last Stand
音楽
Music by
クリストフ・ベック
Christophe Beck
トスカーナの休日 Under the Tuscan Sun
12人のパパ Cheaper by the Dozen
ガーフィールド Garfield
シンデレラ・ストーリー A Cinderella Story
挿入曲
Various Songs
Jingle Bells - (Written by) Alan Ett / James McMillen
Hollow (Remix by Ali Dee) - Submersed
Sooner or Later - Switchfoot
Wonder - Megan McCauley
Photograph - 12 Stones
Thousand Mile Wish - Finger Eleven

* 以下は、オムニバス版サントラ収録にはされながらも
 劇中での使用も不明確だったナンバー
Never There (She Stabs) - Strata
Hey Kids - Jet
Everyone Is Wrong - The Donnas
Your Own Disaster - Taking Back Sunday
Breathe No More - Evanescence
Save Me - Alter Bridge
Beautiful - The Dreaming
Angels With Even Filthier Souls - Hawthorne Heights
5 Years - The Twenty Twos
In The Light - Full Blown Rose
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ジェニファー・ガーナー
Jennifer Garner
Elektra 地球は女で回ってる Deconstructing Harry
パール・ハーバー Pearl Harbor
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン Catch Me If You Can
デアデビル Daredevil
エイリアス Alias (tv)
ゴラン・ヴィシュニック
Goran Visnjic
Mark Miller ウェルカム・トゥ・サラエボ Welcome to Sarajevo
ピースメーカー The Peacemaker
ラウンダーズ Rounders
プラクティカル・マジック Practical Magic
スパルタカス Spartacus (2004) (tv)
ER 緊急救命室 ER (tv)
カーステン・プラウト
Kirsten Prout
Abby Miller ベビーシッター・サンタクロース(未)
 Once Upon a Christmas
マインドストーム(未) Mindstorm
ウィル・ユン・リー
Will Yun Lee
Kirigi マーシャルアーツ・ガード ディサイプルス
 The Disciples (tv)
007 ダイ・アナザー・デイ Die Another Day
トルク Torque
ケイリー=ヒロユキ・タガワ
Cary-Hiroyuki Tagawa
Roshi ラストエンペラー The Last Emperor
ライジング・サン Rising Sun
ヴァンパイア 最期の聖戦 Vampires
ヒマラヤ杉に降る雪 Snow Falling on Cedars
パール・ハーバー Pearl Harbor
SAYURI Memoirs of a Geisha
テレンス・スタンプ
Terence Stamp
Stick コレクター The Collector
世にも怪奇な物語 The Collector
スーパーマン II 冒険篇 Superman II
イギリスから来た男 The Limey
フル・フロンタル Full Frontal
ホーンテッドマンション The Haunted Mansion
ナターシャ・マルテ
Natassia Malthe
Typhoid U.M.A レイク・プラシッド Lake Placid
恋する40days(未) 40 Days and 40 Nights
ハロウィン レザレクション Halloween: Resurrection
ボブ・サップ
Bob Sapp
Stone IZO Izo
デビルマン Devilman
ロンゲスト・ヤード The Longest Yard
クリス・アッカーマン
Chris Ackerman
Tattoo Making Change (2006)
エドソン・T.リベイロ
Edson T. Ribeiro
Kinkou The Hard Corps (2006)
コリン・カニンガム
Colin Cunningham
McCabe ドッグ・ショウ! Best in Show
シックス・デイ The 6th Day
サベイランス 監視 Antitrust
ヒロ・カナガワ
Hiro Kanagawa
Meizumi クライング・フリーマン Crying Freeman
シックス・デイ The 6th Day
レプリカント Replicant
マーク・ホートン
Mark Houghton
Bauer ミッション:インポッシブル Mission: Impossible
ノック・オフ Knock Off
ワイルド・タウン 英雄伝説 Walking Tall
ローラ・ウォード
Laura Ward
Young Elektra  
カート・マックス・ラント
Kurt Max Runte
Nikolas Natchios ミレニアム Millennium (tv)
X-ファイル The X Files (tv)
X-MEN2 X2
ケヴァン・オオツジ
Kevan Ohtsji
Roshi Servant クライング・フリーマン Crying Freeman
ドリームキャッチャー Dreamcatcher
バタフライ・エフェクト The Butterfly Effect
ヤナ・ミツォーラ
Jana Mitsoula
Young Elektra's
Mother
スターゲイト:アトランティス Stargate: Atlantis (tv)
トゥルー・コーリング Tru Calling (tv)
ナンシー・ウェッツェル
Nancy Wetzel
Paramedic ハート・オブ・ウーマン What Women Want
エイリアス Alias (tv)
デアデビル Daredevil
ジェイソン・アイザックス
Jason Isaacs
DeMarco
(uncredited)
* カメオ出演
ディボーシング・ジャック Divorcing Jack
アルマゲドン Armageddon
ことの終わり The End of the Affair
ハリー・ポッターと秘密の部屋
 Harry Potter and the Chamber of Secrets
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.