Return To Top
Angel Heart
エンゼル・ハート (1987) USA / Canada / UK 113min.
Introduction 序盤アウトライン
1955年1月、ニューヨーク。教会に出向いた私立探偵のハリー・エンゼルは、長い爪が特徴的な紳士ルイ・サイファーから、戦前の人気歌手ジョニー・フェイヴァリットの足取りを掴んで欲しいと云う依頼を受ける。大戦中の後遺症が原因で精神病院に収容されているはずだと云うジョニーとの面会を果すべく病院を訪れたハリーだったが、既に退院した事を示す記録文書が、その退院当時には開発されていなかったはずのボールペンで書かれていた事から、その真偽を問い質すべくジョニーの主治医だったファウラーのもとを訪ねる。二人組みの男女に連れられて退院したと云う話を聞き出したハリーは、一度は立ち去るも再びファウラー宅を訪問すると、その眼前には見るも無残なファウラーの惨殺体が横たわっていたーー
Various Note メモ
社会派からエンターテインメントまで幅広いキャパを持つアラン・パーカーが「悪魔のバイブル」と呼ばれるウィリアム・ヒョーツバーグの原作小説を映像化した作品だが、R指定での公開すらも、公開直前の再編集を経てようやく実現したと云う逸話を残している。ダリオ・アルジェントやマリオ・バーヴァと云ったマカロニホラーの巨匠などの手に掛かれば猟奇性とサスペンス性に終始するであろうと思われる恐ろしいシナリオだが、パーカーは、乾いたテイストの探偵ミステリーと云ったアプローチに、寸鉄でのショッキング描写を織り込むと云うスタンスで描き出している。
悪魔に魂を売った男がケジメをつけさせられると云う顛末だが、レイティングを得る為に再編集を余儀なくされたと云うその背景には、近親相姦とその実娘の殺害と云ったタブーなモチーフが大きなネックとなっていたと思われる。ただ、監督のパーカーが意図していたと思われる演出は、視覚的な効果には依存せずに観客の想像力を引き出そうと云うスタンスによるもので、レイティング評価に影響するようなものでもなかったはずである。実際に、外科医で教材用とする本物の心臓を使ったカットや、2トン以上にも及ぶ本物の牛の血液を使用したと云うクライマックスのシークエンスには然るべき迫力を感じるのだが、見方を変えれば、「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」と何ら変わりはない。後にフィンチャーが撮り上げる「セブン」にも共通するアプローチだが、その凶行の過程を見せるような事はせずに、決定的なインパクトを与えるカットだけでもシナリオは表現出来ると云うパーカーの力量が発揮されている本作、再編集を余儀なくされる以前のオリジナルカットも観てみたい所。想像力に富んだ聞き手が、視覚効果には依存しない作り手の意図を理解すれば傑作として成立する作品である。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
監督と脚本
Screenplay
& Directed by
アラン・パーカー
Alan Parker
ミッドナイト・エクスプレス Midnight Express
ピンク・フロイド ザ・ウォール Pink Floyd The Wall
バーディ Birdy
ミシシッピー・バーニング Mississippi Burning
ザ・コミットメンツ The Commitments
製作
Produced by
アラン・マーシャル
Alan Marshall
アナザー・カントリー Another Country
バーディ Birdy
エリオット・カストナー
Elliott Kastner
北海ハイジャック North Sea Hijack
オックスフォード・ブルース Oxford Blues
製作総指揮
Executive Producers
マリオ・カサール
Mario Kassar
勝利への脱出 Victory
ザ・アマチュア The Amateur
ランボー First Blood
ランボー 怒りの脱出 Rambo: First Blood Part II
アンドリュー・G・ヴァイナ
Andrew G. Vajna
原作
Based on the novel by
ウィリアム・ヒョーツバーグ
William Hjortsberg
* 原作小説「堕ちる天使」 Falling Angel
レジェンド 光と闇の伝説 Legend
撮影
Cinematography by
マイケル・セレシン
Michael Seresin
ミッドナイト・エクスプレス Midnight Express
バーディ Birdy
編集
Edited by
ゲリー・ハンブリング
Gerry Hambling
ミッドナイト・エクスプレス Midnight Express
ビギナーズ Absolute Beginners
美術
Production Design by
ブライアン・モリス
Brian Morris
ハンガー The Hunger
アナザー・カントリー Another Country
衣装デザイン
Costume Design
オード・ブロンソン=ハワード
Aude Bronson-Howard
高卒物語 Playing for Keeps
ミシシッピー・バーニング Mississippi Burning
音楽
Music by
トレヴァー・ジョーンズ
Trevor Jones
暴走機関車 Runaway Train
ラビリンス 魔王の迷宮 Labyrinth
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ミッキー・ローク
Mickey Rourke
Harold R. 'Harry' Angel イヤー・オブ・ザ・ドラゴン Year of the Dragon
死にゆく者への祈り A Prayer for the Dying
ロバート・デ・ニーロ
Robert De Niro
Louis Cyphre 恋におちて Falling in Love
未来世紀ブラジル Brazil
リサ・ボネ
Lisa Bonet
Epiphany Proudfoot 新フロム・ザ・ダークサイド Tales from the Darkside (tv)
シャーロット・ランプリング
Charlotte Rampling
Margaret Krusemark 評決 The Verdict
マックス、モン・アムール Max mon amour
ストッカー・ファウンテリエ
Stocker Fontelieu
Ethan Krusemark 愛のメモリー Obsession
おもちゃがくれた愛 The Toy
ブラウニー・マッギー
Brownie McGhee
Toots Sweet 天国から落ちた男 The Jerk
マイケル・ヒギンズ
Michael Higgins
Dr. Albert Fowler 民衆の敵 An Enemy of the People
ステイン・アライブ Staying Alive
エリオット・キーナー
Eliott Keener
Sterne タイトロープ Tightrope
ダウン・バイ・ロー Down by Law
キャスリーン・ウィルホイト
Kathleen Wilhoite
Nurse プライベイトスクール Private School
モーニングアフター The Morning After
ジョージ・バック
George Buck
Izzy ジョーズ2 Jaws 2
バーディ Birdy
ジュディ・ドレイク
Judith Drake
Izzy's Wife ファントム Phantoms
ラブ・オブ・ザ・ゲーム For Love of the Game
ジェラルド・オレンジ
Gerald Orange
Pastor John イヤー・オブ・ザ・ドラゴン Year of the Dragon
フーズ・ザット・ガール Who's That Girl?
エリザベス・ウィットクラフト
Elizabeth Whitcraft
Connie バーディ Birdy
ワーキング・ガール Working Girl
チャールズ・ゴードーン
Charles Gordone
Spider Simpson,
Band. leader
 
ダン・フロレク
Dann Florek
Herman Winesap 愛に向って走れ Eddie Macon's Run
くたばれ!ハリウッド(未) Sweet Liberty
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.