Return To Top
Max
アドルフの画集 (2002) Hungary / Canada / UK 108min.
Introduction 序盤アウトライン
欧州大戦も終結を迎えた1918年、その戦禍を色濃く残すミュンヘン。翌年に締結されるベルサイユ条約などは露知らぬ人々が混乱と希望の様相を呈する街で、大戦により片腕を失った事で画家の志を断念、画商としての新しい人生を踏み出したばかりのユダヤ人青年マックス・ロスマンと画家を志望する元軍人の青年アドルフ・ヒトラーが出会う。芸術への情熱をストレートにぶつけ合い変化にも富んだ友情を育む二人だったが、やがて訪れる時代の潮流は二人を皮肉な運命に辿り寄せていくのだったーー
Various Note メモ
ヒトラーが好んで描いていたと言われる風景や建築物の水彩画、その点数は2000点とも云われているが、欧州大戦の後、取引の価格が高騰した為に多くの贋作も出現している。ヒトラーの残した絵画の一部は個人所有されオークション等に出品される事もあるらしいが、その多くは独裁者が描いた絵画として陽の目を見る事がないのだと云う。
「読むとストーリーがページから跳び出してくるような稀に見る出来。他に類を見ない独自性を持ち、その言い分は新奇だが信憑性が感じられる。」とは、本作に寄せたジョン・キューザックの弁だが、過去に出会った中では最高のスクリプトだと感じた彼は、ノーギャラでの出演を希望し、アソシエイト・プロデューサーとして製作にも深く関わっている。
序盤、芸術の定義について画商マックス(キューザック)とヒトラー(ノア・テイラー)が意見を交わす場面があるが、ダイアローグを聞いた限りでは、ヒトラーのそれは実に的を得ている。しかし、政治までもが「新芸術」だと語るヒトラーが終盤で展開する「芸術+政治=権力」と云う論理だが、これは些か分かり難い。その検算によれば、権力から政治を差し引けば芸術が残ると云う事になるが、これは正にヒトラーのアイデンティティを指すもので、要は、権力を得るような事があっても政治的に失脚でもした日には、芸術しか残されないと云った認識を裏返しにした計算式だった訳である。
そのヒトラーの定義による所の権力を導く為に必要とされる芸術、ここでの彼が云わんとする芸術とは、意識を高揚させる効果を発揮するパフォーマンスの事を指していると思われるが、「パフォーマンス+政治=権力」と言い切るのであれば説得力があるものの、意識を高揚させる行為が総じて「文化」と定義されている事から「芸術=文化」と云う論法で考察してしまうと、ヒトラーが言い切る論理には説得力が無くなる。何故ならば、破壊行為に転じた時点で「文化」の定義は失われてしまうからである。
ハッキリとは憶えていないが、週刊漫画「少年マガジン」でデビルマン連載終了後間もなくと云った頃、画家志望だったヒトラーが後に引き起こす大量虐殺のその背景にはユダヤ人への私怨があると云った永井豪氏の読み切り漫画を読んだ記憶がある。本作のように画家や建築家を志していたと云われるヒトラーについての仮説的脚色を基にした小説や、バラエティーなどでも取り上げられる事がある権力を得る以前のヒトラーの物語は数多く存在するが、大胆ながらにも確かな時代考察を踏まえて描かれた本作には非常に深い意義を感じる。最後のつもりで臨んだ演説で至上の恍惚を感じてしまうヒトラーだが、演説終了直後も実は、運命の岐路に立たされたままだったと云うシナリオには情緒を鷲掴みにされてしまう。キューザックとノア・テイラーの独壇場と云った作品だが、夫の浮気を知りながらも健気に振舞うマックスの妻を演じるモリー・パーカーの好演も光る。



製作スタッフ
Staff
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
脚本と監督
Written & Directed by
メノ・メイエス
Menno Meyjes
* 劇場長編監督デビュー
マーシャル・ロー The Siege (screenplay)
リコシェ Ricochet (story)
カラーパープル The Color Purple (screenplay)
製作
Produced by
アンドラス・アモーリ
Andras Hamori
太陽の雫 Sunshine
イグジステンズ eXistenZ
製作総指揮
Executive Producers
ジョナサン・デビン
Jonathan Debin
太陽の雫 Sunshine
ケミカル51 The 51st State
フランソワ・イヴェルネル
François Ivernel
サンダーパンツ! Thunderpants
ラブ・ファクトリー The One and Only
真珠の耳飾りの少女 Girl with a Pearl Earring
キャメロン・マクラッケン
Cameron McCracken
トム・オーテンバーグ
Tom Ortenberg
フレイルティー 妄執 Frailty
ルールズ・オブ・アトラクション The Rules of Attraction
撮影
Cinematography by
ラホス・コルタイ
Lajos Koltai
海の上のピアニスト The Legend of 1900
マレーナ Malèna
編集
Edited by
クリス・ワイアット
Chris Wyatt
ベイビー・オブ・マコン The Baby of Mâcon
シャドウ・オブ・ヴァンパイア Shadow of the Vampire
美術
Production Design by
ベン・ヴァン・オズ
Ben van Os
ベイビー・オブ・マコン The Baby of Mâcon
真珠の耳飾りの少女 Girl with a Pearl Earring
衣装デザイン
Costume Design by
ディエン・ヴァン・ストラーレン
Dien van Straalen
ベイビー・オブ・マコン The Baby of Mâcon
ピーター・グリーナウェイの枕草子 The Pillow Book
音楽
Music by
ダン・ジョーンズ
Dan Jones
シャドウ・オブ・ヴァンパイア Shadow of the Vampire
完全犯罪クラブ Murder by Numbers
キャスト
Cast
配役
Plays
関連作品 (抜粋)
Related Works "excerpts"
ジョン・キューザック
John Cusack
Max Rothman アメリカン・スウィートハート America's Sweethearts
ニューオーリンズ・トライアル Runaway Jury
ノア・テイラー
Noah Taylor
Adolf Hitler シャイン Shine
あの頃ペニー・レインと Almost Famous
リーリー・ソビエスキー
Leelee Sobieski
Liselore von Peltz グラスハウス The Glass House
ロードキラー Joy Ride
モリー・パーカー
Molly Parker
Nina Rothman 沈みゆく女 Suspicious River
赤い部屋の恋人 The Center of the World
ウルリク・トムセン
Ulrich Thomsen
Captain Mayr 悪魔の呼ぶ海へ The Weight of Water
キリング・ミー・ソフトリー Killing Me Softly
デイヴィッド・ホロヴィッチ
David Horovitch
Max's Father チップス先生さようなら Goodbye, Mr. Chips (tv)
102 102 Dalmatians
ジャネット・サズマン
Janet Suzman
Max's Mother ニジンスキー Nijinsky
英国式庭園殺人事件 The Draughtsman's Contract
ジョン・グリロ
John Grillo
Nina's Father フェアリーテイル FairyTale: A True Story
マリー・アントワネットの首飾り
 The Affair of the Necklace
邦題タイトル一覧 Domestic Title List
原題タイトル一覧 Original Title List
製作年度別一覧 Production Year's List
キーワード別一覧 Various Categories
リンクのページ Excellent Links
サイト掲示板 bbs
管理人の部屋 Webmaster
更新履歴 Update - Blog

作品のチラシ画像 Here's Flyer Images
現時点で入手が可能な
作品の関連アイテム
トップページへ Go To The Top Page 邦題リストへ Go To The Domestic Title List 原題リストへ Go To The Original Title List 製作年度別リストへ Go To The Production Year's List キ-ワード別一覧へ Go To The Various Categories
Copyright Flyer's Nostalgia - Authored by clockrestorange
All trademarks and copyrights on this page are owned by their respective owners.